岡田准一は性格やバラエティー性もピカイチ!

岡田准一さんと言えばV6での知名度はもちろん、俳優としても数々の映画、ドラマに出演されています。俳優としては第38回最優秀主演男優賞「永遠の0」、最優秀助演男優賞「蜩ノ記」、第40回優秀主演男優賞「海賊とよばれた男」を受賞するなど、その活躍ぶりには目を見張るものがあります。

さて、そんな岡田准一さんを私が好きになったきっかけは2015年10月に、「図書館戦争」第二作目となる「図書館戦争 THE LAST MISSION」公開を前にテレビで再放送された、

「図書館戦争 LIBRARY WARS」と「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」からです。

それまでも岡田准一さんと言えばV6の中で顔が濃い人…という認識はあったのですが、特に興味もなく過ごしていました。しかし、こちらの映画を見てから、どうしようもなく「岡田准一」という人が気になり、「図書館戦争 THE LAST MISSION」に至っては、映画を劇場に2回観に行き、DVDもプレミアムBOXで購入、単行本もすべて読みました。

岡田准一さんとの出会いは特に私も結婚してからなので、「顔が良い」とか、「歌が上手い」とかそういうレベルで好きになったわけではなく、「演技の良さ」「芝居への情熱」「ストイックさ」、また、そんなストイックとは裏腹に「恥ずかしがり屋でラブシーンはちょっとNG…」というそのギャップにもやられました。

今回はそんな岡田准一さんの性格をより深く、そしてバラエティーの才能についても、少し触れてみたいと思います。これを読むと今まで気にしていなかった岡田准一さんをちょっと好きになってしまうかもしれません。

岡田准一さんのプロフィール

岡田准一さんのプロフィールですが、1980年11月18日生まれで大阪府枚方市出身。

169センチのB型。ご存知の通りジャニーズ事務所所属です。

ここで着目して欲しいのは岡田さんの血液型がB型であること!血液型で性格を決めるというのはナンセンスですが、B型の人の捉えどころのなさといったら…。結構経験のある方いらっしゃるのではないでしょうか。

実は私の主人もB型ですが、やっぱりB型ってちょっと人と感じ方が違うというか、なかなか面白い強烈キャラが多いです。まさかの岡田准一さんもB型ということですが、一見そんな風に見えないというのが私の正直な感想です。

また、出身が大阪府枚方市というのもかなり有名ですよね。なぜなら関西で岡田准一さんは「ひらパー兄さん」として有名だからです。「ひらパー兄さん」とは枚方パークのシンボル的な存在。いたるところに「ひらパー兄さん」がいます。

また、ご実家でお母様はピアノの先生をしておられ、岡田准一さん自身もかなりの腕前です。

これほどまでに知名度のある岡田准一さんですが、「ひらパー兄さん」として自分の出演した映画と枚方パークをギャグで融合させるなど、心の広い俳優さんなのです。

「図書館戦争」の公開が近づいた時も、枚方パークを合わせて宣伝する為、「図書パー兄さん」だの「図書パー戦争」だのバラエティー番組でふんだんに発言していました。

岡田准一さんはジャニーズ事務所に所属していますが、その経緯としては、「天才、たけしの元気が出るテレビ」というバラエティー番組の「ジャニーズ予備校」というコーナーで合格し、デビューしたところから始まります。

元々すごく気弱な岡田准一さん。小学生の頃は出席番号で名前を呼ばれると緊張のあまり戻してしまうぐらいの神経質なお子さんだったそうですが、ジャニーズデビューし、今や日本を代表する俳優に転身していくなんて、本人はもちろん、本当に人生何があるかわかりません。

岡田准一さんの特技

岡田准一さんの特技と言えば「格闘技」です。
※カリ
※ジークンドー
※USA修斗

という格闘技でインストラクターの資格を所有されているそうです。

人間の身体をよく知らないとこれらの技をお芝居で使うこともできないでしょうし、岡田准一さんの指導を受けるジャニーズメンバーもいるようです。昔の写真を見る限り岡田准一さんは元々小柄で細身でしたが、この格闘技で有名になって以降、かなりパンプアップし、服のサイズもUPしたそうです。

こちらは2013年公開の「図書館戦争」での岡田准一さん

そしてこちらは2015年公開の「図書館戦争 THE LAST MISSION」での岡田准一さんです。

顔つきの違いから、体格も相当パンプアップされていることが想像できると思います。この時は大河等での役柄で体重もアップさせていたようですが、それにしてもあの小柄で細身の岡田准一さんがここまでになろうとは…誰が想像できたでしょうか。

また、お芝居ではスタントマンを使うのが嫌いだそうで、かなり危険なアクションも全部自分でこなしてしまうくらいだそうで、そんな体当たりな俳優さんは見たことがないと芸能界では有名らしいです。

岡田准一さんが愛される訳

ジャニーズであり、日本を代表する俳優でもある岡田准一さんが愛されるその訳とは一体何なのでしょうか。

私はつい2年前、「図書館戦争」から岡田准一さんを注目し始めたのですが、番宣等でテレビに出演される岡田准一さんを見ているだけで、性格の良さに気づかされることが多々ありました。ここからはそれを元に率直に感じたことについて書いていきたいと思います。

常に冷静!先を見据えて行動

岡田准一さんは、人生について常に先を見ているそうで、○○歳くらいで完成した自分になっていたいという目標を持たれて生きているそうです。若い頃はかなり尖っていたり、仲間を寄せ付けないといういわゆる反抗期もあったそうですが、V6のメンバーに支えられ、自分らしさを確立していった岡田准一さん。

普通ならジャニーズにいられるだけでいいや~なんてなりそうですが、常に先の自分を見据えて生きているその姿は、どっしり構えていてちょっとやそっとでは動かせない力強さを感じます。

バラエティー性も兼ね備えている!

岡田准一さんと言えばジャニーズなのでバラエティー番組や歌番組への出演も多いのですが、やはり大阪出身だからか、つっこみもボケも上手いのです。

番宣でも常に落ちを作ってくれるのは岡田准一さん、というくらい、その静かな眼差しの中にきちんと視聴者や共演者の要求に答えるような切り返しやボケを用意されているのは持って生まれた天性なのか、はたまた経験の賜物なのか…。というくらい痒いところに手が届く俳優さんなのです。

自分へのストイックさがすごい!

格闘家という肩書きもある岡田准一さん。

格闘技への情熱も自分の身体への探究心もとにかくストイック。日々のトレーニングは欠かしませんし、常に上を目指しているという感じです。

俳優業でももちろんストイックで、20代の頃は感覚を研ぎ澄ますために食事を摂らず、氷砂糖を舐めて挑んでいた日々があったとか…。

「図書館戦争」のDVDでは、特典として、作品を出演者代表としてコメントを入れながら鑑賞、批評するという内容が収録されているのですが、そこでもやはり自分の芝居を客観的に評価し、「もっとこうすればよかった…」とか、「ここはこういうイメージで演じた」等など、ただ単に演じるのではなく、観る側へのパフォーマンス精神やより上手く感情を伝える為の見せ方を日々研究されているという事をひしひしと感じます。

ラブシーンが耐えられない!

俳優さんなので、「ラブシーン」というのは付き物。でも岡田准一さんは、このストイックさや格闘家としての冷静さやどっしり構えた風貌とは裏腹に、ものすごく恥ずかしがり屋でラブシーンが耐えられないそうです。

番宣でもその辺りを共演者からいじられると耳が真っ赤になってしまうほど…。ジャニーズで女性からちやほやされることも多々あったはずなのに、このシャイさ、普段のイメージとのギャップで、好感度が上がるのも無理ありません。

「図書館戦争」の番宣や完成披露試写会等でも、そのシャイさゆえに共演者からいじられることも多々あり、その度に新鮮な照れ方をする岡田准一さんに、共演者一同大爆笑というシーンがかなり出てきます。そんな岡田准一さんの照れる場面も、ファンには見所です。

V6でのポジションが良い

ジャニーズのグループと言えば、女性グループよりはサバサバしているかもしれませんが、関係がこじれるとなかなか修復しにくいものです。SMAP解散もありましたし、V6ってどうなの?という感じですが、これといって悪い噂のようなものは入ってきません。

しかしその一方で、後にも出てきますが、岡田准一さんと宮崎あおいさんの不倫からの熱愛がV6を解散の危機に貶めている…といった報道もあります。

また、井ノ原快彦さんや長野博さんはそれぞれ女優さんとご結婚され、一昨年にはデビュー20周年を迎えたV6、井ノ原さんにおいては情報番組などで活躍。岡田准一さんは突出していてテレビで見ない日はないくらいですが、その辺りで確執のようなものはあったのでしょうか…。

以前まだ岡田准一さんがそれほど俳優としてもアイドル歌手としても伸び悩んでいた頃、V6に対する反抗期があったと明かしていました。三宅健さんや森田剛さんにはアイドルとしての天才的な才能があるのに、自分には何もない…という葛藤の中で、メンバーとの距離や自分のあり方について悩んでいたそうです。

でもそんな岡田准一さんを、V6の末っ子として、メンバーが見捨てず黙って包み込んでくれたそうで、そんな意味で本当に感謝していると感じているそうです。V6の最年少としてデビューした岡田准一さんを、みんな弟のような気持ちでいていたのだと思います。

今やテレビの音楽番組でメドレーなどを披露する際は、岡田准一さんからの激しいボディータッチをメンバーが受け止めるという、コントのような一場面がよく見られますが、その状態がありのままのV6なのだろうと見ていて感じます。

岡田准一さんの恋愛事情

ラブシーンは苦手なシャイで真面目な岡田准一さんですが、その恋愛事情はいかがなものなのでしょうか…。

歴代では優香さんや蒼井優さん、という女性との噂があり、蒼井優さんとは家を購入するまでの関係まで発展していたとか…。結局破局されたそうですが、芸能人の恋愛はそれほど難しいというものなのでしょう…。

そして現在はというと、「宮崎あおい」さんとのスキャンダルをよく耳にします。
宮崎あおいさんと言えば2007年に「高岡蒼甫」さんと結婚していますが、離婚。その際も岡田准一さんとの不倫がささやかれていました。また、不倫温泉旅行等で週刊誌を賑わせたことに関しては、まだ特にファンではなかった頃の私でさえも驚きを隠せませんでした。

その後何度となく「○○には結婚!」という報道が流れますが、未だ結婚には至っていないようです。それもそのはず、ジャニーズがバツイチの女性との再婚を許すのか…という問題も大きいと思います。

ファンからしても、個人的には宮崎あおいさんとの結婚はちょっと…という感じですが、好きならば仕方ないというもの本音です。でも入籍したからと言って何も報告がないとか、そういうことだけは避けて欲しいと思います。

報告や会見がなされたとしてもかなり落ち込むことは間違いないですが、誠実で真面目、また役者としても岡田准一さんは今現在ノリにのっている状態なので、なるべくファンや芸能界の信頼を崩すことなく公にして欲しいと思います。

最後に

ここまで岡田准一さんの魅力について書いてきましたがいかがだったでしょうか。

私自身ファンになるのはとても遅かったので、岡田准一さんの出演作品も全て知っているわけではありません。しかも岡田准一さんの人間性に惹かれた部分が大きいので、友人にも「ちょっと変わっているよね…普通ルックスとかじゃない?」なんて言われます。

でも芸能界でちょっと調子にのってしまったり、ルックスがいいからと現状に満足し努力を怠ったり演技や芝居の力を抜いている人よりも、どんな状況でもストイックに芝居の研究を重ね、なんなら格闘技まで極めているからこそ岡田准一さんは数多くいる芸能人の中でも地位を確立して突出しているのではないかと思います。

そんな魅力あふれる岡田准一さん、特に興味がないという方も、ちょっと気になっていた方も、是非岡田准一さん出演の映画やドラマ、バラエティー等に興味を持ってくださればと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。