するるのおめぐ実の効果&レビュー|口コミでも話題!検証しました

寒くなってくると、むくみませんか?

私は秋、肌寒くなるころから、朝起きた時点で痛いくらい足がむくんでいます。

夏と同じように水分摂取をしているのに、夏ほど汗をかかないし、寒いので身体が縮こまりがちで血行もリンパもめぐりが悪くなっていて…結果的に、余分な水分が身体にたまってしまっているようです。

そんな全力でむくんでいる足がこちら。

もともと太いのに、むくみでさらにぱんぱん、隙間がほとんど見当たりません。

でも、これが…
こうなりました。

太ももと、膝のあたり、すっきりしたと思いませんか?

全体がこちらです。

ビフォー

アフター

隙間が全体的に増えました!

これといってダイエットしたわけでもなく、ウォーキングしたり、ヨガをしたりといった運動もしていません。

2週間、毎日し続けたのは、こちら、「するるのおめぐ実」というサプリを飲み続けただけです。(あと、ちょっとだけマッサージはしました)

するるのおめぐ実の購入はこちら

するるのおめぐ実を2ヶ月半飲み続けた結果はコチラへ

実は「むくみ」だった私の太足

するるのおめぐ実を飲み始めたきっかけは、某エステへ体験施術へ行ったことにあります。「足が太くて、なんとかしたいんですよ」と言うと「これ、たぶん水分ですよ。脂肪もまぁありますけど、ほとんど水分、むくみだと思います」とエステティシャンさん。

まさに「…なん…だと…?」状態の私。

これまで私がずっと脂肪だ、セルライトだと思いこんでいたもののほとんどが、余分な水分という衝撃の結果をつきつけられたのです。ちなみに体験エステで、がっつりリンパを流して、ヒートマットで汗を流したら、びっくりするほど細くなりました!(…が、1週間も経たず、元に戻りました…)

毎回エステに行けるだけのお金があればいいんですけど、体験価格くらいしか気前よく払えない我が家の財政状況…、でもむくみは取りたい、そう考えて探したのが、むくみを取ってくれるサプリです。

でも探してみて気付いたのですが、むくみを取るサプリってあんまりないんですよね。似たような感じのはあっても、むくみ対策!と銘打ってるものはほとんどありませんでした。

そんな中、やっと見つけたのが「するるのおめぐ実」でした。

するるのおめぐ実は漢方薬っぽい味

「するるのおめぐ実」は赤ぶどう葉や、とうもろこしのヒゲなど、天然成分で、原産地にもこだわって作られているらしく、得体の知れないものを飲みたくない私は、原材料が明瞭ということが気に入って買ってみることにしたのです。

届いた「するるのおめぐ実」がこちら。

するるのおめぐ実の中身がこちら

するるのおめぐ実を開けてびっくり、見た目が地味&めっちゃ苦いニオイがする~…。

これは絶対口のなかが苦くなるやつだ、飲み続けたくなくなるやつだ…と思いながら、とりあえず飲んでみることにしました。でも、するるのおめぐ実を飲んでみると全然苦味がなく、するっと飲むことができました。

あとからニオイや苦味があがってくるようなこともなく「な~んだ、これなら平気だわ」という感想。

で、やめておけばいいのに「なめたらどうなるの?」を試してみたんです。するるのおめぐ実を口にそのまま入れて、すぐ後悔しました。

何とも言えない、苦さではない謎の土っぽい味…。

するるのおめぐ実はそのまま口に入れると最初は「無味?いけるかな」と思いますが、すぐにじわじわ溶けて、なんとも言えない漢方っぽく、土っぽく、粉っぽい味になります。

なので、いくら水がないところでも、するるのおめぐ実をそのまま食べるのはオススメしません。あと、するるのおめぐ実は、めっちゃ固くて全然噛めないし溶けないので、口の中が大変なことになります。

試しに濡らして、爪先でするるのおめぐ実を割ってみようとしてみましたが、思いっきり力を入れても爪が食い込む程度で全然割れませんでした。

白湯でも溶けない「するるのおめぐ実」

噛めないほど固いって、胃の中でちゃんと溶けてるのかしらと不安になり、するるのおめぐ実を熱めの白湯に入れてみました。これで溶けなかったら相当固いってことだぞ…と思って様子を見ていると、入れてすぐ、ぽこぽこと泡がでてきて、白湯が浸透していくのが分かりました。

よしよし、溶けてるな~と思って見ていたら…5分経っても、10分経っても、するるのおめぐ実は完全には溶け切りません。じわじわ粉っぽいものが浮いてきて、溶けているのは分かるのですが、それでも思っていたほど早く溶けませんでした。

飲んでみて「あちち」となる程度の白湯でやってもこの溶け具合ですから、胃で溶けるスピードもかなりゆっくりなのではないでしょうか。するるのおめぐ実の一日の目安は2~3粒ということですが、一気に2~3粒飲むより、何回かに分けて飲んだほうが確実に溶けて吸収されそう、そんな気がしました。

するるのおめぐ実を飲むタイミングはとくに決まっておらず、食前でも食後でも、朝でも夜でもいつでもいいようです。固くて少々のことでは割れないサプリですから、するるのおめぐ実をピルケースに入れて持ち歩いて、職場など、外で飲んでもよさそうですね。

するるのおめぐ実で身体の変化


するるのおめぐ実、飲み始めて感じたのが、トイレに行く頻度が増えたということ。最初、お茶飲み過ぎたからかな、なんて思っていたんですね。でも、普段は午前中1~2回程度なのに、するるのおめぐ実を飲み始めてわずか2日で、午前中のトイレが3~4回に増えました。

最初「もしかして膀胱炎?でも、痛くないし…」と不安になったほど、日中のトイレの回数が増えたのです。

するるのおめぐ実を飲んですぐ行きたくなるというわけではないので、夜、夕飯後にするるのおめぐ実を飲んでから寝ていましたが、夜中にトイレで目覚めるということはありませんでした。(が、早朝トイレに行きたくなって起きることもありましたので、この寒い時期にトイレなんて行きたくないという方は、飲む量を調整するか、飲むタイミングを考えたほうがいいかもしれません…)

あと、なんとなくですが凝っていた肩が軽くなったような気もします。

肩ですから、むくみ云々より、排尿回数が増えることにより、どんどん老廃物が出て行って軽くなったという感じです。私は毎年寒くなると背中や肩がガチガチになって、姿勢まで悪くなってしまうので、肩が軽くて背中がしゃんと伸びるというのは嬉しい変化でした。

するるのおめぐ実を飲んでいて、とくに気分が悪くなるとか、だるくなるといったマイナスの変化はありませんでした。

するるのおめぐ実の評判や最安値へ

「するるのおめぐ実」とは?

冬になると、だんだん手先や足が冷えてきて、まともに動かせないほど、というひとも少なくないのではないでしょうか。冬に限らず手先や足先が冷える原因はさまざまあります。

自律神経の乱れや、ホルモンの乱れ、そのほか筋肉量の不足や、血液循環の悪化などがあげられます。

とくに手指や足先が冷える場合は、血液循環の悪化が原因であることが多く、血の流れを良くすることで冷えが劇的に改善されることもあります。

血液循環を良くして、冷えを改善するためにおすすめなのが「するるのおめぐ実」というサプリメントです。するるのおめぐ実は、もともと体内のリンパや水分の流れをよくして、ぱんぱんになったむくみを改善するために作られたものです。

それがどう冷えと関係するのか?
じつは、冷えの原因はむくみであることが多いのです。

余分な水分でぱんぱんになってしまった皮膚は、血液の流れをさまたげ、血液を末端まで行きわたらせなくなります。これにより、指先や足先に血液が届かなくなり、冷えに繋がってしまうのです。

するるのおめぐ実には、血液の流れをよくする赤ぶどう葉(ポリフェノール)や、リンパや水分の流れをよくする明日葉(カルコン)、余分な水分を排出するとうもろこしのひげ(コーンシルク)といった、天然の身体にいい成分がたっぷり配合されています。

するるのおめぐ実を毎日飲むことで、血液の循環がよくなり、むくみが取れ、それにより冷えも改善されるというわけです。

これらの成分のほか、するるのおめぐ実は乳酸菌も配合されているので、お腹にもよく、お通じ改善にも一役買ってくれます。余計な添加物は配合されておらず、昔から日本人が口にしてきたものだけで作られているするるのおめぐ実ですから、安心安全、毎日飲んでも身体に負担がなく、続けやすいサプリメントです。