静岡市街のオススメ観光と注意点

新幹線静岡駅の改札口を出て、いざ街中の観光へ!

観光といっても、街中だとどこに行くと静岡らしい物が見られるのか。
どんなお店がいいのか、悩みますよね。静岡といえば、やっぱり富士山が見たい?

それとも地元ならではのお店に入ってみたい?
こうしたいああしたいという希望はあっても、旅行雑誌に載っているのは、かなり有名なお店ばかり。せっかくの観光なら、ちょっと街の様子も見てみたくはないですか?

今回は、街への行き方やちょっとしたオススメのスポットやお店、そしてちょっとした注意点を書いてみたいと思います。

街中へ行ってみましょう!

コンコース北口(新幹線・JR在来線、どちらの改札からも出て右手側)に地下通路への階段があります。そこを下りて地下通路を通っていくと、お天気に関係なく屋根づたいに街中まで行くことができます。案内もあちらこちらに出ているので、わかりやすいと思います。

地下通路を通らずに地上からでも行くことはできますが、コンコースを出たところは大きなロータリーとなっており、バス用のロータリーとタクシー/一般車用のロータリーに分かれています。

街へ向かうためには、タクシー/一般車側のロータリーをぐるっと回らないと街への横断歩道がありません。しかも、横断歩道を渡った先は街から微妙に外れたところ。慣れていないとちょっとわかりづらいかと思います。

ロータリーの何箇所かにエレベーターやエスカレーター、階段があり、どれを下りても結局は地下通路に入るようになっているので、駅前の風景を見たいというのでなければ、コンコースの階段を下りてしまった方が早いと思います。

ちなみに、ベビーカーや車椅子の場合は、コンコースに隣接しているパルシェのエレベーターを利用することになります。

地下通路からは、「松坂屋」(デパート)、「葵タワー」(静岡市美術館/商業施設/オフィス/結婚式場が入った静岡市内で一番高いビル)、「静岡パルコ」(商業施設)と直結していて、少しですが地下通路内に専門店もあります。

また、「エキパ」という地下駐車場や、郵便局/静岡音楽館「AOI」の建物とも直結しています。地下通路は、大まかに静岡鉄道の「新静岡駅」へ行く方面と街中の「静岡呉服町名店街」に行く方面の二手に分かれています。

「新静岡駅」までの道には「静岡マルイ」(商業施設)や「SHIZUOKA109」(商業施設。2017年7月23日で閉店)、そして新静岡駅と直結している「新静岡セノバ」(商業施設)があります。こちらは観光向きではなく一般の買い物向きです。

松坂屋周辺の階段を使って地上に出て新静岡駅の方に向かうことになるのですが、松坂屋が開いているのであれば、松坂屋の食料品売り場を突っ切って本館から北館の連絡通路を通り、北館の1Fから出て新静岡駅へ向かう、という道順の方が、夏は涼しく冬は暖かく、雨の日には傘をさす距離が短くすみます。

松坂屋の地下は美味しいものがたくさん販売しているので、それを見ながら歩くのも楽しい道のりになると思います。ベビーカーなどで行く際も松坂屋の中を通る方が、信号も少なく、道のでこぼこの心配も少なく行くことができるのでオススメです。

「静岡呉服町名店街」に行くには、地下通路から地上に上がるための階段があちらこちらにありますし、葵タワーのところにエスカレーターもあります。もしエレベーターを使いたい場合は、地下通路にもありますが、「葵タワー」か「静岡パルコ」の中のエレベーターを使う方がわかりやすいかと思います。

土日祝日に歩くのが特にオススメ「静岡呉服町通り」


さて、観光で歩くとしたら、静岡市の中心街といってもいい「静岡呉服町通り」をオススメします。こちらは常に賑わっている商店街です。「葵タワー」からはじまり、「静岡パルコ」、そして多数の専門店や飲食店が一方通行の道路を挟んで立ち並んでいます。

静岡の特産物を扱っているような専門店から、スターバックスやマクドナルドなどの軽食が食べられるようなチェーン店、雑貨店、服飾店、ドラッグストアなどもあり、常に活気があります。

この商店街、土日祝日には商店街内の車道が13時~18時まで歩行者天国となります。

普段歩けないところを歩けるという特別感でテンションが上がることはもちろん、そこでは、「さすが静岡……?」という感じで大道芸人がパフォーマンスをしていたり(11月に静岡で大道芸ワールドカップが行われるくらいに大道芸が盛んです)、夏の夜に「夜店市」をやっていたり、クリスマスにはサンタクロースの恰好をした集団が街を練り歩いていたりと、季節ごとのイベントが行われたり、いろんな露店が出ていたりすることもあります。

まれにストリートオルガンと呼ばれるハンドルを回して鳴らすオルゴールのようなものを商店街の方が演奏していることもあり、土日祝日の歩行者天国の時間帯であれば、ただ周りを見ながら歩いているだけでも楽しめると思います。

この「静岡呉服町通り」の真ん中あたり、「静岡市役所」の前から「青葉シンボルロード」という通りが交差しているのですが、こちらでも土日祝日にイベントがやっていることが多いです。

「静岡呉服町通り」オススメのお店

この商店街にもお土産を売っているお店がいくつかあります。

わさび漬けで有名な「田丸屋本店」のお店もあり、わさび漬けはもちろん、わさび関係の商品がいろいろと取り揃えられており、お土産選びにいいお店です。さらに、こちらではなんと「わさびソフトクリーム」や「わさびフランクフルト」がその場で食べられます!

興味のある方はぜひ試してみてください。そして、子ども用ソフトクリームも販売していまして、こちらはさすがにわさびソフトではないのですが、小さな可愛らしい紙コップにバニラソフトを入れてくれます。それが100円で買えちゃいます。

ここのバニラソフト、わさび漬けをメインで取り扱っているお店でわさびソフトを売りにしているだろうに、普通に濃くて美味しいんです。ただ、小さいソフトクリームは子どものみで大人は頼めませんので、大人は普通サイズのソフトクリームを頼んでくださいね。

他にも趣のある店構えで中でお茶を出してくれるようなお茶屋さんや、静岡名物の黒はんぺんなどの練り物を売っている「蒲菊本店」、しらすを売っている「マルカイ」などもひっそり軒を連ねていますので、探してみてくださいね!

「富士山」はどこで見る?

「静岡」といえば「富士山」と思われる方も多いかと思います。でも、実は静岡市の中心街ではほとんど見ることができません。何故かというと、駅周辺には高い建物が多いから。

街から離れると、橋の上や道路からなど、ちょっとしたところで綺麗な富士山を見られる場所もありますが、街中ではまず無理です。

そこでオススメしたいのが、「静岡県庁」です。「静岡呉服町通り」の真ん中あたりに静岡市役所があるのですが、大隊そこから大きな道路を挟んだところに「静岡県庁」があります。

この裏手にある「静岡県庁別館」の21階が展望ロビーとなっていて、ここから静岡市が一望でき、天気がよければ富士山も見ることができます。

以前、冬の夕方に撮った写真があるのですが、季節や時間帯によっては、こんな素敵な富士山も見ることができますよ!

そして、同じ県庁別館の20階にある「ふじのくにTERRACE」というレストランでは、静岡のご当地食材のランチがお手頃価格で楽しめるとのこと。せっかくなので、展望ロビーで景色を楽しみ、こちらのレストランで静岡の味を楽しむのもいいかもしれません。

ただし、こちらは平日のみの営業で、ランチタイムは11時30分~13時30分(ラストオーダー)となりますので、ご注意ください。

観光にあたっての注意

私が静岡に来てまず思ったこと。「三大銀行が少ない!」

三大銀行――三大メガバンクといえば、「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」になりますが、この支店が静岡市内に1、2店舗ずつしかありません。静岡駅周辺でいうと1店舗ずつ。

どこも「静岡呉服町通り」からはそう遠くない場所ではありますが、駅近くではありません。ちなみに、ATMコーナーのみ設置されているというところもありません! コンビニのATMを使うしか選択肢はないと思ってください。

静岡では地方銀行の勢力が強く、たとえば「静岡銀行」の支店やATMはいろんなところで見かけますが、三大銀行はそうはいきません。「三大銀行ならどこででもATMくらいあるだろう」という認識は静岡では通じませんので、お気を付けください。

また、静岡市では「静岡市路上喫煙による被害等の防止に関する条例」が定められており、路上喫煙禁止地区があります。ご紹介しました「静岡呉服町通り」を含む静岡駅周辺はこの路上喫煙禁止地区にあたる部分が多いため、ご注意ください。

禁止地区での喫煙は罰金を取られることもあります。静岡駅周辺では、駅北口・南口のそれぞれのロータリーに喫煙所が設置されていますので、もしたばこを吸われる場合は、そちらをご利用くださいね。

さいごに

静岡駅周辺は、お土産を買うにはいろいろとありますが、駅周辺の観光地は数が少なく、「駿府城公園」くらいじゃないかと思います。

この公園についてはまたの機会にご紹介しようと思っていますが、「静岡呉服町通り」とその通りと交差する「青葉シンボルロード」ではよくいろんなイベントをしているので、そちらで楽しむことができると思います。

事前にそちらのイベント情報をインターネットなどで検索してみてもいいかもしれません。「土日祝日で人が多いのはイヤ!」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、都市部のような、もみくちゃにされてしまうような人込みになることはまずありません。

むしろ、土日祝日の方が活気があって楽しいくらいかもしれません。全体的にのんびりした空気で、ゆったり楽しむことができると思いますので、どうぞ安心していらしてくださいね!