社交の断捨離&交際費の節約

日常生活のなかで、人とのおつきあいは楽しみであり、同時にストレスにもなりえること。

自由な時間は日々意外と多くないですし、毎日一日ずつ残りの人生は少なくなっていっているので、無駄なおつきあいは思い切ってカットしていきましょう。

フェイスブックを止めるかセーブする

ネット上のおつきあいに一日のうち多くの時間を使っていませんか。

たとえばフェイスブックなら、自分への投稿にコメントしてくれた人、いいね!をしてくれた人が投稿をしていたら、お返しにコメントやいいね!をしないといけないと思いますよね。そして、実際にいいね!と思わないことにいいね!をしたり、無理やりコメントをひねり出したりということもあるでしょう。

また、フェイスブックではやり取りしているけれど、実際会おうという話につながらない昔の友人もいるかと思います。でもそれって本当につながっている意味があるのでしょうか。

ときどきニュースになっていますが、SNSは皆日々の生活のいい部分を切り取って投稿しているので、そればかりをみていると、人の人生が羨ましくなったり、なんで自分はこんななんだろうと落ち込んだりすることもあります。

みなそれぞれ知らないところで苦労しているんだろうなと頭ではわかっても、心は割り切れないこともあります。

もちろん、楽しい投稿だなと楽しむときもあれば、逆に、なんでこんなたまにしか面白いことがないもののチェックに時間を使っているんだろうと思うこともあります。

思い切って止めるか、メッセンジャーだけ生かしておいて、たまーに投稿を眺めるくらいの距離感になってみると、気持ちが楽になります。

友人で何人かフェイスブックを止めた人がいます。一人は、人の幸せな投稿に滅入るようになったからでした。近所の人から投稿内容についてケチをつけられるようになってやめた人もいます。また、フェイスブック上で、知らない人からストーカーされて怖いメッセージが届くようになってやめた人もいました。

ちなみに、筆者は、以前投稿を楽しんでいましたし、フェイスブックを通じて友情がリバイバルした経験があります。その後しばらくつきあいがあって途切れたものもあれば、わずかに続いているものも。

ですので、完全に否定しているわけではもちろんありません。

フェイスブックのお誕生日メッセージ

お誕生日の通知が面倒なときがありました。つながっている人が多ければ、毎日のように誰かが誕生日です。

誰かにいいね!したりした情報が流れていくので、ログインしていて、誕生日だと知っているのに、誕生日メッセージを送らないわけにはいきません。しかも一日に3人とかかぶっていると、それぞれに同じような分量で、ちゃんと向き合ってメッセージを送る必要があります。

その中の一人は親友で、あとの二人がほとんど知らない人だとしてもです。また、自分がどんなに精神的なコンディションがよくなくてもです。ということは、私の誕生日も、やべ!メッセージ書かないとかな~みたいに、一回会っただけの微妙な関係の人とかは、気にしながら一日過ごさなければならないんです。

ということで、途中から誕生日表示を止めました。年齢はばれてもよかったのですが、誕生日に人にプレッシャーを与えないために消しました。また誕生日メッセージをもらえば、ご機嫌に、翌日くらいまでにはそれぞれにきちんと返事するのがマナーです。

自分に時間を割いてくれたのだから、こちらも割くべし、です。まとめて、皆さんありがとうございました!と投稿する人は心臓に毛が生えていますね。

そんな風にフェイスブック上で誕生日メッセージを送り合うのって、コメントと同じように人の目をすごく意識しているわけです。本当に大切な友達だったら、本人だけが目にする形でメッセージを送るのが筋ではないかと思うようになりました。

フェイスブック上の断捨離も思い切ってするといいですね。でもこの人とこの人はつながっているから・・・。と悩んだりもしますが、一回やってしまうと楽です。

SNSをしないという選択

Lineなどのツールは既読かそうじゃないかが見えるのがよいときと辛いときがありますね。たとえその人がマイペースなのを分かっていても、返事が来ないと気に病んでしまうこともあります。

そんなとき、SNSを一切やっていない友達との連絡はメールのみで、メールだともちろん反応は気になるものの、読んだか分からない分、もっとゆったり構えられる気がします。

学生時代の友人

友人とは、ときにくっついたり、離れたり、そのときそのときで仲が変わっていくものだと思います。

お互いの人生のステージが変わると、興味関心が変わり、関係性が変わってしまうこともあります。それぞれ選んだ生活を過ごすなかで、価値観が変わっていくことも。

流れに身を任せ、長いスパンでゆっくりつながっているといいかもしれません。マメな人とそうでない人がいるので、そうでない同士だと途切れることもあるかもしれませんが。そのときはそのときなのかもしれませんね。

社会人になってからの友人

社会人になってからの友人と話すことって、会社のこと、社員のことが半分以上占めているんじゃないでしょうか。同じ会社にいて、話に出てくる登場人物について、お互い知っていることもあり、話が止まることはありません。

一旦退職してしまうと、状況が変わってきます。少しずつ、自分の知らない社員が登場人物として増えてきます。そして、どんな人なのか、プロフィールから聞くことになります。そんなとき、一抹の寂しさを感じます。どんどん会社のメンバーがかわっていってるんだな、自分が離れていっているんだなと思って。

ただ、一度はご縁があって、自分が関わった会社です、辞めた後もどんな風な変化があったのか、今はどんな状態なのか、筆者はアップデートしていきたいタイプです。

また、そういった情報を人に説明する側も、意外と楽しんでいたりします。現に、登場人物の特徴とかエピソードをかいつまんで話すのって楽しいものです。だから、ちょっと疎遠になっても、半年に一度か、年に一度とか会えるとちょうどいいのかなと思います。

もちろん、他の趣味とかで共通点があるようだったら、もっと頻繁に連絡を取りたいものです。

フェイドアウトする方法

今度会おうね、といってくる友達で、むこうも結局予定を決めてこない、そして自分もどちらでもいい場合、特に自分からアプローチする必要はないでしょう。相手の出方を待って放置しましょう。あとは流れ次第ですね。

もし何人かで会おうとしたときに、その中に苦手な人がいたら、欠席でいいと思います。大人なので、予定が合わない旨を伝えるだけで、スキップし、それが続けば、いつかフェイドアウトしていくでしょう。

貴重な時間も、会って食事するための交際費も、大切な人のために使いましょう。

手土産を節約するには?

せっかく友達の家に遊びにいくのであれば、むこうもいろいろ心を配っていろいろなものを用意してくれるし、こちらもケチりたくないし。そうするとお茶にいくだけでも2000円以上の分は最低持っていきます。

地元の花屋さん、果物屋さんを発掘しましょう。質がよくて、お値打ち価格のものがあるものです。同じお金をかけるなら、よりモノがいいほうがいいですね。

また、ケーキや得意料理を持っていくのもおすすめです。手間はかかりますが、仲良い友人であれば安心材料の手作りであること、心をこめてつくったことを喜んでくれるでしょう。実は元手がそんなにかかっていないことも、むこうの負担が和らいだりしていいと思います。

そういう意味では、手作り野菜とか、庭でできたフルーツのジャムとか、それを焼きこんだタルト、とか受け入れやすいかもしれません。

その人のことを思って、真剣に料理するのも楽しいですもんね。プレゼントなので、髪の毛をしばってからつくるとか、より衛生面に気を付け、保冷が必要なら温度にも気を付けてもっていきましょう。

あとは、家でなくてカフェやファミレスで会うなどするのも、お互い気楽かもしれません。そんなときでも小さなプレゼントを贈り合ったりしますが、それは1000円しないくらいのものだったりします。

お土産問題

ところで、旅行に行ったとき、あなたはお土産を買いますか?筆者は、会社にいつも買っていくタイプでした。友人にも。

もしこれぞというお土産がみつかったときは、楽しいのですが、イマイチかと悩みながら次の道の駅まで保留、とした場合など、お土産が気になって旅行が気楽に楽しめませんでした。

お土産をいっそ買わないと決めたら楽かもしれませんね。それが無理ならいつもお土産をくれる親友だけにエネルギーもお金も集中して用意しましょう。

お金も、時間も、エネルギーも最大限に大切な場面で発揮させていきましょう。