子育て主婦の「おひとり様時間」何して過ごす?100人に教えてもらいました!

子育てしているいとなかなかひとりの時間って持てませんよね。子供がお昼寝をしているときや、ちょっと実家に預かってもらっているときなど、ほんの一瞬できた「おひとりさま時間」を、みんなはどう過ごしているのでしょうか? 

今回は100人の子育て主婦に聞いてみました。

アンケート結果:おひとりさま時間の過ごし方


4位の「外出」がたった11%であることに驚きをかくせません。つまり9割ちかくのひとが、おひとりさま時間は家で過ごしていることになります。「せっかくひとりの時間なのに、なんで外にでないの?」なんて思った方、コメントを見ればその理由がわかりますよ。

★読書、おやつ、録画の消化、家でゆったり・・・41%

・育児中のおひとり様時間といえば、子供が寝てる時間です。なので、音をたてない事しか出来ません。私はネットをしたり、イヤホンをつけて録画してるテレビ番組を観てました。(鹿児島県・41歳・女性)

・普段行けないところに買いものに行きたいけど、実際は家で離乳食作って冷凍保存したり、録画したけどなかなか見られなかったハードディスク見たり、スマホで調べものしたりします。(岡山県・37歳・女性)

・DVDやVOD鑑賞が多いです。子供が大人しくしていたり寝ているタイミングだけなので、極力目は離さないようにしています。(北海道・29歳・女性)

★ツイッター、youtube、ネットショッピング、スマホ全般・・・19%

・私はyoutubeの動画を見るのが好きなので、ずっとスマートフォンの画面に釘付けになっています。自分の趣味の動画を見て、癒されています。(大阪府・25歳・女性)

・子供がお昼寝をしてる間のおひとり様時間は、コーヒーを飲みながら携帯でSNSを見たり、晩御飯のメニューを考えています。(宮城県・29歳・女性)

・パソコンでネットサーフィン、スマホで音楽を聴いたり、コーヒーを飲みながらおやつにしたり、オンラインのゲームをします。(福岡県・29歳・女性)

★掃除、おかずの作り置きなど、家事・・・13%

・1人で使える時間は短く、限られているので、スマホを触ったり、家計簿を付けたり、子供がいるとできないことをちょこちょこ片付けていくのに時間を費やしてしまいます。大掛かりなことは出来ません。(兵庫県・27歳・女性)

・普段時間をかけて掃除が出来ない所(キッチン・お風呂など)を掃除する。(大阪府・38歳・女性)

・掃除洗濯、子どもがお昼寝している合間にしかガッツリ出来ない家事をこなしてしまい、あとは撮り溜めしていたドラマをカフェタイムしながら観たりします。(東京都・43歳・女性)

結局のところ、子育て主婦のおひとりさま時間は「子供がかたわらにいる状態での、ほんの一瞬ひとりになれる時間」のようです。そのほとんどが子供が寝ているタイミングのようで、さわがしくできませんし、ましてや子供をおいて外に出るなんてことができないという方がほとんどなのでしょう。

そんな制約がありまくりの状況下でもできるリラックス方法を見つけ、ストレス発散しているというのが、子育て主婦の現状なのです。

「毎日スマホばかり見て」「こんなにドラマ撮りためて、見る時間あるんじゃん」なんて子育て主婦の毎日をバカにしているご主人がいるかもしれませんが、「これしか楽しみがないのか」と思えば、見方が変わるのではないでしょうか。

★美容院、カフェ、ショッピングなど、外出・・・11%

・まず、美容院に行って、ゆっくりお茶をする。TVをオンタイムで見て、そして最後は普段できない、ゆっくり湯船につかる。(大阪府・36歳・女性)

・ストレス発散のために1人カラオケで熱唱し、終わったら子供がいるとなかなか行けない、頭皮マッサージと髪の毛を切りに美容院へ行きます。その後はカフェでスマホを片手にぼんやり人間観察をします。(千葉県・29歳・女性)

・外出できるときならば、園芸店にいって花の苗などを見ます。育ててみたい植物を多数見つけて購入することもあります。一番のストレス発散になります。(京都府・36歳・女性)

数時間でも外出できると、気分転換になりますよね。
ここぞとばかりに行きたかったところに行くという方も多いようです。

でも、ひとりで外出している状態でも、子育て主婦ってなにかと家のことや子供のことが気になってしまうもの。

「ちゃんとご飯食べてるかな」「雨降ってきそうだけど、洗濯ものとりいれてくれたかしら」「晩御飯はこれを買って帰ろう、あっちのスーパーも寄ればあれが安く買えるわ」なんて思って、計画していたことの半分もできずに、足早に帰宅するなんてこと。

また、あまり遠くまで行ってしまうと、なにかイレギュラーな事態が起きた時にすぐにもどれないため、近場で我慢している方も多いのではないでしょうか。

子供がある程度大きくなって、自分のことは自分でできるようになると、家のことを気にせずのびのび外出できるようにもなりますから、ここは我慢のしどころでもあるのかもしれません。

★在宅ワーク、内職・・・9%

・働いて稼ぎたいのですが、育児中は働きに出れないため在宅ワークに専念したり、資格取得のために勉強をしたり知識を積み重ねて過ごしていきたいと考えています。(大阪府・28歳・女性)

・一人の時間は、パソコンかスマホを操作していることが多いです。最近はクラウドソーシングに当てることが多くなりました。とはいえ、子供がお昼寝をしなくなってきたので一人の時間などほとんどありません。(東京都・37歳・女性)

・育児中の一人時間は、子供が起きないうちに、家事を済ませて時間がある時には子供服を作ったり、少し副業をしているため、インターネットを使って仕事をしたり、調べものをしたりしています。(滋賀県・34歳・女性)

パソコンとネットを使った在宅ワークや、特技や趣味をいかした内職って楽しいですし、なにより「社会とつながってる!」という充実感もありますよね。

子育て主婦は、「子育てや家事は、やって当たり前」「子育ては母親の仕事」と思われていて、なかなか感謝されたり労われる機会がありませんから、そういった意味でも承認要求をみたしてくれる在宅ワークは、やりがいがあるかと思います。

自分のおこづかいを稼いだり、家計にすこしでも貢献できれば、それだけで存在意義を確立できますし、ご主人に大きい顔されないというメリットにもつながるという点で、在宅ワークや内職をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

★その他・・・7%

・ひたすら寝倒して過ごします。寝ると元気が出るので、本当は読書とかお菓子作りとかもしたいのですが、そんな余裕がありません。(岡山県・29歳・女性)

・育児中は1人になる時間がほとんど持てないので、「おひとり様時間」では何もかも忘れてゆっくりと眠りたいと思います。(埼玉県・45歳・女性)

子育て主婦、とくに子供がちいさいと、夜かならず寝られるかどうかわからないんですよね。

何度も夜泣きで起こされたり、子供の急な発熱や嘔吐で全然寝れなかったり…そう思うと、寝られるときに寝て、体力を回復するというのは非常に有益かと思います。ご主人は「ダラダラ寝てばかり」なんて思わず「子育てで疲れてるんだな」「体力回復してるんだな」と思って、そっとしてあげて、できることなら代わりに家事をやってあげてください。

年代別、おひとりさま時間の過ごし方

おひとりさま時間の過ごし方、年齢によってちがいはあるのでしょうか? まず20代、30代の過ごし方ですが…


20代~30代の子育て主婦はほぼ過ごし方かわらず、多くのひとが自宅でゆったりしたり、スマホを見たり、家事をして過ごしていることがわかります。では、40代~50代の主婦たちはどうでしょうか?

40代~50代でもやはりダントツ1位は「家でゆったり」でした。

しかし、20~30代とちがうのは、2位に「外出」がきていること。やはり子供が大きくなり、幼稚園や小学校へいったり、ひとりでお留守番ができる年齢になってくると、ひとりで外出してストレス発散する主婦も多いようです。

いまべったり育児で「ひとりで外出したい…」「おひとりさま時間をたっぷり満喫したい」と思っている主婦の方、お子さんが大きくなれば、いつかかならずおひとりさま時間をたっぷり持てるようになりますから、それまでどうにか踏ん張ってください…!

おわりに

筆者はこのアンケートをとる前、おひとりさま時間と言えば「子供をだれかにあずけてゆっくりできる時間」という認識でした。でもこのアンケート結果を見ると…多くの人が「子供が寝たあとの時間」「子供がひとりで遊んでくれているちょっとした隙」をおひとりさま時間ととらえているということがわかります。

子育て主婦の多くが、本当の意味での「おひとりさま」になれる時間なんてそうそうない、ということがこのアンケート結果でわかるかと思います。みなさん本当に子育てお疲れ様です。子育て主婦が、すこしでも子供と離れて、のびのびおひとりさま時間が持てるように、ご主人やまわりの方はぜひとも協力してあげてほしいものです。