コウノドリ10話ネタバレ|出生前診断でダウン症の診断!夫婦の決断

今回は出生前診断により、21トリソミー陽性、つまり「ダウン症」と診断されたふたつの家族の決断を描いた回でした。

ツイッターでは「中絶」「命の選別」という言葉がタイムラインに流れ、出生前診断と、それを受けての家族の決断について論じる人も少なくありませんでしたが…。

はたしてドラマの中で、それぞれのご家族はどのような決断をしたのか。コウノドリ10話、ネタバレしていきましょう。

高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)夫妻の決断

前回、クリニックで新型出生前診断を受けた高山透子。その結果が届き「21トリソミー陽性」の診断に愕然とします。ペルソナ病院で、コウノトリ先生(綾野剛)のもと羊水検査を受けたところ、お腹の中の子は、ダウン症であることが確定。

なかなか妊娠せず、不妊治療をした結果授かった子ということもあり、妊婦である透子は悩みます。

そんな透子をよそに、家族会議が開かれます。

義父は「あきらめたほうがいいんじゃないか?」義母は「透子さん、あなたのことが心配なのよ」と、中絶をすすめます。このあたり、同じ女であり母親である義母さんへのイライラが止まらないところですね。「あなたのためを思って」なんて言うけど、明らかに「障害のある子を産むなんて…」と言わんばかりの、世間体がーっていう顔してますもん義母さん!

夫も夫で「親もこう言っているし」という、全然真面目に向き合っていないセリフ。味方して欲しい透子の実母はというと「あなたの苦労するところを見たくない」と、産まない決断を支持します…。

孤立無援状態になる透子。ふたたび夫とともに訪れたペルソナ病院で、コウノトリ先生と、NICUの今橋先生(大森南朋)に「まだ迷っています。答えが出ません。この子を授かってとてもうれしかった…。だけど、育てられるのかなって。ダウン症の子を育てるって、大変ですよね?」と、胸の内を吐露します。

そんな透子に「ダウン症の子供は、知的な発達には違いがあります。
心臓病や呼吸器疾患などを持つ場合もあります。

産まれてから手術が必要なこともあります。ただ、ダウン症の子自身は、悩まず幸せに生きていける子も多いというデータもあります」と、やさしく語りかける今橋先生。

コウノトリ先生は「どんな選択をしても、後悔することはあるんだと思います。その後悔を減らすには、しっかり悩んで決断して、その決断のなかで赤ちゃんになにをしてあげられるかを考えることです。おふたりで向き合って、ご家族の答えを見つけてください」と、夫婦でしっかり話し合うことを伝えます。
その後、「これ以上考えても苦しいだけだよ?」と逃げに走っている夫に「お義父さん、お義母さんがこう言ったから…じゃなくて、ふたりで考えたいの」と、きっぱり言い、きちんと二人で、命の決断に向き合う高山夫婦。

これは産むという決断をするのかな…と思いきや、結局高山夫婦は話し合いのすえ、産まない決断をします。

中絶手術をする前、病室で夫は「ふたりで出した結論だから、お前だけが背負う問題じゃないから」と透子に言いますが、どことなくほっとした様子なのがねぇ…、やっぱり男ってこうだよな、気持ちはわかるけどと思ってしまう、なかなか真実味のある演技でした。

いよいよ人工中絶当日。

処置をはじめよう…としたとき、処置室の前で立ち止まり「私の赤ちゃんなの…私の…、産みたい。でも、怖い…自信がない、でも…」と泣き崩れる透子。「そうだよねぇ、赤ちゃんお腹にいるんだもんね、動いてるんだもんね、生きてると分かって、ここまで大切に育んできた命をおろすなんてできないよねぇ」とテレビの前でダダ泣きする私。


「だれかなんとかしてやれよ、夫!突っ立ってないでなんか言え!産もう、いっしょに育てようって言えよ!」と思っていると、付き添っていた透子の実母が「あんた、産みたいんだね?…大丈夫、あんたがへばっても、母さんが一緒に育てる」と透子の肩をひしっと抱いてしっかり支えます…!

視聴者の私、大号泣。やっぱり最後に支えになってくれるのは夫でもなければ義父でも義母でもなく、実母なんだよ…!母は強しだ…!というわけで、お母さんの子供を思う気持ちと家族のサポートにより、お腹のなかの子は産まれることとなるのでした。

次回はいよいよ透子出産!ダウン症の子を前に、夫婦はもちろん義母や義父はどんな顔をするのか…次回の展開も見逃せません。

明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)夫婦の決断

同じく出生前診断の結果、21トリソミーと診断された明代。

実力派女優りょうさん演じる妊婦さん、なんとなく肝っ玉据わっていて心が強そうなイメージだったので、なんやかんやあっても最終的に産む決断をするのでしょう…と思っていたら、人工妊娠中絶という結果に…。

夫婦でちいさなお弁当屋さんを切り盛りしていて、すでに幼稚園児の長女もいるという状況で、これが現実的な決断なのかもしれません。「産まれた子供にかかりきりにはなれない」「親が死んだあと、上の子に下の子(ダウン症の子)を全部任せるなんてできない」

つらそうにそう語る明代に、だれが「無責任だ」とか「命の選別をするな」なんて言えるでしょうか。

キレイゴトは誰でも言えますが、障害を持って産まれてきた子を育てるのはほかでもない親で、悩んだり、苦しんだり、精神面でも肉体面でも、そして金銭面でも大変な思いをするのもまた親なのです…。

だからこの夫婦の決断を、だれも責めることなんてできないんですよね。最後、中絶したちいさな亡骸を、小さな箱にいれて連れて帰る明代の背中に涙が止まりませんでした。

コウノトリ先生が語る「命の選別」


研修医の吾郎先生(宮沢氷魚)に「中絶を希望したのに、最後に赤ちゃんを抱きたいなんて矛盾している」「命の選別(出生前診断)が、この先メジャーなものになっていったとして、医師としてどう向き合えばいいのか分からない」と言われ、コウノトリ先生が返した言葉がこちら。

「命の選別、その言葉にみんながとらわれてしまっていて、家族の事情には目がむけられていない。それぞれの事情のうえに命は産まれてくる。育てていくのは家族なんだ。出生前診断を受けた結果、中絶を選択する家族もいる。

悩みに悩んだうえでその選択をして、ぼくたちに助けを求めている、その手を払いのけることはできない」

「検査を受けたひと、受けなかったひと、産んだひと、産まなかったひと、どの選択も間違っていない。…いや、間違ってなかったと思えるように、産科医として、家族といっしょに、命と向き合っていく。それが僕たちにできることなんだと、そう信じて僕はここにいる」

「全国の医師がみんなコウノトリ先生になればいいのに!」と思えるセリフでした。

医師や看護師さん、助産師さんが、みんなコウノトリ先生らペルソナの先生みたいに、寄りそってくれる方ばかりなら妊娠を希望するひと、妊娠したひと、命の選択を迫られているひと、みんなひとりで思い悩まずに済むのではないかなぁ、そのように思える信念に満ちたセリフでした。

次回:コウノドリ最終回やいかに!

前々回あたりから倒れたり復活したりを繰り返していたシノリンこと四宮先生(星野源)のお父さんですが、今回も冒頭「元気になってきたよ」と朗報が入ったかと思えば、最後の最後で「亡くなった」と訃報が…!

故郷石川県へと帰る四宮先生。

次回予告では、小松さん(吉田羊)の同期助産師である武田さん(須藤理彩)が出産にのぞんでいましたが、まさかの母体死亡の危機!?救命チームもかけつけて大変な予告となっていました。その命の行方はいかに!?

次回、コウノドリ11話、最終回は絶対に見逃せません!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。