友だちと年末パーティーを楽しみました!

幼稚園も2学期が終了し、冬休みとなりました。
何をして休みを過ごしましょうか?

短い冬休み、せっかくなので子どもと遊びに行きますか?
いやいや、年末ですし、やはり大掃除でしょうか。
それとも、年賀状作り?

わが家は、大掃除も年賀状作りも全く手をつけておらず、やらなければならないことは山のようにあります。でも、もちろんそれらも大事なことですが、せっかくのお休みですし、子どもと何か楽しみたいですよね!

今の時期であれば、子どもの楽しみは、やはりクリスマス。サンタさんにプレゼントをお願いして、クリスマス当日を、指折り待っているに違いありません。

そんな楽しい今の時期をもっと楽しくしようと、最近よく遊んでいるママ友さんと、仲間内でのクリスマスパーティーを企画してみました。

みんな、2児もしくは3児の母。中には働きに出ている人もいます。そうなると、あまり手が込んだパーティーを企画すると、事前の準備が大変! それなら、子どもも巻き込んで、パーティーの準備から全てを楽しくやっちゃおう♪と、今回のパーティーを企画しました。

今回はクリスマスパーティーでしたが、どんなパーティーにも使える内容だと思いますし、これから忘年会、新年会、誕生日会と、いろんなパーティーを企画される方の参考になればと、少しご紹介してみようと思います。

準備をしよう

日程と場所を決めよう

まずは、みんなのスケジュール調整ですね。

何人かで集まるのですから、やはりある程度の余裕をもって日付は決めたいところ。でも、集まるのが大人数で、さらに働いている人もいるとなると、正直全員のスケジュールを合わせるのは厳しかったりしますよね。

そういった場合は、もう確実に参加するであろう人たちのスケジュールで決めてしまっていいと思うんです。

自分が社会人のとき、同僚たちとのスケジュール調整で1人だけ予定が合わず、なかなか予定を決められずにヤキモキした経験が何度もあるので、そのあたりはもう割り切って決めてしまった方がいいと、そのときに思いました。

それに、あらかじめ日程さえ決まっていれば、その日程に合わせてスケジュールを調整することも可能かもしれませんしね。

実際に今回も、ある程度の予定はみんなに確認しましたが、日程の最終調整は確実に参加するところで決めてしまって、それから他に連絡をとりました。

お母さんがお仕事のご家族もあったので、そのお仕事の後の合流時間を考えた上で、当日のタイムテーブルを考えました。……とはいっても、昼食タイムを少し遅めにとって、それまでに集まったメンバーで当日の準備をする、といった程度ですけどね。

当日にみんなで楽しみながら準備をすることにしたので、会場を提供してくれたおうちでの事前準備も、いつものおうち遊びと変わらないくらいの準備で済んだようです。

場所は、遊び部屋と食事の部屋が分けられるおうちにお願いしました。そこのおうちでは、遊びの部屋と食事の部屋の階が違うため、もし子どもたちがパーティーを始めるまでに遊んでしまっても、足の踏み場がない状態で昼食をとらなければならない、という事態を避けられるのがよかったんです。

わが家は2DKなのですが、実質使えるのはひと続きとなっている1DKのみ。子どもたちが遊びだすと、散らかったおもちゃを見ながらの昼食タイムとなってしまい(食べる前に片付ければいい話なのですが、お片付けにも結構時間がかかるんですよね…)、あまりいい気分はしませんもんね。

おうちを提供してもらいましたが、掃除はともかく、パーティーの準備の負担は絶対にかけたくなかったので、こちらで事前に動けるものはなるべく先回りして動くように気を付けました。

何をするかを考えよう

当日のタイムテーブルです。

あまりにやることを増やしすぎると、時間が足りなくなってしまいます。

子どもたち相手だと、大人の思いどおりに予定を進められないのもよくある話。そこで、やろうと決めたことはたった2つだけ。午前中から集まって、昼食を食べよう。そして、ケーキを作って食べよう。解散は夕方に。

ざっくりすぎるかもしれませんが、本当にこれだけで十分でした。そして、昼食までは買い出しに行って、準備の間は子どもたちはランチョンマットを作って過ごし、昼食とケーキの間のほんの短時間は適当に遊んでいました。

ある程度年齢が上の子たちの集まりであれば、ゲームなどを企画した方がいいのかもしれませんが、今回のメインは年少さんたち。それに年長さん1人と1~2歳の子たちという低年齢層でのパーティーだったため、ゲームなどをするよりも、それぞれで遊んでもらった方が本人たちも楽しく過ごせると思ったんです。

詰め込まなかったおかげで、なんだかんだと開始が遅れてしまいましたが、それほど滞りなくパーティーを終わらせることができました。

事前に買い出しをしよう

必要なものをリストアップして、買い出しは事前に。これは何をやるにあたっても基本ですよね。今回も、動ける人たちで事前に買えるものは買ってしまいました。

スーパーの特売日に、安く買えるものは買っておく。

家にあるもので代用がきくならばそれを使い、当日に買うものは、新鮮であってほしいもの、それまでに購入できなかった必要最低限のものだけ。

プレゼントも、子どもたちが喜びそうなものを探しに、少し遠征して常に割引をしている文具店に買いに行くなど、なるべく費用を抑えるように努力しました。

最優先は体調管理!

親子イベントで一番大事なのは、とにかくみんな元気で参加できること!

一番大事ですけれど、一番の難関ですよね。

特に、冬休み前後のこの時期は、秋からのイベント続きで体力的にも気力的にも疲れが見え始める頃ですから、体調も崩しやすいですし、幼稚園でも病気が流行りやすい。本当に、当日までヒヤヒヤしていました。夜は寝冷えしないように、いつもより1枚多く着せて寝かせる。鼻水や鼻づまりが気になりだしたら、とにかく先に病院へ。

そんな努力の甲斐もあってか、今回はなんとか元気にみんな参加することができました。

こんなパーティーを楽しみました

ここからは、実際に今回のクリスマスパーティーで行ったことを紹介します。

みんなで買い出し

パーティー当日は全員集まるのがお昼を少し過ぎるということだったので、集まれるメンバーだけ午前中に集まって、みんなでわいわいと買い出しに行きました。当日に購入したものは、ケーキ用のいちごと、当日が安売日だったパンと、飴などのお菓子を少し。

そして、買い出しに行った先が、スーパーなのに無料でコーヒーやお茶が飲める飲食コーナーがあるところだったので、昼食が遅くなるからと、ちょっと小腹を満たすためにおやつタイムに。

ここから子どもたちのテンションはすでに上がっていましたし、大人も一旦そこで一息つけたのでよかったです。

みんなで工作~ランチョンマット作り~

あるママさんの発案で、昼食までの時間つぶしとして、子どもたちはランチョンマットを製作しました。

ランチョンマットとは言っても、ほどよいサイズの画用紙を用意し、そこに好きにシールを貼って、文字や絵を描いてもらうだけ。画用紙の周りを切り口がギザギザになるハサミでカットしたり、今回であれば、クリスマスっぽいマスキングテープでワンポイント入れるだけで、季節ものの可愛い、世界で一つだけのオリジナルランチョンマットが仕上がるんです!

これはかなりいい案だと思いました。子どもたちも集中して作るので、その間こちらの準備ははかどりますし、部屋も散らかされません。何より、クリスマス気分がそこで一気に盛り上がる!

そして、もし作り終わってまだ時間がある場合には、お母さんの分も作ってもらえばいいんです。子どもたちはお母さんのために張り切って作ってくれようとしますし、作ってもらう側も、子どもが自分のために頑張ってくれているのを見ると、とても嬉しい気持ちになりますよね。いいことづくしです。

そんなに頑張って部屋の飾りつけをしなくても、手作りランチョンマットがあるだけで、食卓は華やかになります。それに、敷くものなので、たくさんの物が置かれている食卓でも邪魔にならないというのもオススメポイントです。

ちなみに、この出来上がったランチョンマットは、今回はクリスマス気分が一番盛り上がるケーキを食べるタイミングで使いました。

昼食は自分で楽しく作ろう!

こういったパーティーで一番悩むのが昼食です。あまりお金はかけたくないけれど、用意に手間もかけたくない。でも、やっぱりパーティーっぽいメニューにはしたい。そんなわけで、今回は、手作りサンドイッチをメインにしてみました。

サンドイッチ用の薄切りの食パンを用意しようか、バターロールを用意しようか悩みました。そして、結局、バケットを購入して切ることになりました。

なぜバケットになったのか。それは、買い出しのときに話していて発覚したのですが、幼稚園児だと、食べられる量は子どもによってかなり違うんですよね。1個がそれなりの大きさのパンにしてしまうと、せっかくいろんな具を用意したところで、全部を楽しめないという話になったんです。

というのも、うちの子はバターロールなら2個くらいはペロリと平らげてしまうのですが、そのママさんのうちの子は、1個が精一杯だと。それだと、せっかくのサンドイッチがほとんど楽しめないですからね。その点、バケットであれば、切るときに厚みを調整することができますし、2センチくらいの厚みで切って、間に切り込みを入れるようにすれば、具を挟めるので食べやすい。

具材は、そんなに多くなくてもいいんです。

ハム、チーズ、ゆで卵、そして少しの菜っ葉類があれば十分! これくらいであれば、ゆで卵の準備をすればいいだけです。もし余裕があるのであれば、ポテトサラダなんかがあってもいいですし、今回は大人用にとアボカドサラダを作って持ち込んでみました。

そんな感じで用意したサンドイッチでしたが、自分たちで好きなように作って食べられることもあり、とても好評でした。それに加えて、冷凍の唐揚げやポテトをレンジでチンして出してもらったので、十分立派なパーティーメニューとなりました。

実は今回、割引券があったこともあり、お弁当屋さんで、コロッケやウインナー、白身魚のフライなんかが入っているおつまみプレートも頼んでみました。でも、子どもたちはほぼそれらには手を出さずで、あとで大人が必死になって食べることとなり、残った分は持ち帰ることとなってしまいました。それは、ちょっと勿体なかったなと反省しています。

オリジナルケーキを作ろう

パーティーといえばケーキですよね! ホールケーキを買うとそれだけでかなりお高くなってしまいますし、人数がいると、一人当たりのケーキがほんの少しになってしまいます。そこで、今回は自分たちで作ることにしました。

作るといっても、スポンジを焼くところからというわけではありません。最初は、出来合いのスポンジケーキを買ってきて、それを小さなスクエア型に切り、間に生クリームを入れつつ重ねて、自分用の「クリスマスツリーケーキ」を作るという案が出ていました。

しかし、最終的にはヤマザキの「ロールちゃん」というロールケーキをスポンジ替わりに使うこととなりました。この「ロールちゃん」、細長いので、数センチ幅で切っても1本で結構な数ができるので、とてもお安くすみますしね。

そして、「ロールちゃん」自体にいろんな味があるので、違う種類の「ロールちゃん」を買えば、色が違うので見た目も可愛くなりますし、味に変化が出るのもいい。

最終的にケーキの材料としては、「ロールちゃん」のホイップクリーム味とチョコクリーム味の2種類と、すでにホイップされているものが絞り袋に入っているタイプのホイップクリームをプレーンといちご味の2種類、そして飾り用のいちごと果物の缶詰を用意しました。

年長さんのお姉ちゃんがまず作ってみてくれて、それを参考に年少さんたちがケーキを作っていました、が。

ここは、大人が見本を作っておけばよかったなと反省することになりました。というのも、お姉ちゃんはロールケーキを積み重ねずに、倒して横に並べただけだったので、それを参考にして作った年少さんもみんな同じような形のケーキになり、ロールケーキがかなりの量余ってしまったんです。

とはいえ、みんな楽しそうに作って食べていましたから、ケーキ作り自体は成功だったと思います。

サンタさんからのプレゼント

クリスマスパーティーといえば、やはりプレゼントも用意したいところ。各自1人あたり500円程度でプレゼントを用意して、プレゼント交換をしようかと言っていたのですが、結局、交換するという案は諦めました。年少さんくらいだと、他のお友だちのプレゼントの方が自分の好みだったとき、確実に泣かれますからね。

そして、各自でプレゼントを用意するとなると、良かれと思って選んだプレゼントがイマイチだったとき、明らかにテンションが下がり、「好みじゃなかった」という発言をしてくれるんです。

年少さん、発言が素直すぎて本当にこわい。そんなわけで、年少さんに関しては、みんな同じプレゼントにしようということになりました。今、年少さん女子の中ではプリンセスブームです。そのため、お姫さまの着せ替えシールと、可愛いアクセサリーのついた2B鉛筆にしました。

年長さんのお姉ちゃんには、アクセサリー付きのお菓子を。1,2歳の子どもたちにはいろんな種類のお菓子を用意しました。

渡し方は、宝探しっぽくしようかと言っていたのですが、会場のおうちに何故かサンタクロースの衣装が一式あったので、そこのおじいちゃんにご協力いただいて、サンタさんからの手渡しとなりました。

当日は、ケーキを食べ終わる頃に満を持して、サンタさんの登場です!

1歳の子が1人ギャン泣きしてしまいましたが、それ以外は、親が期待していた以上の反応でした。サンタさんの登場でテンションが上がり、プレゼントを開けてテンションMAX! 仲の良いお友だちとお揃いだというのがさらにテンションを上げることになったようです。

「魔法使いのステッキみた~い♪」と、年少さんたちはさっそく鉛筆を持って遊びはじめ、年長さんもアクセサリーを身に着けて満足そうにしていました。チビッコたちも、その場でお菓子を食べ始めていました。

みんなの反応がとてもよく、プレゼントのチョイスは間違いではなかったと、一安心でした。

さいごに

事前に準備することは少ないとはいえ、事前の買い出しは少し面倒かもしれません。でも、その分、子どもたちみんながとても楽しんでくれたようで、親にとっても大満足のクリスマスパーティーとなりました。

ちなみに、今回の費用としては、3家族(大人3人、子ども7人)で、各家庭2500円弱の負担でした。おつまみプレートがかなり残ったこと、ケーキの材料もかなり残ったことを考えると、実際は2000円ほどで抑えられたのではないかと思います。

プレゼント代、昼食代、ケーキ代、飲み物代、すべて合わせて3~4人分で2000円ほどで済むのであれば、出費としては、まあ安くすんでいる方ではないでしょうか。

パーティーをするなら、やはり全員が満足できるパーティーが理想ですよね。

それに加えて、なるべく手間をかけず、安く抑えることができるのであれば、言うことなし! 少しでもそうできるよう、次のそういった機会があれば、今回の反省点を活かすことができれば、と思います。

探せば、他にももっともっといい案があるかもしれません。
子ども関係の付き合いは始まったばかり。

これからいろいろ経験し、勉強して、楽しいイベントを過ごしていきたいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。