メモリッチとアイキララとの比較

目元用クリームで、似たような価格帯で人気なのがアイキララです。

アイキララは1本10g入り、定価2,980円。メモリッチと同じで、目元に特化して作られたアイクリームです。

アイキララは「目元の皮膚痩せ」によるクマや黒ずみ、たるみなどをケアすることを最優先としたクリームで、コラーゲンをサポートするための「MGA」というビタミンC誘導体が配合されています。

コラーゲンを肌の奥まで浸透させ、美容成分を肌の奥にとどめさせることにより、ふっくらしたハリのある目元に導いて行くというのが、アイキララのコンセプトです。

アイキララとメモリッチ、似たような成分も入っているのですが、決定的に違うのは「セラミド」です。保湿成分であるセラミドは、メモリッチにのみ配合されており、アイキララには配合されていません。

このほかの美容成分も、種類で見ると圧倒的にメモリッチの方が多いのが特徴です。とくに保水力、肌の弾力のために良いとされる高級成分プロテオグリカンや、目元のためだけに開発されたペプチドが配合されているのは、メモリッチだけです。

コンセプトも価格も似ているメモリッチとアイキララ。
筆者はアイキララも使ったことがありますが、使用感はほぼメモリッチと同じでした。

アイキララも白いクリームで、メモリッチと同じくらいの伸び。浸透感もほぼ同じで、アイキララのほうが若干べたつきが残るかな、と言う程度です。

これだけ似ていて配合されている成分が倍ほど違うのであれば、個人的にはメモリッチのほうがお得感があると感じましたし、なにより効果はメモリッチのほうがあったと実感しています。

アイキララは目の下、涙袋にぬるアイクリームですが、メモリッチは涙袋はもちろんまぶたにもぬることができるので、まぶたのたるみや小じわが気になっている方は、メモリッチをおすすめします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。