もらって嬉しかったプレゼント・嬉しくなかったプレゼント|主婦100人が回答男性必見!

プレゼント、選ぶの楽しいですよね。

相手が喜ぶ顔を思い浮かべるだけで、わくわくしてきます。でも、相手のことを思うからこそ、なにを買うか悩んでしまうと言う方も多いのではないでしょうか。

とくに、女性になにかあげるとき、男性は悩んでしまいませんか?今回は、主婦100人に「もらって嬉しかったプレゼント、嬉しくなかったプレゼント」を教えてもらいました。
誕生日や結婚記念日、クリスマス、いろいろな機会に、ぜひ役立ててみてください!

もらって嬉しかったもの


1位は王道とも言える「アクセサリー、衣類、バッグなど」、2位は主婦ならでは「家電、調理器具、普段使いできるもの」となりました。コメントを見てみましょう。

1位 アクセサリー、バッグ、衣類など・・・36人

・嬉しかったものはお財布です。ずっと使っていたものが壊れてしまい、ちょうど欲しいと思っていたからです。(栃木県・23歳・女性)

・40歳の時に主人にもらった「真珠のネックレス」が一番嬉しかったです。(東京都・53歳・女性)

・寒い時期が誕生日の私に、夫がマフラーをプレゼントしてくれました。高価なものは必要ないので、日常的に使えるものが嬉しくてとても大切にしています。(大阪府・44歳・女性)

・記念日にペアルックの服とキャップを貰ったのが嬉しかったです。(広島県・22歳・女性)

・誕生日に、ティファニーのシルバーピアスをもらいました。独身時代は大きかったり長めのピアスをつけることが多かったのですが、結婚して落ち着いた感じのピアスを贈られたので嬉しかったです。(福岡県・37歳・女性)

2位 家電、調理器具、普段使いできるもの・・・24人

・ブルーノのホットプレートは実用性もあるのでもらって嬉しかったです。(愛知県・26歳・女性)

・もらって嬉しかったものはドライヤーです。自分では買わないちょっと良いものは嬉しいです。(富山県・29歳・女性)

・今年の誕生日に旦那に頼んで圧力鍋を買ってもらいました。頑張って料理のレパートリーを増やそうとやる気が出ました。(山口県・28歳・女性)

・ダイソンの掃除機です。今まで使っていた掃除機は吸引力も悪く使いにくかったので、掃除機はとても嬉しかったです。実用的なのが一番です。(広島県・28歳・女性)

ブランドものなど、高価なものに限らず「欲しかったから、もらえて嬉しかった」「自分では買えないから、プレゼントされて嬉しかった」と答えている方が多くみられました。

やはり主婦になると「夫のお金で生活してるから…」「自分が使うくらいなら、子供にお金を…」と遠慮して、欲しいと思ったものも簡単には買えないという方も多いのでしょう。

男性陣はぜひ、奥様が欲しがっているけど我慢しているものをリサーチして、サプライズで渡してみてください。

「直接聞くのは恥ずかしい」「聞いても答えてくれない」なんてときは、パソコンの履歴がおすすめです。Amazonや楽天、ヤフーショッピングなど、閲覧履歴が残るショッピングサイトを覗き見してみてください。奥様が「これほしいなぁ、でも高いな」と思って諦めているものが、きっと見つかるはず!

3位 その他・・・16人

・記念日にもらって嬉しかったものは、お花とお手紙です。いろんな物を貰えるのも残るので嬉しいけど、気持ちのこもった手紙はすごい嬉しかったです。(兵庫県・30歳・女性)

・丸1日のお休みをもらったのが、一番嬉しかったです。その日は家事から完全に開放されました。(神奈川県・47歳・女性)

・ゲーマーな私がずっと欲しかったゲーム機のセットをサプライズで貰って凄く嬉しかったです。ゲーム機本体+カセット+ヘッドホンを全て新品で買ってくれました。(兵庫県・25歳・女性)

・嬉しかったものは、ジグソーパズルです。夫と一緒にやってコミュニケーションをとれるのも〇です。(秋田県・29歳・女性)

4位 花束、プリザーブドフラワー・・・9人

・いつまでたっても、お花をもらったらテンションが上がります。(滋賀県・39歳・女性)

・誕生日に歳の数のバラを貰った時は嬉しかったです。歳の数の花なんて買うのは恥ずかしかったと思うのに家まで届けてくれた事も嬉しかったです。(千葉県・26歳・女性)

・母の日に娘がカーネーションをくれました。夫と公園に遊びに行き、私は夕食の準備をしていて、その間に買ってきたようです。(大分県・36歳・女性)

・ピンクのバラの大きなプリザーブドフラワーです。もらってとても嬉しかったです。長持ちして綺麗だからです。(熊本県・34歳・女性)

5位 お金、エステ券、金券・・・8人

・嬉しかったものは癒やしのお店のアロママッサージ券です。(福島県・39歳・女性)・貰って嬉しかった物は私は食べることが好きなので食事券です。(茨城県・38歳・女性)

・美容院やエステの金券がとても嬉しかった。欲しいとはなかなか言えないので特に。(広島県・40歳・女性)

4位~5位も、プレゼントとしては王道のものが並びましたね。「やはり女性は花が好きなんだ」と思った男性も多いかもしれません。

でも、ちょっと待った!実はこんな声もあるんです…

女性が「もらって嬉しくなかった」プレゼント

もらって嬉しかったプレゼントより、実は注目すべきはこちら「もらって嬉しくなかったプレゼント」です。「これなら喜ばれるだろう」と思って買っても、全然喜ばれないなんてことになりかねません、ぜひこちらの結果も目を通しておいてください。

1位 アクセサリー、バッグ、衣類など・・・30人

・嬉しくなかったのはシャネルのピアスです。赤ちゃんがいてアクセサリーは控えていて使えません。(富山県・29歳・女性)

・ネックレスをもらいました。ブランドのものでしたが直径2センチ近くある大きなハート型のネックレスでした。服にも合わせにくく、正直嬉しくありませんでした。(埼玉県・25歳・女性)

・誕生日に夫からエプロンをもらいました。あまりにも主婦というかお母さんっぽいチョイスにがっかりしました。(東京都・31歳・女性)

・嬉しくなかったものは、センスがあまり良くない夫が選んで買ってきた洋服です。(福岡県・31歳・女性)

2位 その他・・・16人

・嬉しくなかったものはおしゃれな入浴剤です。普段シャワーだけで済ませることがほとんどだからです。(栃木県・23歳・女性)

・ビール。嬉しくなかったです。お酒そんなに飲まない。(福岡県・27歳・女性)

・嬉しくなかったのは自転車です。高いものでしたが、色や形の趣味が合わず残念に思いました。(大阪府・33歳・女性)

・レッグウォーマーや腹巻をいくつかまとめてもらったプレゼントは、サイズも合わないし普段使わないし、誕プレとしては嬉しくなかった。(熊本県・32歳・女性)

3位 家電、調理器具、食器など・・・7人

・キッチン雑貨。全くキッチンとの相性が悪くがっかりしました。キッチン周りにはこだわりがあるのでどうせ買うなら相談して欲しかった。(北海道・32歳・女性)

・フライパンが嬉しくなかったです。IHなので、直火用のフライパンは使えないし、困りました。いいフライパンだっただけに残念です。(兵庫県・40歳・女性)

・コーヒーメーカーです。コーヒーをあまり飲まないので使う機会がありません。(大阪府・27歳・女性)

3位 花束、プリザーブドフラワー・・・7人

・バラの花束。どうせ枯れる花をもらったときは嬉しくなかったです。(沖縄県・26歳・女性)

・嬉しくなかったものは花束。独身の頃は嬉しかったですが直ぐに枯れてしまうのでお金が勿体無く感じるようになりました。(兵庫県・35歳・女性)

・旦那から、誕生日に花束と花瓶をもらいましたが、うちの家はそんなに広くないので置き場に困りました。あとは花ぐらい飾れという旦那からのイヤミかと思ってしまいました。(大阪府・29歳・女性)

5位 お金、金券、エステ券・・・3人

・嬉しくなかったというか、ピンとこなかったのは、主人からもらった500円のQUOカードです。(神奈川県・47歳・女性)

・使用期限付きのお食事優待券。なかなか時間が見つけられず、結局利用できませんでした。(山口県・28歳・女性)

・誕生日に現金を貰ったのは生々しくてあまり嬉しくなかったです。(千葉県・47歳・女性)

もらって嬉しかったプレゼント1位の「アクセサリー、衣類、バッグ」ですが、なんと「嬉しくなかったプレゼント」でも1位にあがってきてしまいました…!

結局のところ、相手の意や好みに添わなければ、たとえ良いものであったとしても「嬉しくない、欲しくなかった」と思われてしまうということですね。

プレゼントをするときは、親しい間柄であれば相手に欲しいものを聞いてから、言われたものを買うのが一番無難かもしれません。それが難しいようであれば、ちょっとした小物や小さめの花束を渡しておいて「とりあえず今日はこれで。

後日、君の好きなもの、一緒に選びに行こう」というのもありかもしれません。
ちなみに筆者が夫からもらって一番嬉しかったものは「現金」でした。

「なにがいいか分からんから、これで好きなの買って」と言われたのが最高のプレゼント。逆に一番「いらね」と思ったのが「歳の数だけのバラの花束」でした。

新婚間もない時期だったので一応「わぁ素敵、うれしい(若干棒読み)」とは言いましたが、3万もすると聞いて「今回はありがたく受け取りますが、二度と買ってこなくていいです」と真顔ではっきり言いました…。

だって3万あれば、いいお店でディナーできますし、欲しかった家電製品も買えたんですもん…。(実際にもらった花束がこちら↓3万…、高すぎ…)

おわりに

なかなか難しいプレゼント選び。

自分の好みを優先するのではなく、「かさばるから、使わないときは邪魔になるかも?」「ほかのインテリアと合うかな」など、相手の生活スタイルや好みを考えながら選ぶと、きっと喜ばれる贈り物になるでしょう。

贈り物をするときは、相手に感謝や愛情をつたえる絶好の機会でもあります。プレゼントをきっかけに、パートナーとの関係を、より一層深められるといいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。