コウノドリ7話ネタバレ感想!子宮腺筋症と診断された小松さん

主婦層から圧倒的支持を受けているコウノドリ。2期ももう7話目となりました。

しょっぱなから産後うつで自殺未遂や、死産、母体死亡…なかなかヘビーな話が続いたコウノドリですが、7話はメインキャストである吉田羊さん演じる小松留美子が「子宮内膜症による子宮腺筋症」と「卵巣チョコレートのう胞」と診断されてしまいます。

全摘出をするか、ホルモン治療にするか、選択を迫られる小松さん。はたして彼女の決断とは…!?

そもそも子宮腺筋症、卵巣チョコレートのう胞とは?

子宮は赤ちゃんを育むところ。女性の子宮は生理周期にあわせて、子宮内膜が厚くなり、妊娠しなければはがれ落ち、経血とともに流れ出る「月経」を繰り返しています。

この子宮内膜細胞が、なんらかの原因で子宮筋層に入りこみ増えて、子宮筋層が厚くなる病気を子宮腺筋症と言います。

卵巣チョコレートのう胞は、卵巣内部にできる子宮内膜症のことで、卵巣のなかの袋に経穴や子宮内膜などがたまっていってしまう病気です。

ホルモン療法も可能な病気ですが、ドラマ内では、小松さんの子宮の大きさはすでに10cmまで腫れており、ホルモン療法をはじめたとしても、やめればすぐに再発する可能性が高い、そしてなにより、放っておけば卵巣ガンになる可能性もある…ということで、綾野剛さん演じる鴻鳥サクラ先生は、小松さんに手術による治療、つまり「子宮の全摘出」を提案するのでした。

小松さんの葛藤、子供を産む人生、産まない人生

今回小松さんは、子宮を全摘出することにより、「自分の子を持つ」という人生の選択肢がなくなる、ということで葛藤していました。

「子供を産んでお母さんになる人生、子供を産まずにお母さんにならない人生」…これって子宮摘出云々だけの話にとどまらず、未婚・独身の方や、なかなか子供が出来ない方、同性のパートナーを伴侶として選ばれた方など、さまざまなひとの心に響く葛藤なのではないでしょうか。

人生に正解なんてありませんし、子供がいるから優れている、成功しているというわけではありません。

子供を産まない人生、結婚しない人生を自分で選んで歩むひともたくさんいます。どの人生も、どの選択も、誰かによって否定されたり、誰かと比べて劣っているなんてことはないのです。

自分の人生は自分で決めればいいのですし、なにが幸せか、どんな生き方をしたいかは自分で決めればいいのです。

でも、やはり人間ですから、ひとと関わることなしに生きていくことはできません。

関わるなかで、まわりと自分を比べたり、不安になってしまったり、「本当にこれでよかったのかな」と、たとえどうしようもない不可抗力なことであっても、悔いたり、逆に自分がもっていないものを持っている周りを責めたりしてしまうものなんですよね。

小松さんの決断

小松さんは子宮全摘出を選びます。

最後に同僚でもあり友達でもある向井さんを前に「私は一人じゃない」「支えてくれる仲間がいる」「心強いよ、仲間っていいよね」と、笑顔で、でも目に涙をうかべて語りますが…。

そう言いながらも小松さんは絶対、できることなら子宮を取りたくなかったし、子供を持つ人生をあきらめたくなかったし、目の前にいる子持ちママである向井さんを羨む心もあっただろうな、それでも笑顔で話すんだなと思うと、泣けました。

コウノドリは毎度、世の中にはいろんな女性がいて、それぞれ悩みを持っていて、それでも生きているんだなと、考えさせられ、そしてどこかで励まされるドラマです。

次回コウノドリ8話…シノリンどうなる?!

さて、小松さんも無事復帰した聖ペルソナ総合医療センター産婦人科ですが、シノリンこと星野源さん演じる四宮先生になにやら不穏(?!)な動きが…!?引き抜きか?!

シノリンいなくなったらドラマ視聴率激落ちしちゃうよ大丈夫!?

あと、いつの間にやら新生児科の白川先生(坂口健太郎)が天狗になっちゃってます。人間調子に乗ってるとろくでもない結果しか引き起こさないんですよねー…。

下屋先生(松岡茉優)も、前回妊婦さん亡くなったことで自分の非力さを知り、より強くなるために…って流れでしたが、できれば白川先生はだれかの死によって大切なことに気付く…という流れはやめて欲しいです。

だって白川先生のいるとこNICUですよ、赤ちゃん死ぬのなんてたとえドラマの中の話であってもつらすぎます…。

雲行き怪しい感じですが、次回もドラマ「コウノドリ」楽しみです!