小学校のPTA役員の仕事

初めて小学校入学、期待に胸を膨らませる我が子を見ながら皆さんが不安に思っていること…
それはPTA。PTA役員に当たったらどうしよう…忙しいんじゃないの?

どんなことをするの?学校に頻繁に出向かないといけないの?
初めての体験ですと、たくさんの疑問が湧いてくると思います。

そんなPTAに今年度初めてチャレンジ中の私。今回はそんな初めてのPTAについて、私が感じたこと、また大変だと感じている部分を、まだ途中段階ではありますが、書きたいと思います。

PTAを引き受けた経緯

我が子の通う小学校では、6年間に1回PTAを引き受けるというのが約束です。

これは各学年の役員を決めるというもので、6学年のPTA全体をまとめるような大きな役員の話ではありません。その為まだ気楽なものですが、それでもやはり1年間は会議の出席や学年で決まっている行事への参加もあります。

もちろん出産を控えているなどの正当な理由で辞退することは可能ですが、専業主婦だろうと仕事を持っていようと関係ありません。基本的には事前アンケートが配布され、そのアンケートを元に立候補した方の中から役員が選出されるのですが、立候補がなければくじで決まります。

そんな小学校のPTA、学校ごとに色々な決まりごとや役職はあるかと思いますが、うちの小学校では1年から3年のPTAが特に人気があります。やらなくていいものならやりたくないけど、やらなければならないなら低学年で…という話をよく聞きます。

何故なら4年生には二分の一成人式があるからです。この行事、PTAが主体になるのでかなり大変なようです。また5年生では自然学校、6年生では卒業式やそれに向けてのめまぐるしい行事。大掛かりなイベントが少ない低学年が人気なのは頷けます。

もちろん私もその噂を聞いていたのですが、1年生では下の子供の幼稚園入園もあり遠慮しました。それでも1年生の保護者のほとんどがPTA役員選出の会議に参加されていました。そして2年生になって、早めに役員を終わらせたくて立候補してみた私。

PTA役員選出会議…そもそも立候補してない方は、立候補がいるだろうし会議にでなくてもいいでしょ~くらいの勢いなのか、はたまた1年ですでに終わらせているのか、1年のときの5分の1くらいの参加者の中で役員選出が行われました。その空気の重々しさが半端なかったです。

無事学年のPTA役員(計6名)のうちの1人に確定

最低各クラスに1名は必須で、学年全体では計6名が必要な学年のPTA役員ですが、運良く5名がバランスよく立候補しており、残りの1名は、事前アンケートで「立候補がなければ引き受けます」と回答していた方が引き受けてくださいました。

こうして意外にも早く決まったPTA役員。すぐに1年から6年までのPTA役員全体をまとめる一番大変な役員さんが、6名の役割を決めるべく話し合いを開いてくださり、代表や副代表、その他もろもろの仕事の割り振りを決めていきました。

私は代表や副代表はまぬがれたものの、ちょっと荷が思い役割を引き受けました。しかしまだそちらは動きがないので、1学期で経験したPTAでのあれこれについてここから書いていこうと思います。

PTAの仕事

PTAは、保護者と先生の会であり、家庭と学校とが協力しあって教育効果を上げるための組織です。こう書くと難しいですが、要は保護者と先生でいろいろな取り組みを行い、児童を見守っていくというところでしょうか。

PTA自体は子供が入学すると保護者は必然的に加入という形ですが、その中で役員になった場合の主な仕事としては、「愛護」という児童の安全確保に努めるような取り組みをいろいろな場面で行っていたり、学校の遊具やその他の施設の向上のために「ベルマーク集め」を中心になって行ったりと、それぞれが担う仕事もあります。

そしてその片手間に、学年で行う先生と児童、保護者が一体になって行うイベントの企画運営の仕事があります。これはうちの小学校では学期ごとに1回ずつ行われるのですが、企業の方を講師としてお呼びして、児童&保護者向けの授業を行っていただいたり、劇団の方をお呼びして保護者と児童のために演劇をしていただいたりというものです。

保護者の参加は希望者のみですが、120人ほどの児童のうち、保護者は30名程出席がこれまでの平均参加人数のようです。

基本の仕事がかなり厄介

ここまでPTAについて、その役割や仕事内容について書いてきましたが、そもそもその仕事をするまでの過程がかなり厄介です。まず、PTA室を借りるのも事前の予約が必要で、予約をとるためにわざわざ学校に出向いて予約表への書き込みが必要なのです。

そしてコピー機の使い方もややこしくて、印刷する枚数は予備の枚数まで決められており、クラスごとにクリップ(こちらも学校指定のもの)でまとめ、投函。しかも手紙を作成しても1週間かけて先生、役員会長、校長、教頭とすべての方に目を通していただき、初めて配布することができるというかなり時間がかかる手順を踏まなくてはなりません。

まずはこんな基本の仕事が厄介すぎて何回説明を聞いても首をかしげてしまうことばかりです。うちの学校だけかもしれませんが、もっとスムーズにできれば役員を引き受ける方も出てくるのでは…とも思います。

イベントでは、学期ごとに1度開催すればよいのですが、こちらもまずは先生との話し合いが必要になってきます。学校が終わってから1時間ほど、学年のPTA役員と先生で話し合いをし、次回のイベントについて、その日程と大体のタイムスケジュール、内容を決めていきます。

大体が例年と同じような内容のイベントを行っているので、昨年の記録を見ながらすすめていきます(ちなみにどんなときも記録をのこすのが鉄則!但し児童関係、保護者関係の個人情報など記載されているものは全てシュレッダーにかけたのち処分!)。

講師を招く場合は講師側とのスケジュール確認やある程度の内容のすり合わせを行って本番を迎えます。主に代表の方が講師の方に連絡をしてくださったりするのですが、お子さんの体調不良や、都合が付かない時は、手の空いた人がフォローする形です。

120人のイベントを不都合なく組み立てるなんて、かなり緊張するのですが、みんな同じ思いなので、何度もシュミレーションしたり、事前チェックは細かくやっています。

イベント当日はぶっつけ本番

イベントの前日には、先生や学校から機材をお借りしたり、会場(体育館等)の設定のシュミレーションを行ったりするのですが、講師の方との面と向かってのすり合わせは、当日講師の方がお見えになってからしかできません。

またお茶などの差し入れも頃合を見計らって行うなど、緊張の時間です。

しかし、いざ子供たちや保護者が入場してくるとその緊張もどこへやら、楽しんでくれている様子を間近で見られるのは役員の特権です。また低学年のうちは子供も自分のお母さんが活躍しているのを見ると嬉しいようで、イベントの合間に手を振ってくれたりします。

当日は保護者の出欠も出欠表でしっかり確認し、またイベント終了後はアンケートをとり、そのまとめをお手紙にして配布、しっかり記録として残し次年度へと引き継ぎます。そこまでが一連の流れです。

PTA役員の良いところ

では、PTA役員の良さってどんなところにあるのでしょうか。
私が1学期を通して感じたこととしては

○学校の先生との距離が縮まる
○学校に訪れることで校内の雰囲気がわかる
○運が良ければ校庭で遊ぶ様子が見られる
○保護者とも近くなり、顔が広くなる

といったところでしょうか。

小学校に入ると急に保護者間の距離、先生との距離が開きます。聞きたいことがあっても聞く機会がなく、懇談まで胸にしまっていたりすることもよくあります。連絡帳に書いていいのか書かない方がいいのか、大したことないのか大したことなのか…幼稚園の時のように気軽に相談できない雰囲気が小学校にはあります。

でも、PTA役員を通して先生との距離が縮まったり、学校に赴く回数が増えることで、話す機会が増えるということも期待できます。また、校内の雰囲気も感じ取れますし、子供の様子も運が良ければ見ることができます。

そして、PTA役員が決まったあたりの時期は、保護者間で「今年度は誰が役員をやっているのか…」という話になります。また、保護者参加のイベントでは出欠も取るので、その際に顔を覚えてもらったり声をかけてもらうこともあります。

学年のPTA役員同士も、いろいろな苦労を一緒に解決したり、相談しあうことで信頼も生まれてきます。苦手だな…と思っていた人と意外に気があったり、1年間一緒に取り組む中で芽生えるものもあるように思います。

PTAの大変なところ

○学校に出向く回数が増える(役職による)。
○先生が出席する会議などは大体授業終了後の為、下の子供(未就学児)は子連れか預かり保育等を利用しなくてはならない。
○PTA室等の決まりごとが多く、場数を踏まないと覚えられない。
○先生への質問等は、まずは先生探しから始まり、見つけてもすぐに話ができる状況かどうかタイミングを見計らう、というふうになかなか一筋縄には行かない。

等、先生との関係は、どうしても幼稚園程にはならないので、とにかく忙しい先生の失礼に当たらないようにしながら、いかに自分たちの業務を遂行していくかを考えるのは大変です。また、PTA室の決まりごとは、データの管理、個人情報漏洩防止、また必要になった時にすぐに情報を開示できるように、という観点に基づき、私たちが小学生時代よりかなり厳しくなっていると思います。

実際私の母親もPTAを2年程経験していますが、当時はそんなに厳しくなかったといっています。時代と共に、複雑になっているのは確かなようです。

どんな姿勢で臨めば良いのか

色々な保護者の方がいるように、PTA役員にも色々な方がいます。例えばパソコンがすごく得意な方。人前で話をするのが得意な方。司会進行が上手な方。かと思えば逆に仕事などが忙しくて引き受けたはいいけどあまり会議に出席できない方。

人見知りな方。子供が病気がちでよく欠席する方。色々なことを器用に要領よくはできない方…。とにかくみんながみんな同じように仕事がこなせるかと言えばそうではありません。でも、とにかく我が子の事を思ってPTA役員をされていることには変わりはありません。

そういう面をお互いにフォローしながら業務を遂行していこうという姿勢さえ持っていれば良いのかなと1学期を経験してきて思いました。その為には情報の共有が必要不可欠です。私たちは、学年のPTA役員6名が確定した時点でLINE交換をしました。

今時ですが、6名が漏らすことなく情報共有できる事で、学年のイベントの進捗状況等がすぐに確認でき、また会議への出欠も全員が把握できるので、とても便利です。情報共有できることで、1人で考えるより良い意見も出たりして、全員で考えるというスタンスが出来上がります。

もちろん取りまとめるような役職についている方となると、かなりの重荷もあるかとおもいますが、他の方々が自分の出来る範囲で全面協力していくという事が、そのような役職の方を支えるにも大事な事だと思います。

最後に

私自身もすごく頼りない部分があるので、偉そうな事は決して言えませんが、学年のPTA役員を引き受けるという事は、自分の時間も割かなくてはいけませんが、やりがいもあります。週に何回も学校に足を運ばれている方もいれば、できるだけ学校に来る回数は抑えて1度に済ませられるように、出来る人が出来ることをするという話も聞きます。

それは一緒に組んだ6名のメンバーぞれぞれの意見によっても異なりますが、メンバーは先述したように、立候補からの選出になるので、立候補が多ければじゃんけんにもなりますし、立候補が少なければくじ引きになり、誰となるかはもう縁としか言えません。

私は今回幼稚園からの友人数人が一緒になり、後は全く知らない方という組み合わせでしたが、どの方もフレンドリーで、会議の後は和気あいあいあとお話をしたりしています。

学校によって条件や内容が違ったり、役職によってはかなり大変かとは思いますが、お仕事をお持ちだったり、これから仕事を始めたいとお考えの方は、出来れば大規模イベントが少ない低学年のうちに済ませておかれるほうがいいと思います。