お野菜がたくさん摂れる簡単生春巻き!夏におすすめ

夏も終盤に近付いてきていますが、まだまだむせ返るような暑さで食欲が落ちますよね。

パワーをつけて乗り切るためにもスタミナ料理を食べるぞ!という方も多いかもしれません。
だからといってスタミナ料理をガッツリ食べたら太ってしまいます…。

アラサー世代は悲しいことに、お肉も脂肪もそう簡単には落ちなくなってきています。スタミナ料理も大切ですが、何よりも食事はバランスが大切。野菜もしっかり食べないと、体の調子が悪くなってしまいます。

そこで、私がよくする簡単に野菜がたくさん摂れるヘルシーな「生春巻き」をご紹介します。

「生春巻き」材料

生春巻きって、実は色んな食材と合うんです。さっぱり食べたい人はシンプルに生野菜と鶏のささみを茹でたものを巻いて食べたり、生野菜と茹で海老を巻いたり…。

生野菜も、色々な野菜が生春巻きに使えますが、基本的には生食でも美味しいキャベツや人参、きゅうり、大根等の千切り、食べやすくちぎったレタスが多いでしょうか。好きな方は今話題のパクチーなんかも入れると、風味も本格的なアジアンテイストを楽しむことが出来ます。

反対にガッツリ食べたい時は、味付けベーコンや甘辛い鶏もも肉を生野菜と一緒に巻いてみたり、クリームチーズを入れます。クリームチーズはコクがあり、パクチーの味がマイルドになります。

私はパクチーの独特な匂いが苦手だったのですが、クリームチーズとの相性が良くて、生春巻きにはパクチーが欠かせなくなりました。でもいくらパクチーがメジャーになってきたといえ、小さなスーパーでは目にすることが少ないので、どうしても必要な方は、大きなスーパーでの買い出しをおすすめします。

そんな私が最低限いつも用意している基本の食材をご紹介します。

こちらが基本の基本、という食材です。これではアレンジは全然出来ないのですが、これさえあればとりあえず後は気になる食材を加えて巻くだけです。

  • サラダミックス
  • ライスペーパー
  • クリームチーズ
  • スイートチリソース

サラダミックスは、既にカットされて袋詰めされているものが最近よく売っているので、1回楽しむ程度ならば1~2袋買うほうが、単品で買って使い切ることが出来ずに腐らせてしまうよりは効率が良いです。

野菜が高騰している時、こういう袋詰めされているカット野菜は1度に色々な野菜が手軽に食べられるのでかなり重宝します。この手のカット野菜、ほとんどの商品は水洗いをしなくても袋詰めの状態からすぐに盛りつけ可能ですが、私は1度水にさらした方が野菜がシャキっと蘇るので、ザルに移して洗い、よく水を切ります。

サラダスピナーとかあると便利ですね。
クリームチーズは個人的にはフィラデルフィアのクリームチーズが好きです。

Kiriのクリームチーズも試しましたが、生春巻きにはフィラデルフィアの方が合っていました。好みの問題なので、参考までに。

ライスペーパー、こちらは少々お高めです。20枚入りで330円~350円程でしょうか。名前のごとくご飯が原料なので、大体30代の私で5本くらいでお腹いっぱいになるので、4回分位になるでしょうか。家族4人程で食べるなら1回使い切りと考えていいかもしれません。

スイートチリソース、こちらはお好みで甘めが好きな方や辛めが好きな方がいらっしゃるかと思います。だいたい200円以内で購入出来ます。

この基本の食材に、お好みで茹で海老や茹でほぐした鶏ささみ、味付けの濃いベーコンや甘辛い鶏もも肉、パクチー等を一緒に巻いて食べます。

生春巻き、出来るまでの所要時間

生春巻きを作る時間は、基本の材料が揃っていたら、あとは肉系や海老の調理時間のみ。最近では味付けの濃いベーコンや甘辛い鶏もも肉、ゆでた海老も惣菜で買えてしまうので、時間がなくぱぱっと食べたい方は惣菜を買ってきてカットだけするのもありです。

中に巻く材料が揃えば、後は巻くだけ。どの食材を巻こうか迷わなければ1本に1分かからないくらい!中に巻くお肉や海老の調理時間を加えても1時間以内で出来ちゃいますよ!

巻き方は簡単。ライスペーパーを40度程のお湯の入ったボウルに全体的にさっと浸し、すぐにライスペーパーほどの大きさの丸皿に引き出した後、材料を乗せて行きます。

最初はカット野菜から…そしてお好みの肉や海老をのせて、最後に春巻きの容量で下からくるくる包めばOK!盛りつけを気にしなければ、そのままスイートチリソースをつけてかぶりついて問題ありません。

海老等がライスペーパーから見えるような工夫をすればより見た目にも綺麗で楽しい生春巻きになります。

生春巻きはパーティーにも使えます

外で生春巻きをメインで食べるって機会はなかなかないですよね。他のメニューも頼んだりすると余計にお金もかかりますし…

先述したように、生春巻きってご飯が原料のライスペーパーで結構すぐお腹が満たされるので、ホームパーティーでこれ1品でもみんなで色々なアレンジができて楽しいです。私もよく生春巻きパーティーをするのですが、もちろん作る過程からみんなで楽しむのが鉄則です。

家庭で生春巻きと言えば、お店みたいにいちいち薄いゴム手袋等を付けて巻くわけではありません。素手で巻きますし、衛生的にも自分の食べるものは自分で巻きたい方も多いはずですから。

主婦のホームパーティーと言えば手作りの料理をたくさん振舞うの?と思われますが、子供達が小さい間は、それほど長居できませんし、場所をお借りできるだけでありがたいものです。

私たちは限られた時間の中でさくさくっと用意をして、食べたりおしゃべりする時間を少しでも多く取りたいので、そんな時こそ惣菜を上手く活用しています。買い出し班はお邪魔するご家庭の台所を出来るだけ汚さないように、なるべく既に出来上がっているものを購入するよう心がけています。

そして後はお皿に盛るだけ。これで楽しい生春巻きパーティーが出来ます。既にカットされている野菜やお惣菜を手で巻いて手で食べるので、火もほとんど使いませんし、洗い物も少なく、ゴミもほとんど出ません。

とっても助かるホームパーティーメニューです。ご自宅を提供してくださるお友達も、来客のためにお掃除するだけでも大変だったのに、調理が多かったり散らかしてしまったり、洗い物を増やしては、いくらお邪魔した自分たちで片付けをするといっても遠慮されることあるので、その辺りの気遣いはマナーとして忘れないようにしたいですね。

ヘルシーだから嬉しいメニュー

ランチに重たい物を食べ過ぎると、夜になってもお腹が空かなくて1食抜いてしまった…なんてことありますよね。特に油物等は消化に時間がかかってしまったり、胃もたれを起こしたり、加齢と共に色々無茶はできないなと感じます。

また、自分がお腹いっぱいだと、子供の晩御飯を作るのが億劫になってしまいがちです。

でもこの生春巻きは、野菜がメインだとヘルシーで夜までほとんどひびきません。ライスペーパーは腹持ちがいいので、食べ過ぎるとさすがにお腹は減らないかもしれませんが、胃腸が強くない私でも、いつも満腹になる4~5本程食べますが夕食にはお腹が空いています。

夏バテを防ぐためにも3食きっちり食べたいですし、アラサー女性は体型を気にする年代に差し掛かっています。生春巻きはそんな女性にありがたいメニューかと思います。

最後に

ここまで「生春巻き」についてその手軽さやヘルシーさについて書いてきましたが、夏本番に向けて、バランスの良い食事を摂るのはどのご家庭でも心がけていらっしゃるかと思います。

すぐに思いつくようなスタミナ料理ももちろんいいですが、その分野菜を摂ることをついつい忘れてしまいがちですよね。茹で野菜もたくさん食べられていいけれど、夏だからこそシャキシャキ食感が美味しいお野菜も楽しみたい!

マンネリ化したサラダをアレンジしたい!そんな方に「生春巻き」はおすすめしたい1品です。皆さんも暑い夏を乗り切るためのメニューとして「生春巻き」を是非試してみてください!