小学生&幼稚園児の子育てをしながら働くコツ

「ワーキングマザー」という言葉を頻繁に耳にする近頃ですが、働くお母さんの現状って以外と見えにくいものです。

特に独身男性や子育てにそこまで加担していない男性、また同性でも独身であったりバリバリのキャリアをお持ちの方、同じ子育てをしていても完璧にこなしてきたベテランの女性。

社会には色々な立場の人がいるので誰が正解かはわかりませんが、それぞれのライフスタイルの中で仕事を持ったり、あるいは自宅で仕事をしたり、子育てに専念したり…色々あってもちろんいいと思います。

また、人にはそれぞれ「性格」というものがあります。

色々な思いに折り合いをつけて日々生活していく中ですが、私はどちらかと言うと色々なことを無難にやりこなせるほうではありません。なので、出来れば子育てに重点を置きたいのですが、経済的にそういう訳にも行かず、友人に紹介してもらって在宅として仕事をさせて貰っています。

では、私の周りの友人はどうでしょうか。

子供は幼稚園に通っていますが、意外に働いているお母さんは多いと思います。

まだ未就園児をお持ちのお母さんで仕事をしている方は少ないですが、上の子が小学校、下の子が幼稚園、もしくは上の子が幼稚園、下の子が保育園のお母さんは、何かしら仕事を持っている方が多いです。

そんなお母さんたち、普段どの様に働いているのでしょうか。また、急な発熱、急な警報、急な早退…子供がいると何かと立ちはだかる問題ですよね。そんな問題にリアルに立ち向かっている私の周りのお母さん達にスポットを当てて見ていきたいと思います。

パート?正社員?労働時間は?

「働いている」といっても、どんな仕事をどれくらいしているのか。またパートなのか正社員なのか…によっても色々と変わってきます。

幼稚園児をお持ちのお母さんは、パートの方が大半だと思います。幼稚園の登園が9時、お迎えが14時なので、9時~13時くらいが実際の労働時間という方、多いです。

また、正社員でもうちの幼稚園は早朝からのお預かりもあるので、可能と言えば可能ですが、平日に参観やら親子遠足等があったり、お弁当の日もあるので、正社員だと働くのが少し大変な面もあります。

それでも家庭の事情や、やりがいなどで勤務されている方もいらっしゃるので、そう考えると早朝のお預かりや延長保育があるという面では幼稚園でもがっつりフルタイムで働くというのも無理な話ではないかもしれません。

どんな職種?

これまで私が聞いてきた中では総合的にパートの方が多いのですが、そんな中でもよく耳にする職種としては下記が多いです。

○病院の受付(内科や歯科)
○美容師
○工場等で野菜のカット、惣菜詰め
○事務職
○写真屋さん
○幼稚園の補助
○飲食店(調理場、ウェイトレス)
○介護、福祉関係

資格がある方だと割とスムーズに仕事が見つかるというか、まずは結婚前等に経験のある職種に絞って探している方が多いです。それ以外ですと、工場や調理の仕事、パソコン経験があれば事務といった感じでしょうか。

幼稚園や小学校から割と近い距離で働いている方が多いですし、離れていても30分圏内という方がほとんどだと思います。幼稚園や小学校のうちは早退などもあるので、皆さん少しでも近場で…というのは共通の条件のようです。

子供の急な熱の対処!

子供が小さい間のトラブルのうち、仕事をしていて困るのは「急な発熱」「怪我」「早退」だはないでしょうか。

面接で「幼稚園児がいます…」というと、ちょっと不利になってしまうくらい頭を抱える問題です。私は実家が近いので、もしそうなったら母親に代理でお迎えをお願いしたり、看病に来てもらう…ということは可能なのですが、母親が自分の親の介護の為不在が多く、頼むことは出来ません。

父親はいるのですが、食事面や看病等未経験…見てもらうなんてほんとに見るだけしかしてもらえないと思うので、子供が発熱!なんてなったら職場に迷惑をかけてしまいます。

我が家でもこんななので、ご実家が遠いお母さんはどうしているのでしょうか…。

聞いてみたところ、やはり大抵のお母さんはお仕事を休んでいらっしゃいます。急な発熱や怪我、早退は、お友達に頼むことも出来ないので仕方がないことですよね。長引いて初めて旦那さんのヘルプが登場したり、遠い実家から母親に来てもらう等の対策が取られるようですが、インフルエンザ等が流行る季節はハラハラしながら何とか働いている方が多いです。

こんなイレギュラーも

うちの幼稚園や小学校ですと、幼稚園は「7時現在、大雨洪水暴風、いずれかの警報の発令があれば休園」。小学校ですと「7時現在、大雨洪水暴風、いずれかの警報の発令があれば自宅待機、9時までに解除されると登校、但し給食なし」という、何ともややこしい設定です。

つい最近午前6時48分に「大雨洪水警報」が発令され、7時に幼稚園は休園が決定したものの、小学校はしばらく自宅待機。午前8時30分に解除されたので9時すぎから授業開始の午前授業で終了…という、親をやきもきさせるような気象に振り回されました。

ちょうどその日仕事だった友人は、一人はご主人が休日ということで、解除される前に子供2人(幼稚園と小学生)にお弁当を作って仕事に行き、職場で警報解除を知り慌ててご主人に子供を登校させるように連絡を入れたそうです。

また、もう一人の友人は、同じ年頃の子供を持つママ友に子供を預けて行ったそうです。お互いにワーキングマザーなので、こういう預け合いは頻繁にあるそうですが、なかなかお互い都合がつくかつかないか分からないそうなので、イレギュラーな時の対応にはヤキモキするそうです。

子供が鍵っ子の場合

これまではお母さんが幼稚園や小学校に送り出すまでは一緒に居られる場合について書いてきましたが、小学生になると登校は集団の場合もありますし、バラバラの場合もあります。

小学生になると基本お母さんが送り迎えはしないので、早朝からの勤務で保育園や幼稚園の早朝預かり保育等を利用してこられたお母さんは、小学生に上がるころになると「この先仕事どうしようかしら…」と考える方が非常に多いです。

1年生の子供に鍵を持たせるなんて無理だわ…なんて方もいらっしゃれば、それでもやっぱり仕事に行かなくてはならないお母さんもいらっしゃるので、腹をくくって鍵を子供に預け、締めさせて行く…というパターンも…。

帰りも子供の帰宅に間に合わない場合は、子供の帰宅時間から始まる自宅から近い習い事へ学校帰り道に行かせて1時間でも安全な居場所を確保する…。といったように、「まだ幼い子供にいろいろ自己管理させる」という、親にとっては身を裂かれるような本当に不安な数年を送ると思います。

また、先述したように、「警報」のようなイレギュラーに関しても、早朝出勤の場合、既に出勤してから警報が発令されることだってあります。そんな時親が気づかなければ子供は知らずに登校してしまう可能性が高いです。

出るときは大した風雨でなくても、まさかの事態はいつ起きてもおかしくありません。

私もいつも我が子と登校してくれているお友達が、お母さんが先に出勤していて警報に気づかず、待ち合わせ場所に来ていてたので急いで自宅に戻らせた経験もあります。

その後警報が解除され、お友達の自宅まで迎えに行き一緒に登校して事なきを得ましたが、連絡の行き違いやすれ違いは、保育園や幼稚園と違い、成長につれてどんどん出てくるので本当に大変なことだと思います。

周囲の理解

このように、母と子供の間で離れている時間が増えると、母親はとても気が気ではいられません。もちろん父親一人で育てている方もまた同じくだと思います。

そんな時やっぱり周囲の理解や協力があるととても心強いですよね。

仕事なんだから!と一言で片付けられない事情があること、私も自分が親になって初めて深く理解できました。なるべく助け合って行ける職場、比較的休みが取れる職場で働きたいというお母さんの気持ちはすごくわかりますし、なかなかそういう職場に出会える確率も高くないというのもわかります。

金銭的には困っているけれどなかなか1歩が踏み出せない…そんなお母さんは非常に多いです。

幼少期の経験談

私は幼稚園の時からすでの週1日だけ「鍵っ子」でした。

母親が帰宅するまでのほんの小1時間程でしたが、6歳の私にはものすごく長い時間…広い一軒家に自分1人、物音1つにビクビクしていました。

「ピンポンにはでない」
「鍵はかける」
「火は使わない」

親に言われたこれだけを守り、冬にはお化けがでるんじゃないかとこたつ布団の中に潜って汗だくで待っていました。

小学生も高学年になると、熱の時でも一人でお昼の13時までお留守番。お茶や食べ物は全て用意してくれていたので特に苦労はありませんでしたが、かなり不安でした。帰宅までに入る母からの何本かの安否確認の電話だけが楽しみだった記憶があります。

今となっては「まぁ時代もあったんだろうけど、何事もなくて良かったな~」とか、「私頑張ったな~」という良い思い出として残っていますが、母親も母親で心配性な割に結構やるな~。と、自分が親になってから思います。

子供が過ごせる居場所もない

夏休み等の長期休暇…学童等を利用している方もありますが、学童に入れなかった児童や、学童に馴染めなくて行きたくないという児童もありますよね。

長期休暇中だと学校が開放されている時間帯もありますし、夏休みなら午前中は学校プールが利用できるという小学校もあります。また、学校開催のイベントが何かと行われたりと、安全が確保された場所で児童が過ごせる工夫があったりします。

また、児童館が近くにある場合、小学生になると付き添いなしで行けるので、朝から行って一旦自宅でのお昼を挟んだ後、夕方までまた児童館で過ごしてくる。何なら宿題も済ませてくる…。と言ったように、様々な手段があるといえばあります。

もちろん小さいうちは親の目の届くところにいてくれるのが一番安心ですが、どうしようもない時は、藁をもすがる気持ちになりますよね。どうすることが1番良いのかわかりませんが、本当に困っているお母さんをたくさん見ている気がします。

最後に

ここまで、働いているお母さんとその子供たちの実情や、切実な問題等について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

私も聞いたりこのように書いたりすることで、本当にたくさんのイレギュラーというものが幼いうちは頻繁にあるということに気づかされました。子供は突拍子のない思い込みや決断を平気でするので、離れていればその分不安になることがたくさんあります。

何とか折り合いをつけながら日々ギリギリの精神力で過ごしているお母さんも非常に多いと思います。お互い様精神で助け合いながらいけたらいいのですが、頼むのも、OK任せて!というのもやはりなかなか難しいものです。

子供が入園、入学されてこれから仕事復帰を考えて悩んでいらっしゃる主婦の方も多いと思います。尽きない悩みや心配事の中、決して私も人ごとではありませんが、少しでも精神的に穏やかに働けるように、周囲の協力や思いやり、また安心して預けられる場所が今後もさらに増えればいいなと思います。