くろあわわ「どろ豆乳石鹸」を購入したキッカケと特徴

30代半ば。そろそろ20代にはどう頑張ってもみられなくなりました。
そして、何故か性格上の問題もありますが、実年齢(35歳)より上に見られがちな私…。

昔からツルツルの肌には程遠く、20代の頃の写真をみてもそんなに肌も綺麗な方ではありませんでした。ただ救いなのは肌が白いというところ。でもその分くすみや黒ずみはどうしても目立ってしまいます…。

お風呂に一人で入ることがほとんどない私は、泡ででる洗顔料をつかっています。それは「ボタニカル洗顔料」で、要は、植物の成分を取り入れた自然派な洗顔料で、毛穴まですっきりするもの、そして保湿もちゃんとできるものです。

しかし、濃密な泡というよりも少し水分が多いキメの粗い泡…入浴中ですと肌になじませる時間もないので、馴染む前に流してしまう…そんな感じでした。

これで本当に毛穴の汚れは落ちるのかな…落ちてはいないけど保湿はされている…となると、汚れに蓋をしたままなのでは…という不安が。

肌のくすみは良くならないし、一度しっかり洗顔の時間を儲けようと思い、泡も濃密なもので、泡で洗って汚れもしっかりとれるもの…ということでたどり着いたのは「どろ豆乳石鹸くろあわわ」。

パッケージはよく見るあの有名なやつですね。

白い「どろあわわ」が出たときの衝撃は忘れられません…。すごくもっちりとした弾力のある泡!こんな泡に顔をうずめたい!!初めて見たときからそんな印象でした。

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」の特徴

くろあわわ「どろ豆乳石鹸」には、Wの黒パワーと、Wの泥パワーが配合されています。

Wの黒パワーとは、「やし殻活性炭」と「天然泥炭」。どちらも吸着成分で、肌の汚れを吸着してくれます。炭には消臭等の効果があるのは周知されていますが、原材料や加工の仕方で汚れも吸着する優れものに変化するのですね。

天然泥炭に関しては、海洋性美容成分や火山性ミネラルを豊富に含んだものを使用。8000年もの歳月をかけてできた泥炭には、アミノ酸やミネラル、ビタミン等が多く含まれ、汚れを吸着しながら美肌ケアが出来るので、エステ等でも取り入れられているそうです。

また、Wの泥パワーという点では、「沖縄産マリンシルト」と「国産ベントナイト」という2種類の泥が使用されています。こちらも肌の奥の細かい部分の汚れも吸着してくれ、洗顔後のお手入れが奥まで浸透しやすい肌になるよう、手助けしてくれるようです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。