パナソニックドライヤー 「ナノケア」|スキンモードがすごかった!

髪がまとまらない、朝起きたら寝ぐせがすごい、ぱさぱさで髪の潤いゼロ…髪って悩みがつきませんよね。美容院できれいにしてもらっても、持って1日程度、翌日にはまたぼさぼさで嘆いている、なんてひとも多いのではないでしょうか。

筆者も長年、ハネまくる髪に悩んできました。そんな悩みを解消してくれたのが、Panasonicのヘアドライヤー、ナノケアだったのです。

百聞は一見にしかず、ナノケアを使った髪の変化をご覧ください。まず、ナノケアを使う前の髪がこちら。

そしてナノケアを使い始めて3日後の髪がこちらです。

ぱさぱさで潤いがなく、毛先があっちこっちにハネまくっていた髪が、わずか3日でしっとりつやつや、まとまってきたのです。手触りもすべすべつやつやで、からまることなくする~んと手櫛が通ります。

今回はナノケアシリーズEH-NA98について徹底レポートしてみたいと思います。

ナノイーとはそもそも何なのか?

ナノケアからはナノイーと呼ばれるものが出ているらしく、これが髪のしっとり感やつやに繋がっているそうです。では、そもそもナノイーとはなんなのか?説明書によると、ナノイーというのは「高電圧をかけられた水が分裂してできた、水に包まれた微粒子イオン」だそうです。

ナノケアの公式サイトを見ると、図入りの解説があります。これによると、ナノイーというのはとても小さなナノサイズのイオン。つまり、高電圧が加わり分解され、とてつもなく小さくなった水のことで、これを温風とともに吹き付けることにより髪に潤いをあたえられるというのがナノイーの仕組みのようです。

髪に水をつけるとしっとりして、ハネがおさまったりしますが、その水をめちゃくちゃ小さくしてより髪に定着させているのがナノイーということなのでしょう。

ナノケアはどのモードに設定しても、つねにこのナノイーが出続けています。ナノイーが作られているのはこちら、温風がでてくるところの上にある、小さな3つの穴です。

温風そのものにナノイーが混ざっているわけではなく、温風の上からナノイーが降り注いでいるというイメージなのですね。

ナノケアのパワー!速乾力がありました

こういった髪をいたわる系のドライヤーって、風量が少ないイメージがありました。ですから、ナノケアはセットだけに使おうと思っていたのです。でも、使ってみて「これめっちゃ乾くの早い!」と気付き、以後、びしょ濡れの髪を乾かすところからセットするところまで、すべてナノケアだけで行っています。

風量が最も大きいターボモードで乾かしたときの髪がこちらです。

突風に吹かれたように舞いあがっていますよね。これだけの量の風がブォォォっとふいています。

ホットモードで使った時の温度は125度。同じ部位に当て続けると熱いので、本体をゆらしながら、髪のほうは片手でわさわさしながら当てるとちょうどいい温かさになります。

本体の横についているボタンを長押しすることで、温かいけどちょっと温度低めの適温モードになってくれるので、熱いのが嫌なひとは適温モードで使うといいでしょう。一回設定しても、設定が続くわけではないので、スイッチを入れ直すたび適温モードにしなおさなければいけないのがちょっと面倒ですが。

風量&熱量ともにパワフルなので、速乾力は抜群です。私はご覧の通りショートヘアなので3分ほどでほぼ乾きますし、セットモードに切り替えてセットまでしてトータル5分もかからず完全に髪が乾きます。

このほか温風と冷風を交互に出すモードや、冷風のみを出すモードもあるので、クールダウンしたいときに使ってみて下さい。モードの切り替えはすべて側面のボタンでできます。

ナノケアのここがダメ!

音がうるさい

速乾力は申し分ないナノケアなのですが…風量がこの通りですから、当然音はうるさく、使っているときはテレビの音も、まわりでしゃべっている人の声もまったく聞こえません。

使っていると子供に「ママ、ドライヤーうるさい!テレビが聞こえない」と怒られることしばしば。髪が長く、長時間ドライヤーを使う場合は、うるさくても問題ない部屋で使ったほうがいいかもしれませんね。

重い

ナノケアの重さは575g。ずっしりした見た目の通り、重いんです。

私はショートヘアで、乾かすのにそんなに時間がかからないので、苦痛というほどではありませんが、それでも毎日持っていると「重いなぁ、手がだるいな」と思います。とくに頭頂部あたりの毛を乾かすために、上から風がくるように持つと本当に重くて落としてしまいそうになるほど。

握力に自信のない方は、売り場で一度持ってみて、耐えられるかどうか試してみたほうがいいでしょう。

くさい

なぜかナノイーって臭います…。最初使った時、もわっと不思議なニオイがしたので「故障か?!」と思って調べてみると、ナノケアから発生しているミネラルマイナスイオン特有のニオイとのこと。

例えると、洗濯ものの生乾き臭みたいニオイなので、はっきり言って不快なニオイです。とくにスイッチを入れた瞬間、むわっと臭うので、最初は正面からではなく、できれば後頭部あたりから当て始めた方がいいかもしれません。

ニオイが苦手なひとはナノケア自体使えないのではと心配になるほどの、独特なニオイです。

毎日使っていればだんだん鼻になじんできますし、逆にニオイがある=ナノイーがちゃんと発生しているということで安心もできるのですが…いまだにこのニオイは好きになれません。ちなみに毎日使っても、髪にニオイがつくことはありませんでしたのでそこはご安心ください。

ナノケアのスキンモードが本気ですごい!

速乾性もさることながら私がナノケアを使って一番スゴイと思ったのが、スキンモードでした。

髪にうるおいを持たせるナノイーですが、うるおいを持たせられるのは髪だけにとどまりません。肌にもうるおいを保たせることができるのです。

まず持ち手のスイッチ部分をセットモードにして、本体側面にあるボタンを何度か押すとコールドモードになります。そのときスキンのランプもつきますから、これがつくとスキンモードになっているということ。

この状態で、顔から20センチくらい離して、1分くらい風をあてます。すると、お肌しっとりつるつるになるのです!

「ええ~?ほんと?風を当てるんだから、逆に乾燥しそう…」と思った方、私も最初は半信半疑でした。なので、疑り深い私は実験してみたのです。顔でやると分かりづらいので、足でやってみました。結果がこちらです。

まず、右足と左足、それぞれナノケアを使う前に、潤いをチェックしておきます。


スキンモードをあてる前、左足は水分量37%、油分24%でした。右足もほぼ同じで、水分量37%、油分25%です。

どちらもあててしまっては差が分かりづらいので、右足のみナノケアのスキンモードを約1分当てました。

左足には絶対風があたらないよう、全力で足を開いてます。

1分後、結果がどうなったかというと…ナノケアがあたっていない左足は、水分量35%、油分24%とほぼ変わらず。

一方、ナノケアをあてた右足は…
水分量44%、油分29%、ついでに評価も上がって「キメが整っていて良い」という結果に!

ナノケアをあてただけです。保湿ジェルもぬっていませんし、ナノケア以外は一切なにもしていません。なのに水分量37%→44%という、おどろきの変化!

この実験をするまで「スキンモードにすると、なんとなくうるうるつやつやになるけど、気持ちの問題かもしれない」なんて思っていました。たしかに髪はまとまるナノケアですが、肌にまでそんなに影響があるなんて、信じられなかったのです。

ですが、この結果で「本当にナノケアすごい!」と思えました。ちょっと高かったけど、買って良かったと思えました。

スキンモードだけでも買う価値あると思います。「本当なの?やらせじゃない?」と思っている方は、ぜひ店頭などで試してみてくださいね。ほんの1分でつやつやしっとりになりますよ。

ナノケア、髪のまとまりは持続するのか?

夜念入りにセットしたのに、朝起きたらぼさぼさ、なんてこと、だれしもありますよね。筆者も頻繁にありました。では、ナノケアを使い始めて、朝の寝ぐせはどうなったのか?こちらをご覧ください。まず、寝る前の髪がこちらです。

そしてこちらは、朝起きてすぐ、まだ顔も洗っていないときの髪です。

毛先はあちこち好きな方向を向いていますが、全体的にすとんと落ちています。以前はありえないほど毛先がぱさぱさになって、使い古した箒のごとく好き勝手ハネまくっていたのに、ナノケアを使った翌朝は、この通り、まだマシです。

さすがにセットしたままの状態で起きられるなんてことはありませんが、以前のように「この髪じゃ絶対外に出られない!」というほどのひどさはありません。

あと、ナノケアを使った翌朝は、ナノケアを使った直後以上にしっとりと髪に潤いがある感じがします。寝ている間の皮脂の分泌もあるかと思いますが、べたべた感はなく、しっとりさらっとした感じなので、これも評価したいと思います。

朝、ありえないほどはねまくった髪をセットしなおす余計な時間がかからなくなったので、ナノケア、そういった面でも買って良かったと思います。

ナノケアの力を最大限引き出す方法

さて、使うだけでもさらさらつやつやに仕上がるナノケアですが、さらにそのパワーを引き出すにはどうしたらいいのでしょうか。同じくナノケアを使っていて、モデルみたいに髪の毛さらさらつやつやの友達に聞いたところ、教えてもらったポイントは以下の通り。

1.しっかりシャンプー、リンス、コンディショナーをする
2.コンディショナーは重めに、たっぷりつける
3.それぞれきれいに流し、頭皮に残らないようにする
4.ナノケアを使う前に、洗い流さないトリートメントをつける
5.ナノケア温風でしっかり乾かしたあと、冷風でセットする

私も実践してみました。

シャンプー、リンスはいつも使っている「いち髪」を使い、コンディショナーはサロンでタダでもらったやつを使い、仕上げの洗い流さないトリートメントはこちら、ラサーナを使いました。

ラサーナは昔から使っているのですが、オイル系でちょっと重めに仕上がるものです。毎日使っているとべたつき感がでてくるため、普段使いはしておらず、なにかイベントがあるときだけつけるようにしています。

教えてもらった通り、しっかり洗い流したあとラサーナをつけて、ナノケアで整えました。翌日の髪がこちらです。

見た目がつるーん!つやつや!
手櫛をいれなくても整っているという、理想の仕上がりに!

とくに太陽の光を浴びた時、天使の輪ができるくらいつやつやになったのにはびっくりでしたし、嬉しかったです。ただ、この方法毎日やるには時間がかかりすぎますし、面倒なので、特別な日だけにしようと思いました。

ナノケアのコスパは?壊れない?

さて、ナノケアですが、私が購入したEH-NA98型はamazonで14,079円でした。楽天市場などを見ていても、相場は14,000円~15,000円くらいのようです。

ドライヤーひとつにこのお値段、正直躊躇しちゃいますよね。私はケチなので買うかどうか本当に迷いました。買おうと決めたきっかけは、ナノケアを昔から使っている母の助言です。

母は5年以上前にナノケアを買ったのですが、当時買ったナノケアはいまも現役。壊れていませんし、使えば髪がさらさらになっています。「毎日使うものだし、何年も使えると思ったら、一日あたりの単価は安くなるんじゃない?」と言われ、それもそうか、と。

すぐ壊れてしまうものに1万円以上払う気にはなれませんが、5年使ってもまだまだ使えるナノケアなら、お金を出しても惜しくはない、そう思えたので購入することにしたのです。ちなみに私の妹もナノケアを使っているのですが、こちらも4年使って一度も壊れたことがなく現役だそうです。さすがパナソニック、いいもの作っていますね。

ナノケアのお手入れ方法

説明書には、ナノイーが発生するため三つの穴を定期的にお掃除する必要があると書かれていたので、やってみました。綿棒の先をちょっとぬらして、穴をくりくりっと軽くこするだけの簡単な作業です。

しかしこれ、やってみて思ったのですが、ふつうの綿棒では真ん中の穴は掃除できても、両サイドがまったく掃除できません。穴がちいさすぎて入らないのです。我が家にはたまたま赤ちゃん用綿棒があったので、それを使ってなんとか入りましたが…これだけの掃除のために赤ちゃん用綿棒を買うっていうのも、ちょっともったいない気がしました。

穴の中はでこぼこしていて引っかかる部分もあるので、ティッシュで掃除すると中に紙の繊維や、ちぎれたティッシュがからまってしまって逆効果になってしまうと思います。ナノイー効果を最大限引き出すために、100均のものでもいいので赤ちゃん綿棒を買って、定期的にお掃除したほうがよさそうです。

ちなみに掃除したあとは、なんとなくナノケア独特のニオイが強くなっているようなので、ナノイー発生にはお掃除がかかせないのかなと思いました(本当になんとなく程度ですが)

おわりに

半信半疑ながらも買ってみたナノケアですが、使ってみてすぐに効果が表れたこと、そしてスキンモードによる肌への良い影響もあったので、買って良かったと思います。

気になっている方は、2017年9月には、新型ナノケアがでるようなので、そちらを買うか、あるいは新型が出たことによって型落ちとなり、安くなった旧型を買うというのもありかと思います。

ナノケアはどの家電量販店でも、サンプルとして置いてあるので、まずはご自身の髪で試してみてから購入するのもおすすめです!