KALDI濃縮紅茶の美味しい飲み方

お役立ち

皆さん紅茶はお好きですか?

私は紅茶派かコーヒー派かと問われれば「断然コーヒー派!」です。
そんな私なのでお店で頼むのはいつもアイスコーヒーやホットコーヒー。

毎朝子供が目覚める前にもホットコーヒーを気合を入れるために飲んでいます。言わば1日の始まり…という感じでしょうか。

そんな私、先日仲良しのお友達のお宅に伺ったときに、アイスティーをいただいたのですが、それが衝撃の美味しさ!紅茶と言えば何となく「最後の苦味」が苦手な私なのですが、全然気にならずにすっと飲めてしまいました。

お友達に聞くと「濃縮紅茶」を希釈したものだそうで、とっても美味しかったので購入先を聞いたところ、「KALDI」という事で早速購入しに行きました。

今回はその「濃縮紅茶」を色々な飲み方で試してみました!その飲み方のご紹介と、その他のいくつかおすすめされている飲み方、またもっとこうだったら便利なのにな…ということなどについて書いて行きたいと思います。

「KALDI」の濃縮紅茶を購入

「KALDI」と言えば、私の住んでいる西宮で言うと「エビスタ西宮」「阪急西宮ガーデンズ」「ららぽーと甲子園」が私の思いつく店舗です。広さ的には「阪急西宮ガーデンズ」が一番大きく、最近新しくできた店舗です。

輸入食材やワイン、コーヒー、紅茶に輸入菓子が豊富に取り揃えられています。また、店頭で試飲をいただけるのも嬉しいポイント。先日はアイスコーヒーをいただきながら店内を物色しました。

早速見つけたお目当ての「濃縮紅茶」ですが、種類もいくつかありました。

○ブラックティー 加糖 500ml
○ブラックティー 低甘味 500ml
○ブラックティー アールグレイ 加糖 500ml

それぞれ540円(税込)ですが、濃縮タイプという事で薄めて飲むものなので、ちょっとしたリラックスタイムに飲む程度なら、ちびちび使えるのでお得なのではないでしょうか。

ブラックティー アールグレイ 加糖タイプを購入!

早速見つけた「濃縮紅茶」ですが、アールグレイが好きな私は「ブラックティー アールグレイ 加糖」を購入してみました。

こちらが商品ですが、見た目はというと「紅茶?」というようなイメージ。そしてボトルの部分には、このようなPOPが…

POPには「濃縮紅茶」のおすすめの飲み方が記載してあり、裏には

原液の割り方が記載されています。よく見ると、アイスだと本品1に対して水4+氷、ホットにしても本品1に対して牛乳4~6とあり、5倍希釈するので頻繁に飲まない限りはやっぱり長持ちしそうです。

そしてPOPには「ご愛顧賜りまして50年」という記載が…。出会ったのは最近ですが、結構メジャーなのでしょうか。

実際に飲んでみました!

購入した「濃縮紅茶」を早速飲んでみました!どんな飲み方が美味しいのか、いくつか試してみました。

スパークリングティー

まず、紅茶に炭酸?というイメージだった私。

これまで店頭で「ティーソーダ」的なものを見かけても購入しようとは思ったことがありませんでした。もちろん紅茶もそんなに好きじゃないし、炭酸にしたところでどうせ紅茶の薄い感じでシュワっていう喉越しでしょ?というのが正直なイメージです。

でもこの濃縮紅茶は自分で配合も決められますし、ちょっと飲んでみることにしました。

まずは原液を…

お好みですが、コップの下から5ミリほどでしょうか。5倍希釈ですが、濃い目が好きな私でもこれくらいの原液の量で問題ありませんでした。

次に・・・

一般的な炭酸水です。こちらの炭酸水、原液を5倍希釈する程度に入れますが、氷も必要ならそれほどたくさんいれない方がいいです。ちなみにPOPの記載では、原液1に対し、炭酸水は4です。

出来上がりはこんな感じです。コーラがちょっと薄まった感じ?の見た目ですが、これでも結構濃厚に紅茶を感じます。では紅茶のあの後味の苦い感じはというと、私の味覚になりますが、ほとんど感じません。炭酸水で飲むと、普通のアイスティーで飲むよりも口当たりも爽やかで、夏にはグイグイ飲めてしまいそうです。

8歳の息子も飲みたがったので飲ませて見ましたが

「すっごく美味しい!!!!」と気に入ってしまい(笑)おかわりしたがります。紅茶なのでカフェインも気になるところ…。ほどほどにしてあげたほうがいいですね。

という感じで、スパークリングティー、我が家では子供も大人も大ハマリでした。

アイスティー(レモン)

次はシンプルにアイスティーに挑戦!先程と同じように原液を注ぎ、炭酸水の代わりにお水&氷を…。

このままでももちろん美味しかったのですが、私はさらにレモンが欲しくなったのですが、家にレモンがないので、ポッカレモンを少々入れました。

甘味だけでなく、ちょっと酸味が欲しい時は手軽で便利ですよね。普段のレモンティーは苦い紅茶の後味にさらに酸味が加わるので苦手なのですが、こちらの「濃縮紅茶」は加糖なのもあり、また後から来る苦味もそれほどないので、ちょっとしたアクセント感覚でレモンを入れても美味しく飲むことができました!

こちらも「おいしー!レモンもっとチューっとして!」と息子は大ハマリ。普段紅茶と言えば午○の紅茶のレモンティーくらいしか飲まない息子ですが、「濃縮紅茶」のほうが食いつきがいいです。

ロイヤルミルクティー

ここまでさっぱり飲める「濃厚紅茶」をご紹介してきましたが、ここでちょっとリッチにロイヤルミルクティーにチャレンジしてみます。

先程と同じ原液を1、そこに牛乳を約5入れました。アイスにしたかったので+氷を…POPにも原液1に対して牛乳を4~6+氷と記載されていました。

すると…

こんな感じで完成!ホットの場合は、原液と牛乳を合わせて電子レンジで1~2分加熱だそうです。

お味はというと…

「こんなに美味しいロイヤルミルクティー飲んだことない!!」
という感じです。

元々紅茶をあまり飲まない断然「コーヒー派」な私なので、何の説得力もないかもしれませんが、これは紅茶界の革命?とまで思わせる飲みやすさ、まろやかさ…。紅茶が苦手な私でもついついはまってしまうレシピです。

少しカルーアミルクにも似たような、でもとても飲みやすい嫌な後味が残らない紅茶です。普通にちょっと良いお店で飲むロイヤルミルクティーより美味しいのでは…?というのが私的な感想です。

もっとこうだったらいいのに…

紅茶界に革命が起きた!と私の中で燃え上がっている「濃縮紅茶」ですが、もっとこうだったらいいのに…というところがあります。

それは容器が瓶ということ。

たくさん買いたいけど重たいし、店員さんが梱包(紙が網目状になっている梱包材)してくれるのですが、瓶と瓶が当たって割れてしまう恐れもあります。買いたいときは全ての買い物が終わって帰り際に購入しよう…となるので紙パックにならないかな…と思いますが、瓶の重々しさもそれはそれでそそられます。

また開栓した後の保存のキャップがないのか、使い方がわかっていないだけなのか、どう使うのかよくわかりません。なので必ず立てて保存しないといけませんし、倒れないように少し気を遣います。旨みが逃げてしまうのでは…と思うと早く飲みたいという気持ちにもなりますし、勿体無いという気持ちにもなるので、サランラップをしてから最初に付いていた蓋をしています。

もっと買ってから持って帰るのに不自由無く、また保存もしやすかったらな~というのが感想です。

ちなみに「濃縮紅茶」は、ビール瓶のような栓を抜く必要があるので、開栓の際は栓抜きが必要になります。また、開栓後は要冷蔵なので気をつけてくださいね。

最後に

ここまで友人の紹介で購入したKALDIの「濃縮紅茶」について、そのお値段や種類、また飲み方や実際に飲んでみての感想を書いてきましたがいかがだったでしょうか。

私はアイスティーやスパークリング、ロイヤルミルクティー等にして飲みましたがどれもハズレなし、紅茶が苦手な私もグイグイ飲めるので、後味が苦手な人もこれならいけるのではないでしょうか。

POPにはかき氷やパンケーキなどにも…と記載されていたので、紅茶好きな方は是非試して欲しいところです。またハイボールやチューハイにも使えるという事で、その使い道は少なくないようです。

紅茶はあまり飲まないし、自宅で飲むには500円はちょっと高いかな…と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、私がこの紅茶に出会った時のように、お友達が遊びに来る時なんかにちょっとお出しすると喜ばれるのではないでしょうか。

スパークリングティーなんてなかなか出てこないですから、ちょっと話のネタにもなりますよね。

結構人気のある商品のようですので、お店で見かけた際は是非購入して欲しいと思います。

テキストのコピーはできません。