大阪市城東区!子連れランチできる人気のお店

大阪城の東に位置する、その名も城東(じょうとう)区。

私鉄、JR、地下鉄、さまざまな路線の駅があり、市バスも縦横無尽に走っていることから、近年どんどん人口が増えています。

そんな城東区は、子育て施設も充実しており、あちこちに幼稚園や保育園があります。小学校はクラスが増えるにとどまらず、分校が増設されるほど、子供の数も増えている地域でもあります。

子持ち主婦の多い城東区だからこそ「ママ友とランチしたい、できれば子供も入りやすいお店で」という方、多いのではないでしょうか。

そこで、大阪市城東区で、子連れランチしやすいお店をご紹介します。

ちいさなお子さんを連れて行きやすいお店ばかりなので、ぜひママ会や幼稚園お迎えまでのお茶なんかに利用してみてください。

ハンバーグのお店「ボストン」

蒲生四丁目交差点、三井住友銀行がある角を、南に1分ほど歩いたところにあるのがハンバーグのお店ボストンです。ボストンはもともと昭和町からはじまったお店で、2017年8月現在、大阪に9店舗あります。

蒲生店は古民家のような建物で、あたたかい雰囲気が特徴です。

間口がちょっと狭いので「席もあんまりないのかな?」と思いがちですが、実はボストン、2階もあります。2階は広々としていて、平日の正午前ならあまりひとがいないので、子連れでものんびりご飯を食べることができます。

ジューシーなハンバーグはふわふわで子供でも食べやすく、種類が豊富!チーズハンバーグや、てりたまハンバーグなどはうちの子供も大好きで、行くたび「今日は何にしようかな~」とメニューとにらめっこして悩んでいます。

ハンバーグのほか、えびフライやソーセージなどもあるので、ちいさいお子さんにも取り分けやすいですよ。

ボストンのいいところは、ランチメニューはライスおかわり無料ということ。

子供が1~2歳で小さかったころは、子供のために1プレート頼むと余りますし、私はそんなに食べないタイプなので、大人だけランチメニューを頼んで、子供に取り分けて、足りなければごはんをおかわりしていました。

お店のひとも「お子さんのとりわけお皿もってきますね」「ごはんのおかわりはよろしかったですか?」とにこやかに対応してくれましたし、子供のぶんも一皿頼んでくださいなんて言われることは一切ありませんでしたから、ぜひランチのおかわり自由を活用してみてください。

ボストンの近所には銀行やスーパーなどの商業施設が多く、人通りも多い場所なので、正午をこえるとすこしずつ混雑しはじめます。待たずに食べたいという方は、なるべく早めに行ったほうがいいでしょう。

ちなみにボストン、駐輪場的なものがありません。

自転車で行くと、目の前の路上に停めることになりますから、できるだけ歩行者の邪魔にならないよう、道に沿うように停めておいた方がいいです。以前、帰ろうとした時、風にあおられたか、自転車にぶつかられたかわかりませんが、停めてあった自転車がドミノ倒しになっていたことがありました…。

子供乗せ自転車はとくにかさ張りますし、倒れてしまうと起こすのも一苦労かと思いますので、停め方は注意しましょう。

もしボストンが混んでいて入れない場合でも、目の前にはガストがありますし、蒲生四丁目交差点にはロイヤルホストやサイゼリヤ、モスバーガーがあるので、蒲生四丁目付近で子連れランチに苦労することはありませんよ。

おむつ替え台完備!食堂カフェ「potto関目店」

2017年冬にできたばかりの新しいお店、potto。
場所は国道一号線沿い、京阪関目駅と、ユニクロの間くらいにあります。

アプロ関目店の斜め向かいの、角のお店です。もともとあったレトロなビルを改装して作られているので、中もレトロおしゃれな感じがします。

1階は芝生っぽいコーナーがあり、切り株に似せたイスもあり、子供が楽しめる作りになっています。お店の端っこにはテレビも設置してあって、子供が好きなアニメ、ひつじのショーンなんかが常時流れています。

トイレも広々、おむつ替え台まであります。床がフラットなのでベビーカーのまま入ることもでき、赤ちゃん連れのママ会はもちろん「ベビーカーで赤ちゃんが寝たので、そのすきにちょっとお茶を…」とひとりで入っている方もたくさん見かけます。

40~60代くらいの年輩のおばさまや、ランチ時にはサラリーマンも見かけるので、幅広い客層が利用しているようです。

パスタやハンバーグランチがあり、チーズケーキやパフェなどスイーツも豊富。お値段はランチプレート1,000円~1,300円と若干高いかな…という気もしますが、子連れで入りやすい雰囲気ですし、お客の回転もスローペースなので、ゆっくり話していても気が引けません。

スイーツ系は150円~500円くらいでリーズナブルなので、ちょっとしたお茶にもおすすめです。

スタッフさんもどちらかというとのんびり穏やかな感じなので、せき立てられることなくゆっくりランチやお茶を楽しむことができますよ。(ときどきのんびりすぎて、料理がなかなか出てこないこともありますが…)

potto関目店は2階もあります。2階はお店の左側にある階段をあがらなければならず、エレベーターはないので、ベビーカーや小さいお子さん連れですとちょっと厳しいかもしれません。1階は混んでいても、2階は空いていることも多いので、大人だけの利用のときは2階がおすすめです。

2階は隠れ家チックで、個室ではありませんが仕切られたスペースもあります。

照明が落ち着いた感じでバー的な雰囲気もあります。夜は22時まで営業しており、お酒のほか400円以下で食べられるおつまみメニューもあるので、ママ友同士の飲み会に利用するのも良いかもしれません。

店内設置のピザ窯で焼いたピザは、お持ち帰りOK!

私はよく、pottoでランチしたあと、子供のおやつにピザのお持ち帰りをしています。あつあつでチーズとろ~りの本格ピザですので、ぜひ一度食べてみてください。

ちなみにpottoは、都島店もあります。都島店のほうは、関目店では扱っていないふわふわ美味しいパンケーキが提供されています。都島店のほうも、子連れにやさしい店舗で広々していますし、子供用の食器も充実しています。

都島店は、ベルファ都島と地下鉄都島駅の間くらいにあります。平日昼間でも比較的空いていますし、子供用のおもちゃや絵本なんかも置いてあるので、子連れランチにぴったりですよ。

「柿もと」昔ながらの定食が評判

がっつり安く食べたいという方におすすめなのが、野江3丁目にある柿もとです。京阪野江駅からJR貨物線路の方向にまっすぐ進み、貨物の線路下をくぐり、しばらく行ったところの角にあります。

地下鉄野江内代駅からは、バーミヤンのある方向へ進み、バーミヤンを左手に野江水神社のほうに直進、神社を超えて次の角で信号を渡り、右に進むと見えてきます。

柿もとはうどんをメインにしている定食屋さんですが、うどんのほか揚げ物やさっぱり系おかず、焼き肉やおさしみ、パスタ系などさまざまな料理があります。ソーセージやフライ、からあげ、うどんがついたお子様ランチもあり、うちの子はこれが大好き。

一品料理もあり、300円台からとお安く、それでいて量もあるので低予算でがっつり食べることができます。

ご夫婦で切り盛りされているお店なので、アットホーム。

くつを脱いであがる座敷もあるので、ちいさいお子さんにもおすすめです。ハロウィンやクリスマスなど、イベントもやっていて、いつも子供にとって楽しいおもてなしをしてくれるので、ママ友同士はもちろんご家族でも行ってみてはいかがでしょうか。

貸し切りや半貸し切りもできます。

ママ会や打ち上げ、クラス会、忘年会などで利用されている方も多いです。飲み放題つきのパーティメニューもあるので、ママ友同士や、お子さんの誕生日会などに利用してみてくださいね。

食べざかりの子がいるなら「かつアンドかつ」

食べても食べてもまだ足りない、そんな食べざかりのお子さんにぴったりなのが、とんかつのお店、かつアンドかつです。かつアンドかつ関目店は、成育5丁目、地下鉄関目高殿駅から関目神社方向に行ったところにあります。

ほぼ関目神社の横あたりですし、大きな看板もあるので見つけやすいでしょう。

かつアンドかつのおすすめポイントはずばり、ご飯とお味噌汁、お漬物、そしてキャベツがおかわり自由ということ。どのメニューでもおかわり自由ですから、たとえば一番リーズナブルなロースかつ膳90g1,000円を頼んで、何度もおかわりするとお腹はしっかり満たされるでしょう。

お子様プレートもあり、こちらも700円くらいなのにえびフライやとんかつ、からあげやポテトがついていてボリューミー。ランチだけのメニューもあり、女性に嬉しいヘルシー膳や、1,000円以下のお手頃メニューもありますよ。

店内が広々としていて、子供用のいすや食器も完備されているので、ママ会や子連れ女子会にもぴったりです。どのメニューもお持ち帰りができるので、「私と子供は店内で食べて、パパの分はお持ち帰り」なんてこともできちゃいますよ。

広めの駐車場もあるので、行楽や旅行の帰りに立ち寄ることもできます。

「疲れたから晩御飯作りたくないな…」というときは、かつアンドかつでお弁当を買って帰るのはいかがでしょうか?

おわりに

このほか、大阪市城東区にはたくさんのカフェや定食屋があります。ミスタードーナツやマクドナルド、すき家やココイチなどのチェーン店も国道一号線沿いにはたくさんあります。

ママさん向けのオシャレなカフェも新しくできているので、ぜひ食べ歩きをしてみてください。居心地のいいお店に、きっと出会えますよ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。