ルメディカACNローションを購入|口コミや効果を検証!

ルメディカACNスキンローションを使ってみました。

ルメディカACNローションの箱はシンプルで清潔感のある白と、ピンクでかわいい感じです。

中身を出して見てびっくり!

ルメディカACNスキンローションは、液体がピンク!

ボトルの色は透明なので、これってローションそのものがピンクってことですよね。なにか着色料でも入ってるのかしらと不審に思い調べてみたところ、どうやらこれはルメディカACNスキンローションに含まれている「金」の色なんだそうです。

金が入ってるんだから金色と思いきや、金を細かい粒子にするとピンク色になるんですね~、知りませんでした。じっくりルメディカACNスキンローションのボトルをながめてみましたが、当然のことながら金粉がふよふよ浮いているなんてことはありませんでした。

ルメディカACNスキンローションは「適量をとり、肌になじませる」というとてもシンプルな使い方。さっそく手に出してみます。ボトルの口がちいさめなので、ぼたぼた出てくることもなく、さかさまにしてちょっとふるとちょうどいい量がでてきました。

このあとうっかりルメディカACNローションのボトルを倒してしまったのですが、口が小さかったおかげでこぼれることなく済みました。出し過ぎて使いすぎることもないし、ちょうどいいボトルなのが好印象です。

手に出してもピンクなのかな~と思いながら出して見ると、思いのほか、ふつうに透明でさらっとしたローションでした。そして気になるニオイですが、まったくなし!

こういったニキビケア商品って、ニキビ菌を退治するために結構強めの消毒液っぽいニオイがするものが多いのですが、ルメディカACNスキンローションはニオイまったくなしです!

ルメディカACNスキンローションにどれだけ鼻をちかづけて一生懸命かいでみても、アルコールっぽいニオイはもちろん、とってつけたようなバラの香りだとか、ふんわりいい香りすらなく、ただただ無臭でした。これはニオイがあまり好きではない私にとってかなり良いです。

ルメディカACNスキンローションを付けてみました。

ルメディカACNローションは、さらっとした液体ですが、肌につくとしっかりくっつく感じがあります。おかげで付けたそばからサラサラ流れるなんてことがありません。ルメディカACNローションは、肌にすぅっと吸いつくようななめらかさがあり、とてもぬりやすいです。

ルメディカACNローションはジェルではないけど、ジェルに似た吸着力のよさです。

ルメディカACNローションは、肌につけても低刺激…というより、刺激が一切ありません。もちろん肌につけて、ぬりひろげていてもニオイはまったくしませんでした。

ルメディカACNスキンローションは、伸びがいいので、ほんの2~3滴程度でも両頬しっかり広げることができました。手のひらで軽くパッティングすると、すーっと肌になじんで、しみこんでいく感じもとってもGood!私、ルメディカACNローション好きです!

ルメディカACNローションを付けて3時間後に肌をさわってみましたが、ギトギトすることもなく、もっちりした潤いが持続していました。計測してみたところ、肌状態は、水分量48%、油分31%、評価は「きめが整っていて良い状態」という、とてもいい結果がでました。

ニキビのあるところにもルメディカACNローションを付けてみましたが、染みるとか、痛いとか、赤くなるとかは一切なく、「あれ?ほんとにぬったよね?」というほどの低刺激(刺激なし)でした。

オイリーになりがちなTゾーンやあごにもぬりましたが、べたつきやルメディカACNスキンローションが浮いてくる感じもまったくなかったので、私的にこれはかなり使用感のいいローションだと思います。これで5,480円は、コスパもよいですし、価格面の続けやすさも評価したいです。

ルメディカACNローションの購入はコチラへ

ルメディカACNローションの口コミ

ルメディカACNローションは、2017年10月現在、アットコスメなどの大手口コミサイトに登録されておらず、まだ平等な口コミがない状態です。

ルメディカACNローションの公式サイトには「ルメディカACNスキンローションを使い続けるとニキビの赤みがひいてきた」「ルメディカACNスキンローションを1本使い切るころには肌の調子がよくなって、ニキビができにくくなった」など、良い口コミが多数書かれていますが、これらは厳選された良い口コミばかりなのであまりうのみにしないほうがいいでしょう。(とはいえ、「一本あたりの価格が高い」など正直な感想も書かれているので、完全に嘘で構成された口コミとも言えず、極端に褒めていない部分に関しては信用できるのではないかと思います)

ルメディカACNローションは残念ながらamazonや楽天で販売されていないため、消費者の素の反応がなかなか得にくいというのが現状です。(amazonの感想を転載しているサイトもありますが、そもそもamazonにルメディカACNスキンローションがないのにどこから感想を引っ張ってきているのやら。謎が深まるばかりです…)

筆者がルメディカACNローションを使ってみた感想としては、たしかに低刺激でニオイもなく、使い心地は良かったのですが、保湿力はいまいち…というのが正直なところ。個々人の肌状態により、つけ心地やつけたあとの状態も変わってくるかと思いますので、まずは1カ月くらい続けて使ってみて、良さそうだったら継続するというのが良いかと思われます。

ルメディカACNスキンローションをイオン導入

手持ちのイオン導入器を使って、ルメディカACNスキンローションをイオン導入してみました。このイオン導入器は楽天市場で2,500円くらいで買ったもので、まったく高級なものでもないごくふつうのイオン導入器です。

まず、べちゃっとする程度、ちょっと多めにルメディカACNスキンローションを顔につけたあと、イオン導入器を使ってみました。

ルメディカACNスキンローションは、さらさらで伸びがいいので、なめらかに肌の上をすべって、とても気持ちがいいです。イオン導入器側にべちべちゃ付くこともなく、ルメディカACNスキンローションが肌にじわじわ浸透する感じがしました。伸びがいいので軽くつけただけでも両頬問題なくのばすことができました。

アゴの乾燥している部分にもルメディカACNローションは、じわ~っと浸みこみます。

ルメディカACNローションでイオン導入したあとのお肌は、もちもち艶々。

自分でさわってみても気持ちよくて、イオン導入してみて正解だったと思いました。イオン導入器のほうも、ギトギトになることなく、かるくティッシュでふく程度できれいになったので、使い勝手もGoodです。

ただぬるだけでもしっとりつやつやになるルメディカACNスキンローションですが、より浸透性をアップさせるために、イオン導入器を使ってみるのもいいかもしれませんね。

ルメディカACNスキンローションはボディに使用

ルメディカACNスキンローションは全身に使えるらしいです。「効能・効果」には「日焼け、雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる」と書かれていたので、ちょうど日焼けしてしまった足に使ってみることにしました。

ルメディカACNスキンローションを3滴ほどぬってみます。以前、ほかの化粧品を使った時にかぶれてしまった足ですが…今回はまったく違和感がなく、しっとりつやつやになりました。

ルメディカACNスキンローションを塗ってしばらくしても痛みやひりつきがでなかったので、ルメディカACNスキンローションは本当に肌に優しく低刺激なローションだと思います。

ですが…

ルメディカACNスキンローション、もともと乾燥している部分にはあまり保湿力を発揮しないようです。ぬった直後は、水分量31%、油分46%とそこそこ肌状態が良かった足ですが、2時間後…

水分量29%、油分42%と、ルメディカACNスキンローションをまったくぬっていない右足(水分量28%、油分42%)とほぼかわらない数値になってしまいました。

ルメディカACNローションを顔に塗ったときはしっとりして、水分量も持続したのに、もともと乾燥しきっていた足は保水力持続せず…。

ルメディカACNスキンローションは殺菌や炎症をおさえる効果が高い分、保湿力はイマイチなのかな~と、この結果から思いました。より保湿したい人は、ルメディカACNローションだけでなく保湿乳液やジェルなどを重ねぬりしたほうがよさそうですね。

ルメディカACNスキンローションを使うキッカケ

私は脱毛で湘南美容クリニックに通っています。

ときどき商品をすすめられることがあるのですが、これまで黒ずみケアなど、脱毛関連の商品ばかりでした。

ほかにはどんな商品があるのかなと、医院内にあった商品を見ていて、見つけたのがルメディカACNスキンローションでした。

35歳になり、若い時にできていたニキビは枯れてなくなりましたが、最近気になっているのが生理前にぽつぽつできるニキビと、こめかみのあたりにできている小さなデキモノです。

生理前のニキビは、できてはなくなりを繰り返しているのですが、そのたび潰れて血がでたり、無理に治している感じなので、肌がボコっとなってしまっていますし、色素沈着もしています。

こめかみの小さなデキモノは、痛みはないのですが、さわるとざらっとしていて、なんとなく不快。サメ肌みたいな感じです。これらの両方をケアできるものを探していて、できれば低刺激のものを…と思っていたので、湘南美容クリニック監修のルメディカACNスキンローションなら、大丈夫そうだと思って買ってみることにしたのです。

店舗で買うと、5,480円でした。ネット通販で買うと送料が別途必要になったので、店舗で購入できて良かったです(スタッフさんいわく、人気商品なので品切れのときもよくあるそうです)。

ルメディカACNローションとは?

ルメディカACNローションは、ニキビへの効果が認められている医薬部外品です。

ルメディカACNローションは、美容クリニック大手の湘南美容クリニックが開発し、販売している商品で、炎症をしっかりおさえたうえで、ニキビの根本からしっかり治すことを目的として作られた、薬用ローションです。

湘南美容クリニック各医院で購入できるほか、ルメディカACNローションはインターネットでも購入することができます。

ルメディカACNスキンローションは、1本100ml入り、通常定価5,480円。毎月届く定期購入の場合、初回2,980円、2回目以降4,660円となり、さらに4回目以降は4,430円となるため、都度一本ずつ購入するより、定期購入のほうがお得です。

定期購入の場合でも、いつでも好きなタイミングでルメディカACNスキンローションの購入を停止することができます。

刺激がなく、さらっとしたつけ心地なので、ルメディカACNローションを使ったひとの約9割が「また使いたい」「続けて使いたい」と評価しています。とくにストレスや生活習慣のみだれが原因でできる「大人ニキビ」に効果があると言われており、ルメディカACNスキンローションは、20代~30代の女性はもちろん、40代~50代の女性にも支持されています。

ルメディカACNスキンローションは、朝夕2回、洗顔後の塗布で、早い方なら2~3週間程度、平均すると2~3カ月くらいで効果が出てきて、つるつる美肌を実感できると人気です。

ルメディカACNローションの成分

ルメディカACNローションの有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムです。

グリチルリチン酸ジカリウムは、カンゾウという植物から抽出された成分で、すぐれた抗炎症作用や、抗アレルギー作用があります。ニキビの元となるアクネ菌などの雑菌を減らし、お肌を清潔な状態に保ってくれる働きが期待できます。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているニキビケア商品はほかにも多数ありますが、ルメディカACNローションで注目したいのが、「金」も配合されているという点です。

ルメディカACNローションに配合されている「金コロイド液」は、強いバリア作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌はもちろん、さまざまな汚れや肌にとって不要なものを取り除き、肌を健康な状態に導いてくれます。

金はクレオパトラや楊貴妃など、歴史上の美しい女性たちも愛用していたという歴史があり、ルメディカACNローションに含まれている金は、より肌に浸透しやすいように小さな粒子になっていることから、美容効果が期待できます。

このほか、ルメディカACNローションには濃グリセリンや、トレハロース、トリメチルグリシンなど、保湿成分と抗炎症成分がたっぷり配合されています。お肌を清潔に保ち、肌本来のバリア機能を高めたうえで、しっかり保湿できる薬用ローションなのです。

ルメディカACNローションは楽天やamazonで買える?

2017年10月現在、ルメディカACNローションは公式サイトと湘南美容外科医院での販売のみで、楽天市場やamazonでの取り扱いはないようです。ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリサイトでも見つけることができませんでした。

湘南美容クリニック会員なら、湘南美容クリニックで買うのが送料がかからず一番お得でしょう。湘南美容クリニック会員でないのであれば、公式サイトから、毎月届く定期便で購入するのが一番安くて送料もかからないためお得です。

ルメディカACNローションは定期便で買っても、いつでも購入をやめることができるため、良心的ではじめやすい薬用ローションであると言えます。とくにニキビが気になっている方は、肌が荒れやすかったり、ちょっとした刺激も苦手と言う方も多いでしょう。

お試し感覚で、初回限定2,980円(送料無料)で買える定期便は、魅力的です。

ルメディカACNローションと似た商品と比較

プロアクティブ+と比較

ニキビケア商品として有名なのが、プロアクティブ+。よくCMなどでも目にするので、一度は使ってみようと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

プロアクティブ+は、薬用洗顔料、薬用美容液、薬用クリームの3ステップで肌を健康な状態にみちびきます。主成分となっているのは、サリチル酸や、ルメディカACNローションにもふくまれているグリチルリチン酸ジカリウムです。

効能が似ている成分が入っているため、ルメディカACNローションとプロアクティブ+は似たような効果が期待できます。

ただし、ルメディカACNローションが低刺激で肌にやさしいのに対し、プロアクティブ+はスクラブ状になっていて、使うと肌がざらざらして、「毛穴の汚れをかきだされる」ような感じがします。

もちろんこれは、毛穴につまった汚れや皮脂、アクネ菌をしっかり出すために大切なことなのですが、ひとによってはこのざらざら感が不快に感じたり、痛みや赤みがでてしまう場合もあるかと思います。

実際筆者は、プロアクティブ+を使ってみたことがあるのですが、ざらざらするだけでなく、なんとなく肌が溶けているようなぬめぬめ感もあり、使うと肌が突っ張ってしまうので、1週間くらいで使用をやめてしまいました。

プロアクティブ+を検討している方は、まず試しに30日サイズ(洗顔・美容液・クリームセットで4,900円)を購入してみて、ダメだったら「全額返金保証」を使って解約&返金してもらうというのはいかがでしょうか。

オルビス薬用クリアと比較

大人ニキビに効果的と言われているのが、オルビスの薬用化粧水、クリアシリーズです。アクネ菌などの細菌や、ストレスや疲労で弱りがちな肌の、バリア機能をたかめて、健康でニキビができにくい肌へと導いてくれる薬用ニキビケアセットです。

オルビスのクリアシリーズは、紫根エキスや甘草エキス由来のグリチルリチン酸など、自然由来の成分が豊富。オイルカットで作られているのでべたべたせず、オイリー肌の方でも安心して使うことができます。

クリアシリーズは、洗顔1,300円、化粧水1,500円、保湿乳液1,700円と比較的安く、続けるにあたり買いやすいという特徴もあります。

筆者が実際に、オルビスのクリアシリーズを使ってみた感想としては、さらっとしたつけ心地で伸びがよく、とくにクセもないので毎日使っても苦になりませんでした。すこしだけ消毒液っぽいニオイはありましたが、それほど気になるものでもなく、顔にぬりひろげればニオイはすぐに蒸発して気にならなくなりました。

クリアシリーズは、洗顔の泡立ちがよく、かといってプロアクティブ+のようにざらざらするようなスクラブ状ではなかったため、さっぱりした洗い心地で肌を傷める感じもしませんでした。コスパがよく、肌に良さそう、すくなくとも肌に悪影響はなさそう、という感想です。

オルビスのクリアシリーズは、トライアルとして3週間分のキットが販売されています。1,200円と手を出しやすい価格ですので、一度試してみてから継続購入を考えてみてはいかがでしょうか。クリアシリーズは単品購入もできるので、洗顔と保湿乳液のみ購入して、化粧水はルメディカACNローションを使って併用というのもアリかと思います。