ソワンの口コミや効果について検証!使い方にも注目

ソワンを1カ月弱使い続けてみました。鼻の黒ずみや毛穴の開きはどうなったのでしょうか。

まずは、ソワンを使う前を見てみたいと思います。こちらがソワンを使う前の鼻と、毛穴です。

鼻のてっぺんにぽつぽつ黒ずみが見えます。

さらに側面はというと…
明らかに黒ずんで、皮脂が酸化してしまっているのが分かります。

これがソワンを使い続けて1カ月後、どうなったかというと、こちらがアフターの写真です。

毛穴の大きさはだいぶ小さくなっているような感じがしますが、残念ながら毛穴の黒ずみ、ぽつぽつ黒くなっている部分はほぼそのまま、残ってしまっています。ソワンはあまり効かなかったのでしょうか…

ちなみに反対がわの、黒いぽつぽつが少なめのほうはどうなったかというと…
ビフォー

アフター

若干、黒いのがなくなったかな?という程度で、劇的な変化は残念ながらありませんでした。でもどちらの頬も、毛穴の大きさは小さくなっていると感じたので、収れん効果はあるようです。

鼻の黒くなってしまった部分はかなり昔からありますし、頑固で、クレンジングしても洗顔しても全然落ちなかったので、ソワンもちょっとやそっとじゃ効かないのかも知れません。

肌荒れなどは一切起きてないですし、この部分しか塗ってないのでソワンはまだ残っていますから、今後も気長にソワンを使ってみたいと思います。

ソワンの購入はこちら

ソワンの口コミ

ソワンは売れている商品なので、そのぶんソワンの口コミやレビューも多数あります。

これらの評判はすべて信じることができるのでしょうか?まず、ソワン公式サイトにあるレビューはほぼすべて良いものばかりで、悪い評判は掲載されていないので、ソワン公式サイトはあまり信用しないほうがいいでしょう。

良い口コミも悪い口コミもどちらもある有名美容サイト「アットコスメ」では、「肌が整った」「黒ずみがだんだんなくなった」という良い評価のほか、「ぴりぴりして使えなかった」「6カ月続けてもまったく効果がない」などの悪い評価も目立ちます。

悪い評価で多いものが「ソワンを使ったあと、肌が荒れてしまった」「ソワンで赤みやぶつぶつがでて、かゆくなった」など、肌状態が悪化してしまったというものが多いのが特徴です。ソワンにはマイルドピーリング成分が入っているため、肌の弱い方は過剰に反応してしまう方もいるようです。

このほか「ソワンの定期コースを頼んだら、次から次へと送られてきて解約のタイミングがつかめない」「肌に合わないのを知らずにソワンの定期で申し込んでしまった。1回だけの購入にしておけばよかった」など、安易に定期購入で買ってしまって、ソワンで後悔しているひとの口コミも多くみられます。

これらのことを総合して、ソワンは合わないひともいるので、最初の購入は1回だけの通常購入にしておいたほうが無難と言えます。

ソワンの使用感

ソワンはポンプ式の容器で、4プッシュ空押ししたら、透明の液体がでてきました。さらっとしていますが、水とまではいかない、ゆるめのジェルです。ニオイは出したとき一瞬だけ消毒液っぽいニオイがしました。

これでソワン2プッシュ分の量です。ワンプッシュが結構多めなので、ぬる場所がすくなければワンプッシュだけでじゅうぶんだと思います。ソワンは、手の甲をタテにしても流れて行かないくらい、粘りがあります。

実際に小鼻の黒ずみと、鼻の横の毛穴が気になる部分にソワンを塗ってみました。口コミには「ぴりぴりした」「赤みがでた」というものもあったのでちょっと心配でしたが…

付けてもまったく痛みやひりつき、ぴりぴり感はありませんでした。鼻に近づけるとちょっと消毒液っぽいニオイがしますが、ほとんど気にならない程度で、ぬりひろげるうちにニオイは消えていきました。

ソワン2プッシュぶんで、鼻全体にぬることができました。なめらかで広がりやすいジェルです。でも思っていたほど浸透しないので、指の腹でマッサージするようにぬりこみました。

ちょっとジェルがあまったのでこのまま鼻の横にもつけて、追加で1プッシュして両頬の毛穴の気になる部分にのばしました。合計3プッシュで、鼻とその横の部分はすべて塗ることができたので、伸びはかなりいいほうだと思います。

ぬったあとはべちゃべちゃもしませんし、ひりつきや赤みは数時間たってもまったくでてきませんでした。軽いピーリング作用も入っているジェルですが、肌がぽろぽろになったりすることもありませんでした。

数分経てばしっかり浸透して、肌がしっとりしているのが気持ちいいです。ぬったあと数時間後の肌状態がこちらです。

肌状態はまったく問題なかったですし、潤う感じが良いと思ったので、しばらく使い続けてみることにしました。

使い続けて3日目、同じようにソワンを使っていたら…なぜか使ったところがかゆくなってしまいました。でも、さわっても皮膚がぽろぽろになるようなことはありません。その後もソワンを使い続けてみましたが、かゆくなったのは1日だけだったので、肌状態にもよるのかなと思います。

ソワンでパックしてみました

ソワンの説明書を見ていたら、肌状態が悪い時はパックをしてもいいと書いてありました。コットンパックで簡単にできるみたいなので、実際にやってみることにしました。

コットンは100均で売っているふつうのコットンを使用しました。

まずコットンにソワンを4~5プッシュします。ソワンはジェル状ですぐに浸透していかないので、ワンプッシュしたら浸透するのを待ってすこしずつ垂らすと、コットンにまんべんなく広がってパックしやすくなります。

コットンにソワンが染み込んだら、黒ずみの気になる鼻にぺたっとはりつけます。ソワンはしっとりしたジェルなので、軽く指で押さえるだけで張り付きました。ひんやりしていて気持ちいいです。

このまま3分ほど張り付けてみました。ソワンはふつうにぬったとき「あんまり浸透しないな」と思いましたが、パックしたときは逆に浸透しないからこそ長時間しっとり感を持続できるように思います。たくさんつけなくてもしっかりくっついたままキープできたので、鼻だけなら3プッシュくらいでも十分でしょう。

パックが終わったら、コットン側についたジェルをかるく肌になじませておしまいです。

ふつうにぬるよりじんわりジェルが染み込んでいく感じがしましたし、クールダウンできているようで、肌が引き締まる感じもしました。簡単なので、ソワンのコットンパックおすすめです。

ソワンの保湿力

ソワンには保湿成分もたっぷり入っているので、保湿力も期待できます。どれくらいしっかり保湿できているのか、数値で確認してみました。まず、使用する前の水分量から見ておきましょう。

水分量と油分をしらべられるチェック機で測ってみました。

水分量33%、油分49%で、乾燥しているけど皮脂多めという、あまりよくない肌状態になっていることがわかりました。これが、ソワンを塗って3時間後どうなるのでしょうか。計測してみました。結果がこちらです。

水分量49%、油分33%、肌状態は「きめが整っていて良い」という結果になりました。

ソワンは水分量を保つだけでなく、油分も調整してくれるようです。ぎとぎとになりがちな鼻や、頬のあたりが、ソワンをつけたあとはさらっとしているのは、油分を調整してくれているおかげなのかもしれません。

いつもソワンをつけたあとは、肌がぎとぎとしなくていいなと思っていたのですが、こうしてはっきり数値でも良い結果がでたことで、より「ソワンを今後も使ってみよう」という気になりました。

ソワンと他商品比較

ソワンvs.ビーグレン

ソワンと並び、毛穴ケア商品として人気なのがビーグレンです。ビーグレンは洗顔、化粧水、美容液、ジェルで毛穴の汚れを取り除き、毛穴をひきしめてきれいな肌へと導くものです。

ビーグレンの一番の特徴が「浸透深度」です。

どれだけいい成分を配合していても、毛穴の奥まで届かなければ意味がありません。

QuSome(キューソーム)というナノサイズの成分が配合されたビーグレンは、より肌の奥まで浸透し、ダメージを補修。肌の若返りを助けてくれます。キューソームは肌の奥で長時間とどまり続けることができるので、美容効果を持続させる働きもあります。

ビーグレンの洗顔料(クレイウォッシュ)にはモンモリロナイトという汚れだけを落として、肌に必要な皮脂などは落とさない吸着力の高い成分が含まれています。毛穴に詰まった汚れや皮脂も、このモンモリロナイトによって除かれ、潤いのあるなめらかな肌になります。

ビーグレンの化粧水にはグリチルリチン酸ジカリウムや、潤いを保つための膜をつくる天然クレイ、カミツレエキスやヒアルロン酸などが含まれており、炎症をおさえた上で肌をしっとり保つことができますビーグレンは、ソワンとはちがった独自の成分により、毛穴の黒ずみや毛穴のつまりに作用していくのです。

このほかビーグレンはホワイトクリームなども販売しています。単体で使ってもいいですが、すべての効果を引き出すためには洗顔、ローション、クリームすべて使ったほうがいいと言えます。洗顔は1本3,900円。クレイローションは3,700円、クリームは6,000円と、すべて買うと10,000円を超えます。

ソワンは定期購入すれば4,081円で済みますから、価格面で考えるとソワンのほうが使いやすく、続けやすいと言えます。ソワンにはビーグレンには含まれていない、毛穴ケアにぜひ取り入れたいアーティチョーク葉エキスが含まれていますから、成分は異なれど独自性や効果の面では甲乙つけがたいと言えます。

お金に余裕のある方や高級感を重視したいという方はビーグレンを、安価で気になる部分だけピンポイントでケアしたいという方は、ソワンを選ぶといいでしょう。

ソワンvs.どろあわわ

角質にたまった汚れや皮脂をしっかり洗い流して、肌本来の良い状態をひきだすと言われているのがどろあわわです。もっちりした泡が特徴で、高密度の泡でしっかり洗顔することができます。

どろあわわはただ皮脂を取り除くだけではありません。

どろあわわに含まれた豆乳発酵液や、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスにより、保湿もすることができます。どろあわわは単品購入2,980円、定期購入すると最大50%オフになり、1,000円台で買うことができます。安価なので、お金に余裕がない方や、学生の方、まずは試してみたいという方に人気です。

ただし、どろあわわはあくまで洗顔ですから、洗顔後のケアは必須となります。どろあわわを使ったあとの化粧水やクリームなどは、別途購入しなければいけませんので、そちらに費用がかかります。

どろあわわと同じシリーズで、和漢ミネラル水(2,980円)、モイストセラム(7,800円)なども販売されていますが、どれもそこそこいいお値段なので、まとめて買うと10,000円は下らないという計算になります。

おすすめは、どろあわわでしっかり皮脂や角栓を落とした後、ソワンを使うという方法です。毛穴の汚れを落としたうえで、ソワンによる収れん効果をもたらせば、毛穴はきゅっとひきしまって、きれいでなめらかになるでしょう。

どちらも併用してはいけないものではありませんから、毛穴を徹底的にケアしたい方は、どろあわわとソワンのダブル使用をおすすめします。

ソワンを使うキッカケ

ふと鏡を見て「え?!何これ!」と思って以来
鼻の黒ずみが気になって仕方なくなりました。

いつもファンデーションをささっとぬると消えてしまう黒ずみと、鼻の横の毛穴…でもすっぴんのときにじっくり見ると、かなり黒ずんでいますし、毛穴も目立ちます。

中学生くらいのころは毛穴すっきりパックでごっそり角栓をぬいたりしていましたが…ネットで調べてみると、毛穴すっきりパックは肌の良い部分までごっそりはがれてしまって、あまりよくないということで、別のやさしくケアできるものはないかと探していました。

見つけたのが、毛穴の黒ずみや毛穴の開きに効果があると言われているソワンです。

本当はドラッグストアでピーリング剤を買ってきて、てっとりばやく肌を産まれ変わらせようかとも思ったのですが…痛みやピーリングで溶けた肌のぬるぬる感が怖かったですし、もし失敗したら顔なのでめちゃくちゃ目立つと思ったので、「マイルドピーリング」を謳っているソワンを選んでみました。

ときどきニキビができる程度の肌状態ですが、以前100均の化粧水を使ったら赤みとかゆみがでてしまったので、ソワンは大丈夫かな…と若干不安でした。一応説明書には「敏感肌のひとでも使える」と記載があります。

これを信じて、ソワンを使ってみることにしました。

ソワンとは?

毛穴の開きや、毛穴の黒ずみ、気になりませんか?

メイクをするときや、洗顔したあと、鏡に映る姿に「うわ、私の肌、穴だらけ…」「この黒ずみ、どうやったら治るの?」と悩んでいる方、多いのではないでしょうか。ソワンは、そういった毛穴の悩みを解決するための美容液です。

ソワンは毛穴の開きや詰まってしまった角線、黒ずみなどのケアを専門に行える美容液で「毛穴なし肌」を目指すことができます。ソワン利用者の実に94%以上が毛穴の開きがおさえられ、毛穴に自信がもてるようになったと評価しており、雑誌やメディアでも取り上げられていることから、注目をあつめはじめました。

ソワンは徹底的に保湿、引き締めができる化粧水です。毛穴がつまって黒くなってしまった肌や、毛穴をつまむと皮脂や汚れがにゅるにゅるでてくるような肌のために作られたもので、毛穴の奥深くまでアプローチすることができます。

主成分となっているのは、アーチチョーク葉エキスというものです。アーチチョーク葉エキスは、肌の再生力や、弾力性、保水性に働きかける成分で、たるんでしまった肌や、代謝が遅くなってしまった肌を、正常に戻す効果が期待できます。

毛穴が開ききってしまった肌というのは、肌がたるんで、凹んでしまった状態です。そこにソワンが浸透し、アーチチョーク葉エキスがキメと弾力を整え、凹んだ肌をおしあげてくれるので、毛穴が目立たなくなるというわけです。

ソワンは毛穴の開きのほか、毛穴の黒ずみにも効果を発揮します。毛穴の黒ずみの原因は、たまった皮脂が酸化することにあります。ソワンに含まれるプラセンタエキスが、肌状態を正常に導き、皮脂量をコントロールし、皮脂がたまりにくく酸化しにくい肌に導いてくれるのです。

さらにソワンには、発酵ローズはちみつという天然ピーリング成分が含まれています。

自然由来の成分なので肌にやさしく、マイルドにピーリングができるのが特徴です。肌に沈着してしまった色素や、固まってしまった皮脂などを、やさしくピーリングすることで毛穴を清潔にし、毛穴の汚れを効果的に取り除くことができます。

これらの美容成分で、皮脂にとって余計なものを出したあと、ソワンは5つの収れん成分によって肌をぎゅっとひきしめます。クレマティスエキス、セイヨウキズタ葉エキスなどが、肌に浸透し、ひきしめることにより、毛穴がしまって汚れや皮脂が入りにくくなるのです。

美容成分がたっぷり入っている一方、ソワンにはパラベンや着色料、石油系界面活性剤といった添加物は一切入っていません。自然由来の成分をベースとして作られているので、肌に優しく、刺激に弱い方でも安心して使うことができます。

ソワンが売れる理由

ソワンはすでに10万本売れています。

なぜソワンがそれだけ売れているのか?一番の理由は「毛穴に悩む女性が多い」ということでしょう。そのうえで、女性たちがよく読んでいる雑誌にソワンは紹介されており、価格も定期購入すれば4,000円程度と比較的安いことから手が出しやすいというのが、売れている理由につながっているのです。

ソワンは毛穴商品にありがちなピーリング作用がほとんどありません。含まれているピーリング成分は、自然由来のもので肌に負担をかけないものですから、刺激がきらいな女性や、ピーリングは苦手という方にも売れています。

ソワンは無添加で、モンドセレクション銀賞を受賞したほど、品質に安定性があります。また、万が一肌に合わなかった場合は、60日以内であれば全額返金されるので、安心してオーダーできるというのも、売れる理由となっています。

ソワンをお得に買う方法

ソワンを1本だけ購入するなら、amazonがおすすめです。ソワンは公式サイトで1本通常購入すると7,420円ですが、amazonなら1本6,099円(送料無料)で販売されているからです。

もっと安く買いたいなら、ソワンの公式サイトの赤ちゃん肌1年コースという定期購入コースがおすすめです。

毎月ソワン1本が届くコースで、最初に申し込みをすれば、あとは自動でソワンが届きます。初回4,377円、2回目以降4,081円となり、赤ちゃん肌1年コースはずっと送料無料。さらに代引き手数料も無料。60日間返金保証もついています。

赤ちゃん肌1年コースで、年間購入することで3,9772円お得になります。ただし、コース名にもあるように1年間継続して買うことが必須条件となります。途中でやめることができませんので、その点はかならず確認しておきましょう。

さらに安くなるコースに、赤ちゃん肌1年間3カ月毎3個コースというものがあります。こちらは3カ月ごとに3個ソワンが送られてくるコースで、1本あたりの価格は3,858円となり、赤ちゃん肌1年コースより安くなります。

支払いは3カ月毎に11,574円となり、まとめて支払える方や、何度も受け取るのは面倒という方におすすめです。こちらのコースも最低1年間は続けることが必須条件となります。

「そんなに長いこと続ける自信ない…でも安く手に入れたい」という方は、お試し90日コースを選んでみてはいかがでしょうか。

こちらのコースはソワン1つ4,377円で3ヶ月間、合計3つソワンが届くコースです。

3回受け取れば解約ができるので、安価でお試しすることができます。

いずれのコースも、定期購入を解約しないかぎり自動更新となり、必要最低限の受け取り回数が終わったあともソワンが届き続け、届く限り支払い義務が生じますから、もういらないと思ったら解約手続きは必ずするようにしましょう。