模様替え!カーペット、ラグを選ぶとき気をつけること!

皆さんのお部屋、カーペットやラグは敷いていますか?

床暖があるからカーペットなんてなくても平気なお宅。
ホコリやダニが気になるから基本的には敷かないお宅。

その一方で床暖がないから冬は絶対カーペットが必要!
ホットカーペットの上に敷くカーペットが必要!
子供が小さいから防音の為に敷きたい

床に傷がつくのが嫌だから敷きたい…等など、敷きたい派にも色々な理由があるものです。

そこで、今回、我が家のカーペット事情を書きたいと思うのですが、我が家は基本的にリビングにカーペットを敷いています。何故なら床暖がないので冬は凍えてしまうからです。

敷いていてもテレビの前の2畳くらいです。

子供がいるので交換頻度も高いですし、色々なところでカーペットを見てきましたが、値段もピンキリです。そこで今回交換することを機に、私が普段気にしているポイントや、気をつけている点、譲れない点について書いて行きたいと思います。

現在のカーペットの悩み

現在のカーペットはとても緊急で買ったものでこちらになります。

何故緊急かというと、息子がカーペットに嘔吐してしまったからです。こういうこと、小さいお子さんをお持ちの方だと経験ありだと思います。我が家、2回目です。洗濯できるカーペットだったのですが、真夜中の出来事だったのと、感染予防のため、洗濯機で回すという決断はできず、泣く泣く破棄することにしました。

なので、次の日、商業施設に入っている病院に受診した際、たまたまカーペット売り場を通ったので、柄も生地も選ぶ余地なく購入して、そのまま自転車で持ち帰ってきました。

そんなカーペットなので、もちろん値段も3000円しない安価なもの。もっと時間をかけて選ぶならもう少し値段は高かったと思いますが、3000円しか出さない!とその時は決めていたので、それなりカーペットでした。

何故なら・・・

めくれるんです!これが非常にストレス!

ペラペラな生地の上、ブツブツの滑り止めもついていないので、カーペットは野放し状態!大人だけだとそんなに動いたりよれたりしませんが、何といってもやんちゃ盛りの子供が2人、AB型の私は、こういうズレが気になる気になる…。

一応滑り止めマットのようなものも敷いているのですが、マットが白色なので床の木材の色と全然違い、はみ出ていると目立つことがまた気になり、結局真ん中に敷いていて全然意味をなしていません。

ということで、今回は絶対めくれないものにしてやる!と思い、ナフコ21スタイルにいってきました。

ナフコ21スタイルでカーペット選び

ナフコ21スタイルは、家具やキッチン用品、インテリアやベッドや寝具等、新生活等でお世話になることが多いお店です。

今回は私の住んでいる西宮のナフコ21スタイルに行きましたが、周囲は家電のエディオン、西宮ガーデンズといった商業施設もあり、このあたりで新生活のもの一式揃ってしまいそうな感じです。

カーペットラグということで、ナフコ21スタイルでは3階に設けられている売り場に向かいました。

ズラーっと手にとってデザインや素材を確かめられる感じで展示してあります。

ズラッと広げられて吊るされているものも、このような感じでいくつかに折って袋に入って持ち帰れるように在庫として管理されています。

素材的に折れないものはロールタイプにしてあるので、車でない限りは配送という形になるかと思います。

ここからは気にして欲しいポイントについて書いていきます。

「袋にはいってるもの」「洗濯できる!」には気をつけて

袋に入っているものに関しては、大概が「洗濯機で回してOK」という表示があると思います。回せるということはそれだけ「薄い」ということ。もちろん回せないものもあるかと思いますが、大体が回せるのではないでしょうか。

また、「薄い」ということはそれだけ動いたりよれたりする可能性が高いということにもなります。

「薄いのはちょっと…」という方は避ける方が無難です。価格も185×185で5000円もしないもの(2000円台から3000円台も多い)が多いので、それくらいの価格のカーペットについてはもう1度よく考えた方がいいと思います。

裏の滑り止めがあるかの確認

薄いものでも裏に滑り止めがあるもの…安心じゃない?っと思っても立ち止まってください。滑り止めの力をもっても薄いカーペットは子供の力には敗北します。

このカーペット、一見分厚そうですが・・・

よく見てください。この薄さ…。絶対めくれるしよれると思います。

こんな可愛い柄のカーペットもありました。

サイズも185×185というちょうど欲しいサイズで裏に滑り止めもあったにも関わらず、手触りが薄い…そしてこれから秋冬にかけては少し寒い感じ…

ホットカーペットの上に敷くにはちょうどいいかもしれませんが、ホットカーペットは使用しない我が家なので断念しました。価格も185×185で5547円ということで、薄すぎず分厚すぎずの価格ですが、いくつかに折ってある在庫が保管されていたので、やはりめくれたりして難しいかな…という感じです。

薄いし裏に滑り止めもない…というカーペットは、別売りの滑り止めなどを駆使したり、そもそも使う場所が違うとなると使いやすいのかもしれませんが、フローリングに直接敷く分に関しては、申し訳ないですが私はまず買おうと思えません。

分厚いけど裏に滑り止めが無い

分厚いけど滑り止めがないなー…と思っても、自分の好きな柄や素材だと諦めるのも辛いですよね。そんな時は自分で滑り止めを買いましょう!

こちらはズレ防止用のテープです。私はこのようなテープを使用したことはありませんが、長さを図ってカットし、カーペットの四隅に貼ってから敷くというものかと思います。

毛が長い、又は固めの素材のカーペットも種類が豊富

冬になると少し毛が長いカーペットも気になりますよね。

暖かそうですが、掃除は大変だと思います。我が家はペットこそいませんが、お菓子や御飯をぽろぽろこぼしたり、ジュースをジャーっとこぼす怪獣がいるので、毛が長いのはゴミが入り込んでしまったり、ダニがわく原因になってしまうので無理ですが、憧れはあります。

ナフコで見つけた上の画像のものは、毛が長めで滑り止めもついていますが、薄かったです。価格もやはり185×185で4158円とお手頃価格です。毛が長いタイプも分厚さや滑り止めを確認の上購入することをおすすめします。

また、ホコリやダニが気になる方には、固めのカーペットも種類豊富にあります。

夏も冬も快適に過ごせそうな素材ですし、めくれるというより移動してしまうという懸念はあるかと思いますが、薄いカーペットよりは滑り止めを使用すれば問題解決は早そうです。防ダニ仕様のカーペットもたくさんありました。

 とにかくカーペットを購入するときは素材や分厚さ、滑り止めに神経を尖らせる私ですが、今回はこちらのカーペットに決定!

ムートン調のカーペットで、こちらは今回で2回目の購入。

やはり冬はこのような素材に走ってしまいます。分厚い生地、裏には滑り止め付きで、とりあえず基準は満たされています。前回が柄の物だったので、柄のないもの、もしくは柄があってもシンプルなものを選ぼうと決めていました。

そして、色味は「グレー」にしてみました。
前回購入したのはベージュだったのですが、やはり汚れが目立ってしまいました。

以前このようなムートン調の少し薄手のもので、「ダークブラウン」を購入したときは、1日3回くらい掃除機をかけなければならない程ゴミが目立ったので、今回は初めて「グレー」にチャレンジしてみました。

こちらは185×185で6473円という価格。嘔吐などの突然のトラブルがなければ大体4ヶ月から半年くらいは持つので、あまり高すぎるものよりこれくらいの価格の方が気楽に購入できます。

ロールで置いてあるものは大概このくらいかこれ以上のお値段なので、買い替え頻度などを考慮して決めると良いと思います。

ちなみに、床に敷くタイプの滑り止めも今までホワイトカラーの物を使用していましたが、4階の100円ショップで、

ブラウンの滑り止めを購入しました。テープタイプではなく、敷くタイプですが、これならカーペットの裾から少し見えても恥ずかしくありません。

ナフコ21スタイルの配送価格

車が無い我が家、ロールタイプはさすがに自転車では持ち帰ることが出来ないので、配送をお願いしました。でも配送ってお値段が気になりますよね…1000円くらい取られたかなりショック…と思いながら恐る恐る聞いてみると

「540円ですよ」

ということで、まぁ自転車で危ない&恥ずかしい思いをしながら帰るよりいいか!と思いました。

ちなみに配送価格表はこちらです。

お買い上げ1点あたりの価格によって異なるようです。

食器棚やダイニングテーブルなどの大きな家具でない限り、布団やカーペットくらいでしたら車でこられた方がもちろんいいですね。

ちなみに配送は、その日の出荷が終わってしまっていたようで2日後着になってしまいました。

最後に

ここまでカーペットやラグの選び方について書いてきましたが、我が家のカーペットはとにかく子供重視で選んでいます。子育て中はいいものを購入してもすぐにぐちゃぐちゃにされますし、高かったからといつまでも使うのは衛生的によくありません。

掃除をする自分も、掃除機をかけるたびに毎回めくれたり歪んでしまうカーペットにイライラするより、スイスイっと掃除機をかけられるほうが精神的にもいいに決まっています。

選ぶにしても実際に触ってみないと分からないことがたくさんあるので、ネット購入よりも直接出向く方が良いと思います。これからの時期、寒くなってくるのでカーペット、ラグ購入を考えている方も多いと思います。

是非選び方のポイント、価格、参考になさってみてください。