ヴィーナスベール(Venus Veil)の口コミ&レビュー|アンダーヘア用カツラ

ヴィーナスベールって知ってますか~?

脱毛している私のVライン、こんな感じ。

ヴィーナスベールのビフォー↓

ヴィーナスベール、装着画像がこちら。

ヴィーナスベールのアフター↓

ヴィーナスベールで思っていたより自然な仕上がりになりました!

ヴィーナスベールの口コミ

ヴィーナスベールを実際に使っているひとの口コミを集めてみました。

・年齢とともに薄くなってきたあそこに(46歳・主婦)

お友達に温泉に誘われて行ったのですが、普段あまり気にしないあそこの毛がお友達にくらべて薄くて恥ずかしく思ってしまいました。インターネットの安いアンダーヘアー用のかつらなど買ってみましたが、すぐに取れてきてしまいます。ヴィーナスベールを使ってみたところ装着してから3日たってもそのままでした。以後お友達と旅行するときはいつもヴィーナスベールを使っています。

・パイパンを彼氏に見られたくなくて(34歳・会社員)

若い時、友達と一緒にハイジニーナ脱毛をしました。いまはつるつる、毛のないパイパンなんですが、やっとできた彼氏にこのつるつるを見られるのが恥ずかしくて(涙)同じことで悩んでた友達にヴィーナスベールを教えてもらって即購入!彼氏と無事コトを済ませることができました!遊んでるからつるつるとか思われなくて良かった(笑)

・抗がん剤の影響で毛がなくなってしまいました(56歳・パート)

がんは無事なくなったのですが、抗がん剤の影響で、体毛がなくなってしまい、以前の自分とちがう姿に大変落ち込みました。家族がヴィーナスベールを探して、プレゼントしてくれました。最初は、陰部にシールを張るというのが、抵抗感がありました。しかし、家族の思いを無駄にしたくなかったので、ヴィーナスベールをつけてみましたところ、違和感がなく、見た目も、以前のようになって、とてもうれしかったです。

このほか、アンダーヘアが薄くて悩んでいる方や、まばらに生えていてみっともないという方が、ヴィーナスベールを愛用しているようです。

「付けていてもカツラとバレない」「装着の違和感がない」というコメントも多く見られ、ヴィーナスベールの使用感は高評価されているようです。

ヴィーナスベールは、バレないか?

ヴィーナスベールをつけるにあたり一番心配なのは「アンダーヘア用かつらをつけていることがバレないか」ということかと思います。個人的な意見ですが、遠目で見ればかつらであることはまずバレないかと思います。

シートがすこしだけ白っぽいですが、そのぶんテカテカせず、肌になじみやすいです。

さすがにこれくらい至近距離で見られると、シートの境目がわかってしまうかもしれませんが…こんなに近くで陰部を見られることって、パートナー相手でもそうないのではないでしょうか。

説明書によると「つけた直後はシートに光が反射しやすく、目立って感じることもありますが、使用経過とともになじんでいきます」とのこと。

上記写真は装着してから2日後の様子です。たしかにシートのキワの部分も、ほぼ境目が分からなくなっています。

温泉や、パートナーと旅行するときなどは、行く直前につけるのではなく、前日の夜くらいからつけておくと、なじんで目立たなくなると思います。

ヴィーナスベールの購入はこちら

ヴィーナスベールのつけかた

陰部に粘着物をつけるというのはなかなか勇気のいること。買ってつけるまでに思い悩む方も少なくないかもしれません。

筆者が実際やってみたところ、ヴィーナスベールの付け方は非常に簡単ですし痛みや違和感はまったくなかったため「さぁ、つけるぞ!」と決意してしまえば抵抗感はさほどないかと思います。

装着の仕方は、とても簡単です。説明書のとおり、透明フィルムをはがして、貼りたい場所に乗せて、ぽんぽんと軽くおさえるだけです。

実際の様子がこちら


まず、シートをはがしていない状態で、陰部にあてて、貼る位置を確認しておきます。ひざを立てた状態で、目の前に鏡を置いてやるとわかりやすいです。

位置が決まったら、透明フィルムをはがします。フィルムの端に2つ、まるいシールがはってあるので、そこからぺりぺりめくっていきます。(まるいシールは目印なので、はがしたあとは捨ててOKです)


粘着部分にさわってしまうと、粘着力が弱くなってしまうので、指先でつまんでなるべく粘着部分にはふれないように気をつけましょう。

陰部までそっと持って行って…

装着したい場所に軽く置くようにのせて、ぽんぽんと指でおさえればできあがりです。ちなみに説明書によると「下から上」に貼っていくといいそうです。(私はちゃんと読んでなくて上から下にべた~っと貼りましたが問題ありませんでした)

全体がくっついたら、もうショーツなどをはいて大丈夫です。よほどごしごしこすったり、強い力で引っ張らない限り取れてきません。

ヴィーナスベールの装着強度

心配なのが強度ですよね。すぐにはがれてしまっては意味がありません。まずシートからはがした直後ですが、こんな感じで指先にちょっとくっつけただけの状態でも落ちてきません。ぶんぶん振ってはがれる気配はゼロでした。

わかりやすいように、足にくっつけて強度を検証してみたいと思います。まずくっつけた状態で、真ん中の毛束が多い部分を強く引っ張ってみます。

皮膚ごと引っ張られる感じがして、ヴィーナスベールがはがれる気配は全然ありません。さらに、端っこのほうも引っ張ってみます。

すこしヴィーナスベールが浮いたかなという程度で、ぺりぺりはがれてくることはありませんでした。かなり強めに引っ張ってこれですから、ふつうにこすれたり、ちょっと手が引っかかったりする程度ではがれる心配はなさそうです。

ヴィーナスベールは再利用可能

ヴィーナスベールは基本的に1度はがれてしまうと、もうくっつきません。こちらがはがれたヴィーナスベールですが、裏面はもう吸着力がなく、指にすらくっついてこない状態です。

これを復活させるために使うのがこちら、ヴィーナスベールなどのかつら用の両面テープです。10枚入り1,500円で別売りされています。現在ヴィーナスベールを買うと5枚プレゼントされるので、今回は無料で手に入りました。

ふつうの両面テープとはちがって人体用に作られているものですから、かぶれたり、かゆくなる心配なし。さっそく使ってみましょう。

まずこの文字が書いてある部分をめくってはがします。はがしたら粘着部分がでてくるので、粘着部分をヴィーナスベールの裏面、肌につけるほうにくっつけます。


ヴィーナスベールにくっつけたら、肌に貼る側のシートをめくって、肌にくっつけて完了です。

人体用の両面テープなので、ふつうにヴィーナスベールをはったときと違和感はありませんでした。両面テープは切って使うことができるので、形を整えて、ヴィーナスベールの端にきちんとテープがくるようにすれば、端っこが浮かずに吸着力もよくなります。

両面テープでも、お風呂に入っても問題ありませんでしたし、2日は余裕でくっついていました。

ヴィーナスベールは隙間からの水は要注意

基本的にヴィーナスベールは一度くっつけるとなかなかはずれません。ふつうに生活しているぶんに関しては、はがれてくる心配はありませんでした。ただ、唯一気をつけたいのが「隙間からの浸水」です。

しっかりくっつくといってもシール状なので、端っこが浮いた状態で水につかると、そこから浸水してぺりぺりはがれてきてしまいます。

このように、端がちょっと浮いた状態で貼ったヴィーナスベールに…水をふきかけると、浮いた部分に水滴が入り込んで、浮いてきてしまいました。

こうなるともうくっつかなくなってしまうので、水に濡れる時、もちろんお風呂に入るときも、端っこが浮いてないかチェックして、できれば軽くおさえてから入るようにしましょう。

ヴィーナスベールは男性にもおすすめ

ヴィーナスベールは女性の陰毛部分に使うため開発されたものですが、公式サイトでは「男性も使用可能」となっています。男性で毛が薄いと、なんとなく軟弱な感じがしてしまいますもんね。男性が使うとしたら、陰部だけでなく、こんな感じですね毛や…

あごひげとしてでしょうか。

怪我などで、一部分だけハゲてしまっている部位にくっつけるというのもありかと思います。ちなみにすね毛としてつけた場合、このように肌にしっかりなじみますので、「かつらつけてます!」という感じはしません。

遠目ならまずかつらと気付かれないので、薄毛で悩んでいる男性も、ヴィーナスベール使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに陰毛用として作られていますが、ホンモノの陰毛ほどチリチリした感じがないので、体毛としても違和感はないと思います。シート全体で使うほか、シートをハサミで切って使うこともできるので、部位にあわせて形を変えるのもおすすめです。

ヴィーナスベールの購入きっかけ

2年ほどVIO脱毛をしている私。ようやく毛がなくなってきましたが、まだ完全に脱毛しきれていないので、まばらに毛が残っている状態です。

この状態が一番みっともないんですよね。ツルツルになるまであと一歩なのに、その一歩がなかなか進まない感じです。

そんな中途半端なVラインを隠すために使ってみたのがこちら、ヴィーナスベールという、アンダーヘア用かつらです。

このヴィーナスベールというモジャッとした陰毛のかたまりを、陰部に装着すると…

整ったアンダーヘアという感じで、見た目もきれい。色も濃すぎることなく、違和感ありません。

あと、つけ心地がいいです。

もっとべたべたするのかと思いましたが、しっかりくっついているわりにヴィーナスベールはベタベタ感はまったくなし。

くっつける部分は透湿性新素材が使われているそうで、そのおかげか蒸れやかゆみなどはヴィーナスベールをつけている間、全然感じませんでした。

ヴィーナスベールを普通に動いているぶんには取れません。

トイレで用を足してもとくに問題なし(ただし濡れすぎないよう注意は必要)もちろんショーツをはいてもズレたり取れることなく、お風呂も気をつけて入れば、この状態が3日間持ちました。

ヴィーナスベール(Venus Veil)とは?

ヴィーナスベールとは、アンダーヘア用かつらです。陰毛が薄いひとや、病気で陰毛がぬけてしまったひとなどに愛用されている商品です。

1個19,800円。基本的に使い切りのかつらですが、別売りの特殊両面シール(10枚1,500円)を使うことにより、再利用が可能です。

ヴィーナスベールのサイズは2種類。Mサイズは5.5cm×9.5cm、Lサイズは5.5cm×11.5cmで、横幅が異なります。Mサイズ、Lサイズともに価格は同じです。大きめを買って、二つに切り分けて使うこともできます。

肌につける部分はシールタイプになっており、シートからはがしてつけたい部分にくっつけるだけで、簡単に装着することができます。接着剤などは使いませんから、簡単で、肌への負担は限りなく少なく済みます。

ヴィーナスベールはハサミで切ることができるので、部位にあわせた大きさに、自在に変えて使うことができます。

吸着シート部分は特殊素材でできており、シールタイプでありながら通気性抜群。3日~1週間くらいつけたままにしても、むれたりかぶれる心配がありません。時間がたつと自然と肌になじんでくるシートなので、違和感なくつけることができます。

ヴィーナスベールは大手発毛会社と共同開発

ヴィーナスベールは販売元の株式会社クレイジーバンプと、大手毛髪会社「株式会社プロピア(Propia)」が共同開発して作られたものです。

プロピアは全国各地に店舗を持つ、男性育毛、増毛、女性用かつらなどを取り扱っている会社。すでに30年以上も、発毛業界にたずさわってきた実績があります。

プロピアで開発された、頭皮と一体化するヘアコンタクトと呼ばれる特殊シートの技術を活用し、ヴィーナスベールは作られています。すでに多くのひとがその通気性、密着性を実感し、支持されてきた技術ですから、ヴィーナスベールも安心して使うことができるでしょう。

ヴィーナスベールがおすすめの人


・病気などでアンダーヘアがないひと

脱毛症や抗がん剤治療などでアンダーヘアがなくなってしまった方に、ヴィーナスベールはおすすめです。装着することで、自然なアンダーヘアになれますから、温泉などでまわりの目を気にすることがなくなるでしょう。

・生まれつきアンダーヘアが薄い方

アンダーヘアが薄くて、子供っぽく見られることに悩んでいる方にも、ヴィーナスベールはおすすめです。ヴィーナスベールなら、きれいに形が整った、ほどよい濃さのアンダーヘアになることができます。お友達と温泉や旅行に行く時、修学旅行で大勢とお風呂に入らなければいけないときなど、見られて恥ずかしい思いをすることもなくなるでしょう。

・VIO脱毛した方

VIO脱毛をしてつるつるになったものの、周りから変な目で見られるようになってしまった…という方は少なくないはず。また、脱毛途中で、まばらに毛が生えているのが恥ずかしいという方にも、ヴィーナスベールはおすすめです。脱毛したつるつるの肌なら、よりヴィーナスベールが吸着しやすくなり、自然な仕上がりになるでしょう。


・Vラインのお手入れが苦手な方

Vラインを形よく、きれいにシェービングしたいと思っても、なかなか難しいですよね。形が整わなかったり、毛の濃さが気になったり…そういう方にも、ヴィーナスベールはおすすめです。
形を気にせずVラインをすべてシェービングしたうえで、ヴィーナスベールをつければ理想のVラインに一瞬でなれます。Vラインのお手入れに時間をかけたり、思い悩んだりしたくないという方に、ヴィーナスベールはぴったりです。

・コスプレをされる方

ヴィーナスベールは陰部だけでなく、あらゆるところにつけることができます。男装をするコスプレイヤーさんなど、すね毛や胸毛、ヒゲとして、ヴィーナスベールを使ってみるのはいかがでしょうか。ホンモノに近いリアルな毛なので、コスプレにもよりリアリティがでること間違いなし。両面テープを使えば再利用可能で、肌に優しく、コスパのよいコスプレを楽しめるでしょう。

ヴィーナスベールは高いのか?

ヴィーナスベールは1個19,800円と、簡単には手を出せないお値段です。

それでも、陰毛用かつらを探しているひとの多くがヴィーナスベールにたどり着き、愛用しています。高いのになぜ売れるのか?理由は、ヴィーナスベールが、両面テープを使えば再利用可能なこと、そしてなにより見た目が自然で仕上がりがきれいという点があげられます。

Amazonなどでも陰毛用かつらは安価で販売されていますが、もじゃもじゃでいかにも「人工毛をつけてます」という仕上がりに…

反対に、ヤフーショッピングで販売されている人毛100%のアンダーヘア用かつらは、なんと29,160円!3万円近くするのです。

品質がよく、自然に見えて、かつお手頃価格…という理由から、ヴィーナスベールは多くの陰毛で悩む女性に支持されているのでしょう。

実際にいろいろな陰毛用かつらを利用したひとのなかには「比べてみた結果、ヴィーナスベールが一番コスパがよく、見た目も自然だった」「高いとは思うが、そのぶん長持ちする。

両面テープを買い足せばいいだけなので、何度も使うことを考えれば安かった」など、品質に比例した価格であると、ヴィーナスベールを評価しています。

購入すれば、初回は無料で両面テープ5枚がついてきますので、1回の着用期間が1週間としても、初回+両面テープ5回分で、合計6回、計6週間。約1カ月半使って19,800円ということになります。

日割りすれば500円以下と考えれば、決して高すぎる買い物ということもないでしょう。

ヴィーナスベールのお試し品は?

ヴィーナスベールは残念ながらお試し価格はありません。

最初から定価で買うことになります。個数を増やせば割引になるといったお得な特典もないので、まずは1個、定価で買ってみましょう。Mサイズ、Lサイズ、どちらを買っても価格は同じ19,800円です。送料はどちらも無料。

VenusVeil BASE店で購入した場合のみ、クレジットカード決済、コンビニ決済、Pay-easy(前払い)が可能。BASE店以外のインターネット通販で購入した場合は、代金引換(手数料一律350円)もしくは銀行振込となります。

ちなみに楽天市場では同名の「ヴィーナスベール」で3,500円くらいのものが販売されていますが、これらはボディジュエリィでありアンダーヘア用かつらではありません。身体につけるものとして売られており、画像も小さいので間違って買ってしまわないよう注意しましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。