就職支援プロジェクト「パソコン講座」

子育てが少し落ち着いた…そろそろ再就職を。とお考えの方、多いと思います。

私も結婚を機に退職して8年目を迎えた昨年、子供2人が小学校と幼稚園へ…。自分の時間というものができふと周りを見渡すと、既に子供を保育園等に預けて働き始めている人、子供はまだだけど結婚してもバリバリに働いている人、実に夫婦共働きの家庭が多いこと!

子供が通っている幼稚園の夏の預かり保育も、昨年は1日50人を超え、今年は先着順に人数制限をかけたとのこと。幼稚園なので、大体14時までの預かりですが、延長保育も利用できます。共働き家庭が増えている現代、今後もますます利用者が増える見込みです。

そんな現状を見ていると、自分の立場について考えさせられるものってありますよね。そして何より就職といえば、今はパソコンが使えないと話にはなりません。

私は結婚前まで食品会社の営業として店頭で勤務しており、主に接客やその売り場の管理、人材教育を担当していたため、パソコンというものはその日の売上報告や在庫管理のための数字の入力くらいしか経験がありませんでした。

もちろん大学でもワードやエクセルは少しかじったものの、ガッツリ「パソコン出来ます!」なんて言えない…。そんな私がふと子供の習い事で訪れた施設で目にした、就職支援つきのパソコン講座に参加した時の体験談について書きたいと思います。

思い立ったが吉日、すぐに受講

育児が少し落ち着いた頃、上の子の習い事で訪れた施設が、たまたま若者の就職を後押しする事業所も併設している所でした。いつか再就職をしたいと思っていた私は、下の子の世話をしながらそこで求人広告等を習い事が終わるまで見ていました。

しかし、どの求人も週3~週5日、時間も5時間~とかフルタイムとか…。幼稚園が始まるのが9時だから、5時間後は14時の降園時間…。家事との両立や、自分の疲労度を考えてもとても無理そうでした。

通常保育の後の預かり保育も利用してもいいけれど、もし子供が朝から少し風邪気味だったら預かり保育も気が引けるし…。そもそも病気したら兄妹間の感染は避けられない、ともなると1週間出勤出来ないことだってあるし。

なんて考えると、とてもとても…と求人のチラシを棚に戻していると、ふとパソコン講座のチラシが目に飛び込んできました。しかも就職支援込みのパソコン講座、とりあえずパソコンに自信がなかった私は、細く目を通していきました。

就職支援と言えばハローワークですが、利用する年代も幅広いし、何だか勇気がいる…。

なので少し距離を置いていたのですが、私が訪れた施設は、習い事やイベントなどで会議室やホールを貸し出ししている以外に、「若者サポートステーション」という事業所の拠点地となっており、39歳までの方が登録できる所でした。

就職先を積極的に斡旋してくれるのではなく、どんな業種があうかとか、面接の相談に乗ってくれるとか、スキルupを目指す為のセミナー等の開催、そういうサポートを無料でしてくれるという場所で、それほど多くの方が利用しているというイメージはありませんでした。

でも、無料で受講できるということと、厚生労働省委託事業ということで、とりあえず安心だろうと、早速チラシに書いてあった申込み用の連絡先に電話してみました。

丁寧な対応に好印象!

就職のサポート、しかも無料受講…絶対対応が悪いんだろうな…と思っていた私ですが、電話に出た女性の方は、すごく丁寧な対応をしてくださいました。

「まだ子供が幼稚園に入ったところで、本格的な就職活動のスタートではないのですが…」と恐縮しながら言うと「何事も気持ちが大切ですから、大変な中、1歩踏み出して連絡くださりありがとうございます!」
と返ってきました。
それだけで泣きそうですよ!子育てしていると、誰にも認められないとか、褒められないとか悶々としますよね。しかも働いていないとなると、何となく「楽している」「旦那の給料をのうのうと遣って…」なんていうレッテルを貼られている気がします。

未来を担う子供を育てているということを誇りに思って…なんて言われますが、今のご時世、そんな風に思う人、なかなか少ないです。そんな中でこんな温かい言葉かけられるとホッとします。直近の受講は埋まっていたので、1ヶ月後の受講手続きをさせてもらい電話を切りました。

受講は、たったの6名程

講座自体は4日間のスケジュールで、1回4時間程だったと思います。午後1時からだったので、上の子、下の子が帰ってくる時間と重なってしまったのですが、両親や主人に快諾を得て、参加させてもらいました。

1日4時間も?なんて思いましたが、知らない事を実技しながら勉強するという事が新鮮で、あっという間に終わりました。

一体どんな人が一緒に受講するのかと不安でしたが、39歳までの人が対象でしたので、同じ境遇の主婦の方もいるかと思いきや、主婦は私だけでした。再就職を目指している方や、営業の合間をぬって来る会社員の方もいらっしゃいました。

皆さん基本的な打ち込み等は出来ている人が多かったですが、真剣に受講されていました。授業では実際に1人1台パソコンを使い、先生のパソコンをプロジェクターに接続してホワイトボードに写しながら授業を受けました。

受講内容

勉強内容はワード、エクセル、パワーポイントの基本的な使い方が主ですが、以下の冊子を配布されました。

中身もしっかり参考書のようになっています。

まずはパソコン入門という事で、パソコン立ち上げからの授業でした。デスクトップの説明から、アプリ立ち上げ、ゴミ箱の使い方、ファイルの新規作成等を習い、1時間半ごとに休憩をとります。

ワードでは文章の打ち方、余白や用紙の向き等の設定、中央揃えや表の挿入の仕方、太文字に変えたり字体を変えたり、ワードアートを使ったり…実際に社外文書や社内文書を作成したりもしました。

先生もパソコンに精通している方で、一人ひとりの質問に丁寧に答えてくださり、進行具合もゆっくりながらきちんとキリの良いところまで終わらせていました。また、エクセルではデータ入力、数式の作成やグラフの作成、オートSUMを使っての数式の入力など、基本的な操作と共に、実際に売上実績の一覧表を作ったり、その表をグラフにして比較したりと、実践で使えそうなスキルの勉強もしました。

最後の時間ではパワーポイントの作成も教わり、新鮮な気持ちで最後まで受講することができました。毎回「これくらいできたら、基本的なスキルはあると面接で答えて大丈夫ですよ!」と先生がおっしゃり授業は終わりましたが、忘れないように授業ごとに家で復讐もしました。

ちなみに授業中、上の子の小学校のお迎えと同時に習い事への送迎もあり、30分ほど退席することが2回ありましたが、事前に報告すると気持ちよく了承いただき、「慌てないで行ってくださいね」とお声もかけていただきました。また、抜けてしまった箇所は、休憩中や巡回している時に先生が教えてくださいました。

とても親切で、心強かった記憶が残っています。

受講3ヶ月後には就職活動報告/h3>
無事に受講が終わってそのまま終了…というわけではなく、しっかり受講内容についてのアンケートに答えます。一言感想を書くようなアンケートではなく、答えるべき項目がしっかりありました。

合計16時間程の受講だったのと、子供の送迎を間に挟みながら汗だくで受けたものなので、私もそれなりに思いがあり、全部の日程参加できただけでもやりきった感があり、アンケートもしっかり記入させてもらいました。

3ヶ月後には、就職活動が今どのように進んでいるのか、また就職先が決まったのかについての報告をするように言われました。私はすっかり忘れてしまっていたのですが、携帯に「若者サポートステーション」から電話があり、近況報告をさせてもらいました。

その時は、積極的にはまだ動くことができておらず、なかなか進んでいないと答えましたが、「そうですよね、まだお子さんに手がかかりますからね、無理のない程度に進めていけるようにサポートもしますので、またいつでも相談にきてください!」と、おっしゃってくださいました。

最後の最後まで優しくアドバイスしてもらい、受講してよかったなと思います。ただ、本気で就職活動をしたい!一刻も早く仕事を見つけたいという方には、直接的な働きかけをしてもらえる訳ではないのと、少々スローペースな所があるかと思います。

利用者もそこまで多いわけではないので、相談に出向いても混んでいるという事はほとんどありません。時間をかけてスキルup講座に参加したい方、また色々な人に相談しながら活動したいという方には向いているかもしれません。

最後に/h3>
再就職までにかなりのブランクがあると、たとえ資格があっても1歩踏み出すのはなかなか難しいものがあります。また、子供がいると急な発熱で職場に迷惑がかかることも懸念されます。

主人側は仕事優先が当たり前、どうしても母親側に呼び出しがかかってきます。両親が近ければついつい頼ってしまっていつの間にかそれが当たり前になるのでは…と、そんな不安やストレスに、1歩を踏み出す勇気をいつもかき消されてしまいます。

そんな負のループにはまり、いつの間にか外に働きに出る意欲がなくなってしまうということ、私は何度も経験しています。でも、この短期間の講座の受講は、実際に仕事が決まったという訳ではないですが、私には1歩踏み出せたという自信に繋がる経験でした。

しかも苦手な分野だったので、少しでもパソコンの世界に踏み入れられたことは、非常に楽しく興味が広がりました。主人はパソコンを使う仕事に携わっているので、少しでもその分野について勉強できたことも嬉しかったです。

パソコンを使う仕事は山程ありますし、学校でもパソコンが授業で取り入れられたりしてくるので、子供に少しでも教えられたらそれだけでも受講した甲斐があると思います。まずは興味がある分野で、少しでも将来のスキルupにつながりそうな講座があれば、パソコンに限らず、色々チャレンジしてみるのも新しい世界を拓く第一歩になりそうです。

皆さんも是非、勇気をもってそんな扉を開かれてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。