子供の絵は才能?教え方次第で上達可能

秋が深まってきました。秋といえば芸術の秋ですよね。
芸術の秋と言えば小学校や幼稚園では作品展というものがあると思います。

うちの幼稚園は、毎年11月に秋のお山で拾ってきた葉っぱやどんぐりを使った子供の作品や、春から温めてきた絵画等を親子で鑑賞する会があります。また小学校は2年に1度作品展があります。

そんな中で、我が子の作品…決して上手下手で見たり、人と比較してどうとかは言わないで本人の頑張りを褒める…というのは暗黙の了解で当然なのですが、どうしても理解できない作品や2、3歳くらいの子が描いた絵かしら?なんてものもありますよね。

そんな時、本人にズバリは言えないし、なら絵画教室に通うか?と言われれば別にそこまでは…という感じでさらっと流れてしまいがちですよね。

芸術家になりたいわけじゃないし、図工の成績なんて作品出してればそれでいいわ~、という方がほとんどだと思います。

かといってそのままでいいのでしょうか。
ちょっとだけコツを教えてあげれば子供はグーンと上手になります。

うちの子も2歳くらいから鉛筆を持ち出し、いつしか○が描けるようになり、なんとな~く目や鼻がわかるようになって…。そんな我が子も現在5歳の年中さん、親バカではありますが今ではクラス1上手な絵を描いているのではないかと思うほど上手になりました。

元々絵が好きではあった娘。

色々な変遷や時には子供なりにスランプもあるようでしたが、その変化も面白く捉えて来ました。私自身、図工の先生でも絵画の先生でもありませんが、絵を描くのが好きな一人として娘と向き合い、一緒にお絵かきを楽しんでいる中で、ちょっと教えると劇的に上手になるコツについて今回書いて行きたいと思います。

娘のお絵かきは2歳頃から

上に兄がいる娘は、比較的早くからクレヨンを手にしていたと思います。時にはボールペンを持っていることもありましたし、何をするにも兄の真似っ子をしていました。

そんな娘ですが、実は生まれつき左利きで、鉛筆やクレヨンも左の方がしっくり来る感じでした。それが分かっていたので物心つく前から右利きに矯正してきました。嫌がったら左利きでもいいやくらいの感覚でしたが、嫌がる素振りもなく、何回も左手に持ち替えていましたが、その都度右にさせてきました。

それが良いか悪いかは賛否あるかと思いますが、鉛筆、ハサミ、お箸以外に関してはどちらでも使いやすい方で…としています。

比較的早くから右利きに矯正してきたので鉛筆やクレヨンをまともに持つ3歳には、すっかり右利きで定着した娘。それでも2歳くらいの時は、○の中に点をかいた単純な顔しかかけませんでしたし、顔から手足が飛び出た「かびるんるん」のような絵がほとんどでした。

でもこのままでは勿体無い!と思った私。
幼稚園に入ってからちょっとだけアドバイスしてみました。

人間の身体の形を教える

もちろん「かびるんるん」も可愛いのですが、いつまでもそれでは成長しません。まずは人間の身体の形について教えてみました。

簡単なシルエットでいいのですが、まずは顔から首が出ていてね、手(腕)があって、胴がって、足が生えているんだよ。これだけで娘は飛躍的に上手になりました。

もちろん口でいうだけでなく、紙に描いてあげます。最初はあくまで簡単に…。

そしてお顔のパーツ、手や足は五本の指が先にあるんだということを教えて行きます(ここまでは描けなくてOKなので、手も○で描いておきます)。鏡を見ながらでもいいですし、お母さんの身体を使ってもいいです。

よく見て確認しながら教えて行くことが大切です。

ここまできたら大分人間らしくなったことがお分かりいただけると思います。

棒だった身体に肉をつけることを教える

一番最初は棒だった身体。最初は○と線をだけでも描くのは大変ですが、実際いつまでも棒人間では困ります。なので、棒人間が書けるようになったら身体には肉がついていることを教えて行きます。

髪の毛、指、洋服、靴も徐々に増やしていく

棒人間から肉付きのある人間に変化したら、次は髪の毛、指、洋服、靴も教えて行きます。自分がモデルになってもいいですし、写真を見たりして書くのもありです。つまり写生するように想像ではなく本物を見る事が大切です。

身体の動きを理解させる

ついついやってしまいがちな棒立ち人間。でもせっかくなら生き生きと躍動感のある絵を描いて欲しい!

という訳で、今度は関節等について教えて行きます。

腕には真ん中に肘があって、肘を曲げるとお顔の横でピースもできるし、御飯も食べられるよ~。足も真ん中に膝があるから歩けるし、しゃがめるし、座れるし、走れるんだよ~。と、実際にやってみてそれを書かせるのもわかり易い教え方です。

これで躍動感のある絵を描くことができますし、今度は縄跳びさせてみようとか、走らせてみようといった想像も膨らみます。

イラスト画像も大まかなシルエットを捉えるには便利!

人間の絵は描けるようになっても、動物や果物、乗り物の絵って意外に難しいですよね。私もこの歳になって急に描いてとせがまれても、上手くかけません。特にキリンとか、ヤギとか、わかっているようで上手く描けないのです。

もちろん上手く本格的に描きたいなら果物なら買ってきて実物を見て描いてみたり、動物園に行って写生するという手もありますが、動物園までなるとなかなかそんな時間も持てません。

そんな時はイラスト集を買ったり、ネットで描きたい動物や果物、乗り物等のイラストを検索すると、簡単に特徴を捉えた画像が出てきます。それらを利用して、子供に教えるのも一つの手として使えます。※注…下の絵は私作です。

こんなイラストをお手本でささっと描いてあげると、子供もわかりやすく真似しやすいです。

塗り絵をするとポーズも覚えられる!

せっかく描いた絵、もっと綺麗に見せたいなら色を塗るという次のステップを踏みますよね。でもこの塗るという行為も子供にはハードルが高いものです。

まず線の中を上手に塗ることが出来ません。

はみ出てしまうのです。なぞってから塗ると塗りやすいよ~と教えても、なぞるのがこれまた難しい…。そして色彩もむちゃくちゃだったりもします。

最初は顔も変な色だったり、全部1色で塗ってしまったりと、せっかく描いた絵がおかしなことになるのですが、自分で描いた絵って上手く塗れないとものすごく不機嫌になって「もう1回最初から!!」なんてことになりかねないですよね。

そんなことにならないように、100円均一や、本屋さんで購入できる塗り絵の絵本を購入するのも一つの手です。

娘はプリキュアが大好きなので、プリキュアの塗り絵で練習しました。塗り絵は暇つぶしにも良いアイテムですし、年齢が上がるに連れて上手に塗れるコツを覚え、この色のお洋服には何色の靴がいいかな…等、だんだん色の組み合わせまで考えるようになってきます。

また、知らず知らずのうちに絵のポーズの研究もし、自分の絵に活かそうとするので、そうなると世界が広がり、絵もますます楽しくなってきます。

↑3~4歳頃の塗り絵(髪の色も服の色も同じ色だった)

↑4~5歳頃の塗り絵(部分によって色を変えるように)

とにかく「好き!」が上手になるコツ

絵画は趣味とも言える分野なので、興味があって時間を忘れるほど描いているとどんどん上達もします。勉強ほど教えるのに苦労することのない絵画ですが、それでもなかなか上手にかけなかったりして本人がイライラしていると、こちらにまでその矛先が向くこともありますよね。

そうなると「別に強制してるわけじゃないから描かなくてもいいのに…」とも思ってしまいます。

娘も小さいながらスランプがあるようで、目に見えて「あれ、なんか下手になってない?」

と思う時期もあります。本人自身が気づいていない時もありますし、本人曰くその書き方がマイブームなんだ!という時もあるようです。

そんな時、ある程度の期間私は何も言わないようにしています。なぜならあまり聞き出したり咎めたりすると、「好き!」という気持ちに蓋をしてしまう事に繋がりかねないからです。

またもう一つの理由として、しばらくするとまた元の絵に戻ってくることがあり、しかもさらに上達している時もあるからです。そもそも絵画にルールはありませんし、大人と違った角度で見るとそう見える時もあるのかもしれません。

この子なりに色々な寄り道をして自分なりの絵を研究しているのだな~と捉えるようにしています。

今現在の絵…5歳4ヶ月


まだ色を塗れていない途中段階ですが、こちらは将来の自分の家族の絵だそうです。雨の中子供の手を引きながらベビーカーを押している自分、その自分に傘をさしている旦那さん…というシチュエーションだそうです。

よく見るとヒールを履いていたり、メガネをかけていたり、子供の手や傘を持つ旦那さんの腕は関節もしっかり描いてあります。ベビーカーも自分なりに考えて何となく立体的に描けているように見える仕上がりです。親バカですがこういう絵を見ると不思議ととても温かい気持ちになります。

最後に

ここまで絵の上達に向けて親がしてあげられる簡単なコツを、私なりの経験で書いてきました。

絵は気持ちを表すものであると同時に、本当にお絵かきが大好きな子にとってその時間は無心になれるものだと思います。私自身も絵が大好きだったので、気づけば2時間くらい絵を描いていたときもあります。紙と鉛筆だけで世界が広がるなんて、とても素晴らしいことです。

私自身絵が大好きだから出来たら子供にも…と欲張った気持ちもありますが、みなさんも「お勉強が出来たらいいのに…」と思うのと同じで、「絵も上手だったらな~」と少なからず思われると思います。

ご自身の絵に自信がなくても、子供が自分の描いた絵を見せに来たときに、「はいはい」と済ませるだけでなく、「笑顔が上手!」とか、「手を繋いでいるところが細かくてすごいね!よく見てるね!」など声をかけてあげると、それだけで子供はもっと色々な絵にチャレンジしていきたいという前向きな気持ちになると思います。

皆さんも、うちの子の絵は大丈夫かしら…と不安になったり、もう少しステップアップさせてあげたいと思った時は、色々とヒントを出してあげながら親子で楽しく絵画の世界を広げてみてはいかがでしょうか。