縁切り寺「京都安井金毘羅宮」がガチですごかった!

「悪いものを切って、イイものと結びつきたい」「私も」「縁切り寺行くか?」「よし、行こう」と、勢いで友人と京都東山区にある安井金毘羅宮へ行ってきました。

縁切り寺の効果!ガチですごかった

縁切り寺へ行く前、私はたびたびかかってくる鬱陶しい電話に悩まされていました。子供が通っている学校の、担任からの電話です。

病気ですとか怪我ですといった電話なら分かるのですが、担任はほぼ毎日「今日はこんなことをしていました」「今日はこういうことがありまして」と、子供の生活態度を報告してくるのです。

「お友達を殴って大けがさせました」とか「お友達のものを破壊しました、弁償してください」とかなら、電話をかけてくるのは分かりますし、こちらも真摯に対応しようと思いますよ。

でも、担任が言うのは「他の子と口論になりました」「××ができなくて落ち込んで泣きました」など、「それは学校で指導してもらいたいのですが…」というレベルのことばかり。

しかも担任は「学校でこう指導したので、家でもこういった指導をお願いします」といった話はせず、ダラダラと「こんなことがありました~、こんなこともしてました~、では」という切り上げ方をするのです。

夕方のクソ忙しい時間に中身のない話を延々されて参っていた私。担任ですから無碍にするわけにもいかず、夕方電話が鳴るたび「またかよ」とげんなりする日々を送っていました。

週2~3回はかかってきていた担任からの電話。それが、縁切り寺へ行った数日後から、ぴたっと止んだのです!

とくにこちらから働きかけをしたわけではありません。校長などに直談判を行ったわけでもありません。縁切り寺へ行っただけで、勝手にぴたっと、電話が止んだのです。

以後、現在にいたるまで担任から電話はかかってきていません。

縁切り寺へ行った数日後からその効果があらわれるなんて、噂に違わずすごい…!そう感動したのでした。

縁切り寺こと「安井金毘羅宮」

縁切り寺と呼ばれるお寺は全国各地にあるようですが、今回私たちが行ったのは京都府にある安井金毘羅宮。京阪祇園四条駅から四条通を八坂神社方向へ歩き、八坂神社手前で南下するルートで行きました。

安井金毘羅宮自体はそれほど大きな神社ではありませんが、となりに建仁寺という大きな寺院があるので、こちらを目指して行けば迷わず行けるかと思います。

・住所 京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
・最寄駅 京阪本線「祇園四条」から徒歩10分
阪急京都線「河原町」液から徒歩15分
・JR、東海道本線、近鉄「京都駅」からは、市バス206系統北大路バスターミナル行き「東山安井」下車徒歩1分
・終日参拝可能
・「縁切り・縁結び碑」の祈願は24時間いつでも可能
・お守り、絵馬の授与所 午前9時~午後5時半
・普通乗用車の駐車場あり
・東山のふもとにあり、近くには清水寺、八坂神社、円山公園など観光名所がたくさんあります。

縁切り縁結び碑(いし)をくぐろう!

お祈りは、本殿に参拝

形代(身代わりのおふだ)に願いごとを書く

形代を持ったまま、願いを念じながら、碑を表から裏にむかってくぐる

形代を持ったまま、願いを念じながら碑を裏から表にくぐって戻ってくる

形代を碑に貼って完了

こういう流れです。

まず本殿に参拝し、そして形代を書きます。

形代は台に置いてあるので好きに取ることができますが、取る時は100円以上を賽銭箱に入れるようにしましょう。

願いを書いた形代を持って…

いざ、碑をくぐります!
狭い!これは結構大変だ!

ミニスカートで行くとお尻まる出しになるので、ズボンがいいです。流行りのスカンツやガウチョなどは擦って汚れてしまうと思うので、ジーパンなど身体にフィットするズボンがおすすめです。(碑からもどってくる私、まるでテレビから這い出る貞子のよう…)

碑の横にノリが用意されていました。こちらをお借りして、碑にぺたっと形代をはれば完了です。

ちなみに碑に大量にはられている形代ですが、「良縁にむすばれますように」「病と縁を切り、健康な体になれますよに」というスタンダードなお願い事のほか…

「夫と愛人が別れますように」
「○○さんと結婚したいので、○○さんが奥さんと別れてくれますように」

「Aの店がつぶれて、うちの店が繁盛するように」

「口うるさい義母が早く片づきますように」

など、背筋がぞぞっとするようなものも多数…。

碑にはられていた形代のほかにも、大量にかけられた絵馬もなかなか読みごたえがあるものがびっしり。人間の負の感情ってこんなにもすさまじいんだと思わされるものばかりで、滞在時間20分弱でしたが「すごいもん見た」となった安井金毘羅宮でした。

碑の横には良縁をむすぶおまもりなども売られています。かわいいピンクのおまもりもありました。

縁切り良縁のおまもりだけでなく、学力向上などスタンダードなおまもりもありましたから、ご家族やお友達へのお土産にもおすすめです。

京都最古の禅寺、建仁寺でゆったり

安井金毘羅宮の横にある建仁寺、臨済宗建仁寺派大本山の寺院です。

風神雷神図や、美しい枯山水のお庭、雄大な襖絵、天井いっぱいに広がる双龍図など、見どころいっぱい!ぜひ立ち寄っていただきたいお寺です。

建仁寺拝観料金
一般 500円
中高生 300円
小学生 200円 ※小学生未満は無料

とても広くてゆったりしているお寺です。時間の流れがちがうかのような、日常を忘れさせる雰囲気がそこかしこにあふれています。

のんびり枯山水のお庭を眺めながら、ぼーっとしているとあっという間に時間が経っていました。写真も撮っていいので、外人さんが着物を着て、美しい景色をバックにシャッターを切る姿も見られました。

子どもにはちょっと退屈な空間かもしれませんが、のんびり、風情にひたりたい大人にはぴったり。
座禅体験や写経体験もできるようです。予約なしで参加できるとのことなので、興味のある方は体験してみてはいかがでしょうか。

不思議カフェ「ソワレ」でお茶

歩き疲れた体にうれしいのは「甘いもの」というわけで、祇園四条駅から徒歩3分ほどのところにある、不思議なカフェ「ソワレ」に行ってみました。

ソワレ情報
住所 京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町95
営業時間 火曜日~日曜日 13:00~19:30
定休日 月曜日
阪急河原町駅「木屋町北出入り口」出てすぐ

食べログでもこのとおり、不思議で美しい色彩のゼリーポンチがずらり。

2階の雰囲気はこんな感じ。昭和レトロでもあり、近未来的な色彩でもあり、あちこち見渡したくなる空間です。

実際にオーダーしてみたゼリーポンチがこちらです。可愛くもあり、不思議さもあり、なんとも魅惑的なドリンク!

味も甘くておいしい!見た目もきれいで、いわゆる「インスタ映え」しそうな美しさ。「こりゃ人気になるわ」と納得のドリンクでした。

フルーツタルトも頼んでみましたが、絶妙な甘さで疲れた体を癒してくれました。雰囲気が良く、窓から川をのぞむことができ、のんびりゆったり過ごせるカフェでした。

観光雑誌やガイドブックなどにも取り上げられている人気のお店だったので、混んでいるかも、と心配でしたが、平日のお昼過ぎにいったところ空いていて、すぐに席につくことができました。

私たちのあとから、修学旅行生とおぼしき学生さんたちがわらわら入ってきていたので、平日でも空いているかどうかは五分五分のようです。


メニューはほぼ甘いもので、ランチをしたあとのお茶に向いてそうなものばかりだったので、おやつ時をはずしていけばすぐに入れるかもしれませんね。

おわりに

勢いで行った縁切り寺でしたが、冒頭ご紹介したように「ばっちり効き目あり」だったのには大変おどろきました。

ネットで調べてみると「行ったあと、腫瘍が見つかりすぐに切除したことで事なきを得た」「リストラにあってしまったが、すぐ次の職場が見つかり、前のところよりかなりいい条件で雇ってもらえた」など、その効果を実感しているひとは少なくないようです。

とくに切りたい縁がないひとでも、行っておけば良縁にめぐまれ、いまよりもっといい人生になるかも。

ぜひ京都安井金毘羅宮、行ってみてくださいね!