ららぽーと甲子園なら大人も子供も楽しめる!

久しぶりのお休み。家族で過ごすならららぽーと甲子園はいかがでしょうか。

西宮にはショッピングできる場所がたくさんありますが、一日中いて飽きないのはやっぱり子供も大人も楽しめるお店や施設があるところですよね。しかも子供はショッピングなんて飽きてしまう…。そんな時にちょっと遊ぶ場所があったりすると助かるものです。

西宮と言えば阪急西宮ガーデンズが有名ですが、阪急ということで、やはりお店の雰囲気的に少しお高いイメージ。子供が楽しめるお店…といえば阪急のボーネルンドの辺りにあるキッズスペースでしょうか。

絵本を読めるスペースもあるのですが、少し狭いですし、はしゃごうと思うとスカイガーデンに移動して噴水や広いスペースで遊ぶか有料の遊具スペースで遊ぶか…。でも天候に左右されるので雨の日や真夏は倒れてしまいます。

そんな子供目線でも楽しめるショッピングモールを探すと、やはりららぽーとに行き着くのではないでしょうか。というわけで、大人目線子供目線に立って、ららぽーと西宮の魅力やショップについてご紹介していきたいと思います。

ららぽーと甲子園へのアクセス

ららぽーと甲子園と言えば西宮のシンボル的存在、全国高校野球が行われる甲子園球場の目の前にあります。

阪神甲子園駅から南にまっすぐ徒歩5分程に位置しています。

高校野球の時はもちろん、阪神タイガース戦がある時も駅は大混雑しますので、電車をご利用の際は往復切符を購入するなどしておいた方が無難です。

ららぽーと甲子園に入っているショップを1部ご紹介

ららぽーと甲子園はショップブランド以外にもイトーヨーカドーも入っているので、なかなか広大なショッピングモールです。

1階と2階とで構成されていて、一周するのにかなり時間がかかります。

そんなららぽーと甲子園ですが、1階には主婦層が好むようなレディースファッション、また30代から40代、主に私たちの主人くらいの年代に支持されそうなメンズファッションが軒を連ねています。

そこで1階で目についた店舗についていくつかご紹介したいと思います。

まず入ってすぐに目が行くのはH&Mです。こちらも家族全員の服が一気に揃いますし、子供のドレス等もお手頃に手に入るので幼稚園のお母さんの間でもよく支持されています。

AMERICAN EAGLEのお店は、主人の年代のパパさんがよく着ているのを目にします。動きやすい服が多く、一点取り入れるととてもカジュアルな印象になります。

次にGAP。H&Mを過ぎてすぐにGAPで攻めてくるところはかなり強気です。

次に目が行ったのは、GLOBALWORKです。比較的どんな年代の方でも買いやすく入りやすいというのが印象です。

GLOBALWORKのほぼ向かいにあるのが、stradivariusです。こちらは少々若い高校生から大学生くらいの客層がターゲットです。アラサーの私たちがギリギリ着られそうな服ももちろんあるのですが、店員さんもお若くて、少々入りづらい印象があります。

こちらはバッグ専門店ですが、若い女性向けでサマンサタバサ等の可愛らしいバッグが好みの方にはハマるかもしれません。サマンサタバサよりはお値段もお手頃かと思います。

そして1階真ん中にはZARAが…。強気です…。

ほぼ向かいには、木下優樹菜さんがプロデュースするファッションブランドAvan Lilyもあります。

こちらのSalut!はキッチン雑貨はじめ、クッションなどのリビング雑貨、またインテリア雑貨があります。こちらのお店、今まで入ったことがなかったのですが、今回初めて入ってみてとても素敵だったので、後ほど詳しくご紹介したいと思います。

また、ここでキッチン雑貨を堪能したあとに

出ましたFranc franc…。先程のsalut!がナチュラル雑貨でとてもお手頃なのに比べ、やはりキッチン雑貨、リビング雑貨、インテリア雑貨の王道は貫禄が違います。

1階のイトーヨーカドーに入る手前を締めくくるのがUNIQLOです。最後にふさわしいのか、とにかくUNIQLOが締めくくっています。

2階のお店もご紹介

先程まで1階のお店をご紹介してきましたが、今度は2階を…。2階は主に先程の主婦が好みそうなファッションブランドはほぼありません。

TAKEO KIKUCHI等の男性ファッションが数店と、靴屋、本屋、楽器屋、駄菓子屋…など、家族の誰かが思い思いに楽しむお店が多いと思います。

下でお母さんが服を選んでいる間に2階でみんな違うお買い物をする…という使い分けが出来そうです。

その中でも一番面倒なお買い物引率者の年齢は小学生低学年ではないでしょうか。特に女子はあれ買ってこれ買って~がうるさい時期です。

そんな小学生を相手する「お父さん」はたまったものではありませんよね。でも可愛い我が子のご機嫌を取りたい…それもよくわかります。そんな救世主にこんなお店があります。

こちらは「Peach Club」というキャラクター雑貨やファンシーグッズのお店です。キャラクターもにハマる幼稚園児から、ヘアアクセサリーやステーショナリーにハマる中学生くらいの女の子にうってつけのお店です。

帽子やストール、ヘアアクセ等は、大人と兼用できるようなサイズもあります。

また、アクセサリーの「Claire’s」もあります。こちらはハロウィン特集など、季節に合わせたキッズ衣装やアクセサリーが豊富です。こちらも帽子やストール、ピアス、イヤリング、ヘアアクセはキッズから大人まで揃っています。

子供がちょっと口淋しいときには、駄菓子屋さんもあり、昔ながらの駄菓子を自分で買い物かごにいれてお買い物できるので、時間つぶしにはもってこいです。

女の子のお店が目に付いたので画像にアップしましたが、男の子に人気の「妖怪ウォッチ ヨロズマート」もあります。妖怪ウォッチグッズをお求めの際はここで揃えるのもありですね。

また、キッズファッションのお店も多くあります。イトーヨーカドーには赤ちゃん本舗も入っているので、お子様の服を買うにも色々な選択肢があってポイントが高いです。

キッズパークも充実

阪急西宮ガーデンズのキッズスペースはちょっと手狭でしたが、ららぽーと甲子園のキッズスペースは選択肢があります。

まずは「ららキッズパーク」

年齢別に遊べるエリアが分かれており、育児に不慣れなお父さんでも安心して見る事ができます。授乳室やキッズトイレ、オムツ替えスペースもあります。

また、ららぽーとを出ると、人工芝に遊具が設置されており、遊べる噴水もあります。昨年7歳と4歳の兄妹をここで遊ばせましたが、知らない子と友達になって1時間近く遊んでいました。店内に飽きたりお天気のいい日にはここで時間を潰すのもいいですね。

キッザニアを利用する手もあり

ららぽーと甲子園には、キッザニアもあります。

大人も入場料がいるので、お父さんにキッザニアを担当してもらい、お母さんはその間ショッピング…という手もあります。そう考えるとららぽーと甲子園は本当に家族全員が楽しめるというのも納得いきます。

フードコートやレストラン

ららぽーと甲子園にはフードコートがあります。フードコートは赤ちゃんを寝かせながら食べられる小上がり席がいくつか設けられています。抱っこしながら食べるのは危険ですし、お母さんへの配慮は嬉しいですね。

また、レストラン街もあります。

フードスタジアム」という事で、フードコートのガチャガチャしたセルフサービスのお店ではなく、ゆっくりくつろいで…という時は、こちらのお店をチェックしてみるといいですね。

また、1階には

「クリスピークリームドーナツ」や

「GODIVA」のお店もありました。
また、パンケーキのお店やサンマルクも入っています。

小腹が空いた時のいい味方になってくれそうです。

キッチン&インテリア雑貨「salut!」

先程ご紹介した「salut!」というキッチン雑貨やインテリア雑貨が豊富なお店ですが、気になったので初めて入ってみました。

まず目を引いたのが

キキララグッズの数々です。このフリルの感じ、幅広い年齢の女の子にはたまらなく可愛いと思います。自分の部屋に置きたいな~という気持ちにさせられます。1000円以内で購入できます。

また、流行りのウッディーなお皿。

どことなくアルプスの少女ハイジを彷彿とさせるこのウッディーなキッチン雑貨もお手頃価格です。

キキララは乙女チックでしたが、こちらはジェラートピケのパジャマに似合いそうなシンプルだけど女性らしい肌触り抜群のクッション枕です。上の段のクッションは、クロワッサンやバゲットの形をしたクッションです。

これからの季節に向けてストールやマフラー、スヌードといったアイテムも種類豊富でお手頃に購入できます。

そしてアクセサリーまで。

こちらのアクセサリー、私にはドンピシャなものばかりで、大振りのものもあれば華奢なものまであり、少し変わった凝ったデザインのものが多く、大半は490円で購入できるようです。ピアス、イヤリング、指輪、時計、ネックレス、ブレスレット以外にもヘアアクセサリーも豊富に取り揃えられています。

しかしイヤリングは少なめだったので購入できませんでした。

この他ハロウィングッズ等もちょっと他とは違うものが置いてあったり、ガーデングッズなんかも置いてありました。木材などを使ったナチュラル雑貨が多く、しかもお手頃価格なので、家の雰囲気を変えたいという方にはピッタリのお店かと思います。

最後に

ここまでららぽーと甲子園の魅力やお店についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ららぽーと甲子園の客層はファミリーが本当に多いです。キッザニアがあるというのも大きな要因ですが、子供に優しいサービスやお店も豊富ですし、通路も広く、子供が楽しめるようなお店やキッズパークもあるので、時間を持て余すことがないのが嬉しいですね。

子持ちのお母さんが週末ららぽーとに家族連れでよく行くというのも納得できます。阪急西宮ガーデンズだとちょっとセレブ感を感じてしまう私ですが、ららぽーとは同世代で同じくらいの生活スタイルの方が多いと感じるので安心してショッピングを楽しむことができます。

みなさんも週末の過ごされ方を迷った際は是非ららぽーと甲子園に足を運んでみてくださいね!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。