タカラトミー「リカちゃん」のファッションは安く入手する方法!

女の子おもちゃの代表と言えば、「リカちゃん」という方も多いのではないでしょうか。私も幼稚園くらいから4年生くらいまで、ずーっとリカちゃんフィーバーでした。

そんなリカちゃん、時代とともにいろいろなファッションやグッズが出てきています。昔はおもちゃなんて頻繁に買ってもらうことができなかったので、着せ替えを楽しみたい時は、裁縫の得意なお友達のお母さんが作ったお洋服をお友達に借りたりしていました。

今やそんな私もアラサー、2児の子持ち、年齢が上がるにつれリカちゃんへの興味は離れていったにも関わらず、二人目はバリバリ女子力全開の女の子…ということで、もれなくリカちゃんにはまっています。

最初は1体のリカちゃんでお洋服も1着だったのに、いつしかオシャレに目覚め他の服も欲しいと言い出すように…

そんな娘にと思い、おもちゃ屋さんでリカちゃんの服を見てみたら…服だけなのに「1000円以上!」なんて商品がほとんど…しかも服に靴やらカチューシャ、そしてなぜかペットまで付属…正直靴とかいらないし、ペットもいらないのだけど…。

靴やペットがなかったらもっと安いんじゃない?
なんていう思いもふつふつ…。

こうなったら手作り?

なんて血迷いましたが、裁縫は苦手なのできっと布代が勿体無い。

そう思い、いろいろ考えたり見に行った末、手頃なリカちゃんのお洋服を見つけることが出来ました。今回はそんなリカちゃんのお洋服について、書いていきたいと思います。

初代リカちゃんのお洋服

娘に購入した初代リカちゃんは、まだ娘も小さかったので、私の好みと値段との関係で人形付きのものを購入しました。

もはや可愛がり過ぎて人形は2代目に突入していますし、靴もあったはずですが、細かすぎて残っていません…でも娘にとって重要なのはとにかくお洋服です。初代のお洋服ですが、まだ後ろのマジックテープも健在ですし、やっぱり丈夫です。

次からのお洋服は娘の好み

初代はまだ好みがはっきりしていなかった娘なのですが、次からは自分好みのお洋服が欲しい!と張り切りだしました。優柔不断な娘ですが、2代目のお洋服として決めたのはこちらです。

こちらは人形は別売りで、お洋服と靴、カチューシャ、靴下、うさぎだけですが、アマゾンで3000円近くしています。お洋服だけでもいい値段がすることをお分かりいただけると思います。

もちろんこのようなドレスやワンピースが高いのは分かるのですが、ルームウェアだったり、レース等をふんだんに使用していない簡単なお洋服はもう少しお安く購入できます。

こちらのルームウェアは、楽天にて1000円程で購入できます。

もちろんもっと調べればこれ以下で購入できるところもあるかと思うのですが、それでも高いですよね…。これくらい出せば下手したら人間のパジャマも購入できてしまいます…。

このように、その素材やデザインで価格もまちまちにはなりますが、それでも根強いリカちゃんの着せ替えお洋服。買ってあげたいのは山々ですが、お財布の紐を緩めてまで買う必要もないかな…というのが正直なところです。

クリスマスやお誕生日にお洋服だけ…というのも何だか物足りないですし、かといって何体もリカちゃん本体もいらないし…。ということで、お洋服売り場には娘を近づかせない日々が続いていました。

100円均一「ダイソー」で「エリーちゃん」発見!

こちらはリカちゃん好きなら有名かもしれませんが、100円ショップのダイソーに、「着せ替え人形エリーちゃん」というお人形が販売されています。

こちらはリカちゃんと同じくらいの大きさのお人形で、顔も似せてあるのですが、素材も違いますし、リカちゃん程の体の自由もありません。ですが、そのお人形のお洋服はほぼほぼリカちゃん人形に着せ替えることができます。

そのお洋服の1部がこちらです。

リカちゃんのお洋服ほどデザインのこだわりはもちろんありませんが、それなりに使えそうなお洋服です。

実際に着せてみると違和感もなく、サイズ的にも問題ありません。
5歳くらいの女の子には充分です。

靴もついているのですが、リカちゃんの足のサイズにはちょっと合わないので使用できません。それでもお洋服だけで充分なうちの娘は大満足で、こちらのドレスの使用率もかなり高いです。左側のパープルのドレスも「ラプンツェルみたい~」なんて良いように言ってくれて、元が取れるほど充分に遊んでくれています。

手作り市やフリマボックスなどは狙い目!

なかなか買う気になれないリカちゃんのお洋服は、100円均一の「着せ替え人形エリーちゃん」で代用という案もありますが、やはりデザイン性が欲しい…という時に出会ったのが、手作りで製作されたリカちゃん用のお洋服です。

実はリカちゃんのお洋服を自分で製作している方、多いと思います。

ハンドメイドが流行し、それが仕事や副業として成り立つのも夢ではない今、昔娘さんのリカちゃん人形のお洋服を手作りしていた方が売りに出ているというパターンも多いです。

屋外で行われる定期的なフリーマーケットと言えば開催日程も限られますが、フリマボックスなら営業日も多く、屋内なら風雨を気にせず訪れることもできます。また、レジ以外はほとんど無人なので、購入を無理強いされることもありませんしゆっくり心ゆくまで見る事ができます。

ハンドメイドはほとんどの方が趣味でありながらこだわりをもって丁寧に作られているので、実は市販ものより丈夫だったりオシャレだったりします。しかも多額の利益を求めて製作されている方はそれほど多くないのと、仲介が少ないので価格自体がお安いのです。

そんなハンドメイドのリカちゃんのお洋服がこちらです。


こちらはロングドレスです。

お花がついていたり、レースがあしらわれていたり、市販のお洋服に引けをとらない可愛いデザインとカラーです。

こちらが1つ650円程で購入できます。


また、こちらは普段使いのワンピースです。

ロングドレス程の華やかさはありませんが、それでも普段使いにはピッタリです。小さなパールがついていたり、スカートの裾にはレースが…。デザイン性もありますし、充分に楽しめるお洋服です。こちらは物によっては250円程から購入できます。

これらのハンドメイドのお洋服、市販のものよりしっかりした素材を使用されていたりするので光沢もあり、また一つ一つ丁寧に縫製されているので丈夫です。子供はまだまだ不器用ですので着せるのも簡単な方が嬉しいですし、脱がせにくいと少々雑に引っ張って敗れてしまったりします。

そんな時、100円均一だと「まぁー。仕方ないか…」と思いますし、逆に高いものだと「高かったのに!!!」とイライラしてつい叱ってしまいます。しかし、こうして誰かが心を込めて作ってくれた世界に1つのものと思うと、娘も何も言わなくても大切に使ったりしてくれる物で、何より縫製がいいのでそれほど伸びてしまったりもありません。

おそらく作っている方も、相当の経験がお有りで、しかもデザインしたり、より可愛い物を作ろうとしている方も多いので仕上がりもプロ並み。それをこんなに手頃な価格で購入できると思うと、もう市販もお洋服を購入する気も失せてしまいます。

こちらの商品を購入したフリマボックスは、JR西宮南側にあるコープデイズ内3階、ダイソーの横にあります。定期的に商品の入れ替えがあるので、たまに覗くと新しい商品が入っていてテンションが上がります。また、時々リカちゃん用のコートやイヤリング(ピアス)なんかも置いてあったりするので、靴以外はトータルコーディネートできそうです。

手作りと言えば流行りのメルカリやminne等もありますが、送料がかかったり登録が面倒だったりと、アナログな私には少々とっつきにくいのですが、自分の目で見る事が出来るフリマボックスは、気兼ねなく見る事ができおすすめです。

最後に

ここまでリカちゃんのお洋服について、タカラトミー以外で手に入るお店や方法を書いてきました。また、その素材の違いやデザイン性の違いについても触れてきましたが、いかがだったでしょうか。

金額が気にならなかったらタカラトミーのものを購入する方も多いと思いますが、とにかく数が欲しくてどうしてもドケチ根性がむき出しになってしまう私。いかにしてお安く可愛い物をたくさん手に入れるかということに思考が傾いてしまいます。

でもこのように100円均一でも、手作り市やフリマボックスでも可愛い使えるグッズが手に入ることをお分かりいただけたと思います。また、お洋服以外のグッズも運が良ければ手に入ることもありますし、リカちゃんのお洋服が欲しいと思った方は、お近くのフリマボックスを覗かれてみるのもおすすめです。

3歳頃から12歳くらいまで、意外に長く続くリカちゃんブーム、楽しくお得に楽しむ為にも是非参考になさってみてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。