楽天モバイルへの乗り換えで携帯料金が減った!

もともとauユーザーだった私と夫。

夫はau時代からスマホを利用していましたが、毎月の使用料は少ない月でも7,000円くらい、かかるときは1万円以上かかっていました。

私もスマホを持ちたかったのですが、在宅ワーカーの主婦ですし、頻繁に外出することもないのでガラケーのままでもいいか、何よりお金がかかるし…と我慢していたのです。

でも、人づきあいをあまりしないとはいえ連絡を取り合う友達はいますし、外出すると「スマホがあればすぐ検索できるのにな」とか、「暇つぶしにスマホがあれば…」と思う機会が増えてきました。

そこで検討したのが、いま流行りの格安スマホです。当時格安スマホに替えたばかりの妹に、いくらくらいかかるのか聞いたところ「毎月2,000円くらいでスマホ持てるよ?」と教えてもらったのです。そんなに安いのならば、と我が家も格安スマホに移ることに決めました。

auから楽天モバイルに乗り換え手続き

楽天モバイルに移行するにあたり、まず当時使っていたauを解約しに行きました。Auはいわゆる「2年しばり」があるので、中途半端な時期に解約すると、解約手数料9,500円が必要になります。我が家は私と夫の2台解約なので、解約するだけで2万円弱のお金がかかることになります。

正直、解約費用がもったいないので、次回の契約更新月まで待とうかとも思いましたが…「たとえ解約費用がかかったとしても、翌月から安いスマホを持てるなら、解約費用分くらい簡単に取り戻せるんじゃない?」と妹に言われ、思い切って解約することに。

実際に、auを使っているころ夫婦合わせて月9,000円~15,000円ほどかかっていたものが、楽天モバイルに替えて月5,000円~7,000円程度になったので、毎月3,000円~5,000円ほど出費をおさえられたことになり、半年ほどで解約手数料分を取り戻せたということになります。

解約手続きはショップでしかできないので、近所のauショップへ行きました。引き止められたら嫌だなぁと思っていたのですが、格安スマホに替えるための解約は結構多いみたいで、理由を話したら「わかりました」とあっさり手続きしてもらえました。

解約するときは、携帯会社にもよると思いますが貯まったポイントをちゃんと消化しておいたほうがいいですよ。我が家もauポイントが5,000ポイント近くたまっていたので、その場で商品に引き換えました。

解約手続きをしてしまうと、ポイントもなくなってしまいあとから手続きができなくなるので注意が必要です。

楽天モバイルは別会社の電話番号でも引き継げる、MNP(ナンバーボータビリティ)サービスを実施しているので、au解約時にMNP転出手続きをしてもらい、MNP予約番号というものを取得しました。

Auの解約が終われば、つぎは楽天モバイルの契約です。

楽天モバイルはインターネットで契約ができ、SIMカードを取り寄せることで、自宅でも開通手続きができるのですが…タイミングによっては開通までのタイムラグが発生するということで、私たちは楽天モバイルの実店舗まで行って手続きすることにしました。

楽天モバイル実店舗での手続き

私たちが行ったのは、大阪大日イオンモール内にある楽天モバイルです。ジョーシンの店舗内にあります。事前に調べたところ、楽天モバイル実店舗は休日かなり混むという情報があったので、私たちは開店とともに行くことにしました。おかげで待ち時間なく対応してもらうことができました。

楽天モバイル契約時は、auで発行してもらったMNP予約番号と、楽天モバイルで使うためのスマホ端末を持って行きます。(スマホ端末は、SIMフリーのものを、事前にヤフオクで購入しておきました。楽天モバイル店頭でも、SIMフリースマホは買えるようです。

楽天モバイルに対応している端末一覧は、楽天モバイル公式サイトに掲載されているので、必ずチェックしてから買うようにしましょう)

女性スタッフがてきぱき対応してくれました。

プランを選んでSIMカードを発行してもらい、手続きが完了するまで小一時間ほどかかりました。分からないことはその場ですぐに聞くことができましたし、スマホの裏蓋を開けてもらって、SIMカードを差し込むところまでやってもらえました。

通話できること、インターネットが問題なく使えることもスタッフさんに確認してもらえたので、不安を抱えながら家でひとりでやるよりは、よほど良かったと思います。

ちなみに私たちが行った時、スタッフはふたりだけ。手続きをしている間にすこしずつお客が増えてきましたが、スタッフはずっとふたりのままでした。来たお客は番号札を渡され「30分後にまたきてください」等と言われていたので、早めの行ったのは正解だったと思います。

楽天モバイルのプラン

楽天モバイルには、通話とインターネットができるプランのほか、050番号での通話&データSIMプランと、データSIMのみのプランがあります。

私たちはauの番号を引き継ぎたかったので、通話SIMプランを選びました。サブ機として楽天モバイルを持ちたい方や、番号を引き継ぐ必要のない方は、050データSIMプランを選んだほうが安く済むでしょう。

通話なしでいい、あるいはLINE電話を利用するという方の場合は、データSIMプランを選ぶとさらにお得かと思います。

それぞれのプランでベーシックプラン、3.1GBプラン、5GBプランなど、毎月のデータ容量上限を選ぶことができます。私たちは最初、一番安いベーシックプランでいいと思っていたのですが、スタッフさんに聞くと「ベーシックプランは、通信速度がかなり遅いプランになります。

外でスマホを使うのであればおすすめできません」とのことでしたので、ベーシックプランはやめて、3.1GBプランにしました。

5GBプランと悩みましたが、使い始めてからでもプラン変更は可能ということで、私たちはとりあえず3.1GBプランを契約しました。結果として、3.1GBでじゅうぶんでした。自宅ではWI-FIを使い、外出したときだけ高速データ通信をするという使い方なので、いまのところ私も夫も月の上限3.1GBを超えることなく、それどころか余るので翌月に持ち越しもできているくらいです。

私はとくにオプションはつけませんでしたが、仕事でスマホを使う夫は「5分かけ放題」オプションをつけました。その名のとおり国内電話ならどこにかけても最初の5分は無料となるもので、これのおかげで夫の通話料は多い月でも1,500円以下におさえられています。

長電話をする方の場合、月2,380円で何分でもかけ放題になるプランもできていますから、そちらを検討してみるといいと思います。

楽天モバイルの使い心地

2016年5月に楽天モバイルを契約し、1年以上使ってみましたがいまのところ不自由はありません。通信速度も問題ありませんし、費用面も問題なしです。

会員サイトでほとんどの手続きができるという点も良く、たとえば支払いをするクレジットカードを変えたり、楽天ポイント支払いに変えるといったときも、電話での手続きは一切不要で、すべて会員サイトでやってしまえます。

月々の明細はもちろん、通話履歴、データ通信の残量なども、すべて会員サイトからチェックできるのも良いですね。不満な点は2つ。ときどき通話が不明瞭になるという点と、キャリアメールにメールが届かないという点です。

まず通話ですが、楽天電話というアプリを使って通話をすると、聞こえづらいときがあります。こちらが聞こえづらいだけではなく、通話相手に「水のなかにいるみたいに聞こえる」と言われたこともありました。

地下や車のなかでも通話はできるのですが、不明瞭になりがちなので、仕事で使う方や、お年寄りの方にとったら、楽天電話はあまり向いてないかもしれません。

つぎにメール。楽天モバイルは、楽天メールというキャリアメールのようなサービスを行っています。私も楽天メールを登録し、メールアドレスを取得したのですが…楽天メールのドメインはauやソフトバンクなどのキャリアメールにはじかれてしまうようで、30通近く送ったメールの3分の2は返ってきてしまいました。

Auを解約したので「メアド変わりました」というメールを送る必要があったのですが、ほとんどのキャリアメールの相手にはじかれて、ついぞ連絡がとれず、音信不通になってしまったひともいるくらいです。

楽天モバイルに乗り換えるときは、事前にGmailなどのアカウントを取っておき、連絡しておいたほうが無難かもしれません。

楽天モバイルでどれくらい携帯代金が減った!

気になる携帯代金ですが…まず私はauのガラケー時代とほぼ変わらない値段でした。au時代、だいたい毎月の請求額は2,000円弱だったのですが、楽天モバイルにしても2,000円を超える月はほぼなく、1,600円~1,900円くらいでスマホを使えています。

こんなに安くスマホを使えるなら、早く楽天モバイルに乗り換えておけばよかったというのが正直なところ。

さらにau時代、多い月は10,000円を超えていた夫ですが、楽天モバイルに変えて、安い月なら2,500円、高くても4,000円まででおさえられるようになりました。夫婦あわせて月の携帯代金が、4,500円~6,000円くらいで済むようになったのです。

さらに嬉しいことに、楽天モバイルは楽天ポイントを使っての支払いもできるため、楽天ポイントがたくさん貯まっている月はポイント支払いのみで、現金での支払いが一切ないというときもあります。

さらにさらに、楽天ポイントアッププログラムにより、楽天モバイルユーザーは、楽天市場でのお買い物が+1倍になるという、なんとも嬉しいおまけまで!

楽天カード&楽天市場のヘビーユーザーの私にとってこんな嬉しいことはありません。

格安スマホはヤフーモバイルやイオンモバイル、マイネオ、DMMモバイルなどさまざまな会社から提供されていますが、楽天カードユーザーなら断然楽天モバイルを推します。

おわりに

うちの子供はまだ小学一年生なので、キッズケータイもスマホも持っていませんが、将来的に楽天モバイルのスマホを買い与えようかなと検討しています。

楽天モバイルではしょっちゅうキャンペーンが行われており、初期費用が安くおさえられるもののほか、追加契約すると基本使用料が1年間無料といったお得キャンペーンも行われているからです。

契約して以降、さまざまなキャンペーンや、あたらしいオプションが出ている楽天モバイル、近い将来キッズケータイ的なサービスもできるかも?と期待しつつ。今後も楽天モバイルを使い続けてみたいと思います。