国料理「四川」神戸御影店のランチがおすすめ!

四川料理と言えば、中国料理の中でも香辛料を効かせる料理というイメージなのですが、辛いものが得意な方にとったら堪らない魅力かと思います。また、お店によっても辛さは違いますし、味も違います。

今回美味しい中華を食べたいね~という他愛もない話から、友人のおすすめのお店「四川」神戸御影店に行くことになりました。ランチタイムということで開店前に行っても列が出来ていました。

そんな「四川」でボリューム満点のランチメニューをいただいてきたのでお店の雰囲気やメニュー、肝心な味についてレポートしていきたいと思います。

四川」神戸御影店へのアクセス

「四川」神戸御影店には、阪急ですと「阪急御影駅」が最寄り駅になります。

御影駅下車、南へ徒歩5分くらいですが、近くにはにしむら珈琲店があります。にしむら珈琲店を右に曲がったところが「四川」です。


中華料理と言えば外観から中国を感じるものですが、こちらの「四川」神戸御影店はモダンな感じのお店で、落ち着きある外観で高級感が漂っています。そして、私たちは開店の30分前についたのですが…

すでにお店の前には行列が…。皆さんお近くの方というよりは、誘い合わせてオシャレして来ました…という感じのお客さんが多いイメージでした。

友人が、「昨日ね、たまたま夙川駅(阪急)を通りかかったら、「四川」でランチしてきたっていう二人組が後ろを歩いててさ!そに二人は坦々麺と麻婆豆腐を頼んだんだって~」という話をしてくれました。電車を乗り継いで来ている方もやっぱり多いようです。

そんな話をしている内に開店時間の11時半になり、店内に案内されました。

店内の様子&こんな素敵な期間限定企画


店内も落ち着いた雰囲気でしたが、開店早々すぐに満席になってしまいました。奥にはガーデンテラス席が見えます。どうやらこちらのガーデンテラス席

平日のディナーのみの企画でビアガーデンに変身するようです。飲み放題のコースで3700円!2名様からいけるようです。美味しい中華にビール!お仕事帰りに最高ですね!期間限定ということですが、こちらのポスターには期間の記載ありませんでした。

美味しい中華にビールをテラスで!とお考えの方は、お店にお問い合わせください。

そんな店内ですが、ランチタイムということで、私たちのような主婦もさることながら、祖父母を交えたご家族で食事に来られている方もいらっしゃいました。

小さなお子様もおられましたが、家から少し味付けの薄いであろうおかずを持ってこられていて、それ以外は少しだけお母さんのメニューで食べられそうなものをシェアしてもらっていました。

子連れのご家族で…というならば、靴を脱いで上がる板の間に円卓が2つほどあったので、そちらが空いているとラッキーかと思います。小さなお子様も靴を脱いでお母さんのお膝なりおばあちゃんのお膝なり、身動きが自由な方が間も持ちますし、親も案外気楽に食事ができるものです。

ランチメニュー色々

ランチタイムは11時半から14時で、月曜から金曜日はランチメニューのみのようですが、以下のメニューがあります。

※セレクトランチ(全5品)…1080円から
※ミディアムランチ…1600円
※ランチコース…2500円
※麺セット…1600円

セレクトランチは好きなメインメニューを選ぶシンプルなランチセットですが、選んだメインによりお値段が変わります。

ミディアムランチは、冷菜、点心などのワンプレート盛り合わせの付いたのついたランチセットで、メインにどの料理を選んでも値段は1600円です。

左がセレクトランチ、右がミディアムランチです。(どちらもメインに麻婆豆腐をセレクトした場合)

麺コースは平日ランチライム限定で、好きな麺に点心や冷菜が付いてきます。

好きな麺を一品選べるのですが、9種類もあって悩みどころです。

この他、2500円のランチコースもあります。中華と言うことで、その味付けや量が心配だったのですが、4人で行ったうち3人は麺セット、1人はミディアムランチにしました。

麺セット「四川坦々麺」をセレクト!

朝は抜いてお腹ペコペコでいった私。麺セットの「四川坦々麺」をセレクトしました。前日から友人が「坦々麺食べる!」と言っていたので、そりゃ坦々麺の口ですよね…。

というわけで、まずはミニサラダが出てきたあと…

「ドーン!」かなりボリューミー!麺に御飯って高校生並み!

「ねえ、麺に御飯ってこれいる~?」なんて話していた私たちですが、この坦々麺!結構辛いです…。

まずはスープを一口…口に入れただけならそれほど、でも喉元を通る時に「ご、ごほごほっ!」久しぶりの香辛料に私の喉も驚きを隠せません(笑)

急いで御飯をかきこむ私…
「御飯…あって良かった。」

そんなこんなで、時々ご飯と中和させながらいただいた坦々麺でしたが、食べれば食べるほど癖になるのが香辛料の料理。最後はこの辛さにも慣れて、スープを飲みながら麺をすするという普通のラーメンの感覚に…。

小鉢にはエビ団子、ザーサイ、ホタテの冷菜、鶏肉の甘煮、がついてきました。とてもボリューミーでしたが、坦々麺の辛さが食欲をそそるので、時間をかけながらも全て堪能することができました。

食後は杏仁豆腐でお口をリセット

坦々麺ですっかり汗だくな私たち…。

暑さと香辛料で口の中は段々ヒリヒリ…(もちろん嫌~なヒリヒリではありませんが。)そんな口を食後は杏仁豆腐でまったりと…。私、杏仁豆腐って実はそれほど好きではないのですが、こちらのお店の杏仁豆腐はクリーミーで美味しくいただくことができました。

ミディアムランチも美味しそう

ちょっと香辛料は控えめで行きたい友人は「ミディアムランチ」をセレクトしていました。蒸し鶏に四川ソースをかけたメニューを食べていました。蒸し鶏は柔らかく、辛いソースが控えめですがとてもマッチしていて美味しかったです。デザートは同じく杏仁豆腐でした。

オードブルもオーダー可能

とても美味しかった四川料理ですが、御影店の他に岡本店もあるようで、そちらではオードブルもオーダー可能だそうです。

画像の右側にあります12品の内の6品を選んでオーダー可能です。

容器の返却不要で、料理内容も相談に乗っていただけるということで、突然の来客などの際に重宝しそうですね。1皿5人から6人前といとこで、白米だけ用意しておけば楽しい中華パーティーもできそうです。

おまけ…店内ではこんな食べ方も!

ランチでは麺セットとミディアムランチを頼んだ私たちですが、となりの席の4人の奥様方は、「セレクトランチ」をそれぞれ違うメインメニューでオーダー。そしてそのメインメニューをみんなが真ん中に並べシェアしながら食べていました。

友人がそれをしっかりとチェックしていたようで、さすがグルメな友人見ているところが違うな…と思いながら「次はあの食べ方をしてみんなでいろんなメニュー制覇して食べたいね!」と早くもリピーターになりそうな予感です。

最後に

ここまで先日ランチを楽しんだ中華の「四川」神戸御影店のご紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか。早くも中華の口になってきてしまいそうです

中華と言えば、お店によって本当に香辛料の種類も使う量も本格的なところから日本人の口に合わせたところもあり、失敗もあったりしますよね。こちらの「四川」は友人の勧めで足を運ばせてもらったので美味しいのは元々わかっていましたが、小雨降る中開店前から多くの人が並んでいたことが納得できるお味でした。

自宅最寄り駅の阪急夙川駅から乗っても御影にはすぐつきますし、駅を降りてからも比較的閑静な町並みで行きやすいお店だったので、お近くにお住まいの方も、少し電車を乗り継いでランチを楽しみたい方にもおすすめのお店です。

本場の四川料理を楽しみたい方は是非足を運んで見てくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。