パナソニックドライヤー 「ナノケア」白 EH-NA98|スキンモードがすごかった!

髪がまとまらない、朝起きたら寝ぐせがすごい、ぱさぱさで髪の潤いゼロ…髪って悩みがつきませんよね。美容院できれいにしてもらっても、持って1日程度、翌日にはまたぼさぼさで嘆いている、なんてひとも多いのではないでしょうか。

筆者も長年、ハネまくる髪に悩んできました。そんな悩みを解消してくれたのが、Panasonicのヘアドライヤー、ナノケアだったのです。

百聞は一見にしかず、ナノケアを使った髪の変化をご覧ください。まず、ナノケアを使う前の髪がこちら。

そしてナノケアを使い始めて3日後の髪がこちらです。

ぱさぱさで潤いがなく、毛先があっちこっちにハネまくっていた髪が、わずか3日でしっとりつやつや、まとまってきたのです。手触りもすべすべつやつやで、からまることなくする~んと手櫛が通ります。

今回はナノケアシリーズEH-NA98について徹底レポートしてみたいと思います。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA98-W

ナノケアのパワー!速乾力がありました

こういった髪をいたわる系のドライヤーって、風量が少ないイメージがありました。ですから、ナノケアはセットだけに使おうと思っていたのです。でも、使ってみて「これめっちゃ乾くの早い!」と気付き、以後、びしょ濡れの髪を乾かすところからセットするところまで、すべてナノケアだけで行っています。

風量が最も大きいターボモードで乾かしたときの髪がこちらです。

突風に吹かれたように舞いあがっていますよね。これだけの量の風がブォォォっとふいています。

ホットモードで使った時の温度は125度。同じ部位に当て続けると熱いので、本体をゆらしながら、髪のほうは片手でわさわさしながら当てるとちょうどいい温かさになります。

本体の横についているボタンを長押しすることで、温かいけどちょっと温度低めの適温モードになってくれるので、熱いのが嫌なひとは適温モードで使うといいでしょう。一回設定しても、設定が続くわけではないので、スイッチを入れ直すたび適温モードにしなおさなければいけないのがちょっと面倒ですが。

風量&熱量ともにパワフルなので、速乾力は抜群です。私はご覧の通りショートヘアなので3分ほどでほぼ乾きますし、セットモードに切り替えてセットまでしてトータル5分もかからず完全に髪が乾きます。

このほか温風と冷風を交互に出すモードや、冷風のみを出すモードもあるので、クールダウンしたいときに使ってみて下さい。モードの切り替えはすべて側面のボタンでできます。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA98-W

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。