ソフトバンク携帯を契約するなら断然「直営店」がオススメの理由

皆さんは、携帯電話はどこのキャリアのものをお使いですか? docomo、au、SoftBank……最近では、格安スマホでいろんな企業が選択肢に入ってきましたよね。

そんな数ある中で、わが家はSoftBankを使っています。特に乗り換えてそうなったわけではなく、私も旦那もJ-Phone時代からVodafone、SoftBankとずっとそのまま使い続けているだけなんですけどね。

今回は、そのSoftBankを話題にしてみたいと思います。

最近のスマホはとにかく高価!

半年ほど前に、スマートフォンの機種変更をする機会がありました。

普段は子どもや食べ物、景色の写真や動画を撮ったり、連絡手段として電話・メール・LINEを使用する程度。たまにちょっとしたゲームをやったり電子書籍を読んだりすることはありますが、そんなに高性能な機能はもとめていませんでした。

そもそも、昔と違って最近のスマホは高い!基本が分割払いな上、いろいろ割引をされるためそんなイメージがもたれていないかもしれませんが、最近の新機種になると、元々の機種代金は8,9万するのが当たり前。それを大体2年間の分割で毎月の通話料などの支払と共に払い、最終的には機種代金の半額程度ですむようになっています。

でも、結局は2年間かけて4~5万の機種代金を払っているわけで、決して安い金額ではないですよね。しかも、2年経ったあたりからスマホの調子が悪くなってくるとか、もう狙ってるとしか思えない。とりあえず、そんなに高性能な機種はいらないので、新製品でなくて構わないので、少しでも安く購入したい!と、近くのSoftBankへ行ってみました。

しかし、最近のショップは展示している台数が少ないんですよね。というか、各企業、最新版とその1台前のものが置いてあればいいところで、店頭で実物を見て買うにしても、選択肢が少なすぎて、しかもどれも高いという…。

結婚してから機械系を買うときは旦那に頼りっぱなしなのですが、今回も旦那を連れてショップに行きました。そして、ショップに展示してあるものをざっと見た旦那は、自分のスマホですぐに検索をかけてくれ、SoftBankのオンラインショップで展示品よりも前の機種の取り扱いがあることを確認。性能は、最新版ほどではないにしろ、そのときに使っていたものより上であるので、その機種があるかどうかを聞いてみようと提案してくれました。

もちろん、私に依存はありません。

展示品を見ながら順番を待っていると、スタッフさんが相談内容を事前に確認に来てくれました。そこで、欲しい機種があるかを聞いてみたのですが、最初は「他の店舗に聞いてみないとわからない」だったのが、「あったとしても、取り寄せにかなり時間がかかる」「もしかしたら在庫自体がないかも」というなんとも消極的な対応になっていきました。

あまりのそのスタッフさんの煮え切らない態度に業を煮やした旦那に促され、一旦お店を出ました。また家電量販店でも見に行ってみようということになり、その日は自宅に戻いりました。

「代理店」と「直営店」の違い

家に帰ってから、自分の欲しい機種について調べたりしていたのですが、そこでちょっと気になる話題を見つけます。それが、「SoftBankは直営店に行くべし」というものでした。

気になったのでさらに調べてみると、SoftBankのお店には「代理店」と「直営店」があり、あちらこちらでよく見かける店舗はほとんどが「代理店」で、「直営店」は日本全国に10店舗ほどしかないとのこと。

見分け方は、ホームページの店舗情報で「運営会社」が「ソフトバンク株式会社」となっているのが「直営店」です。そして、「代理店」では手数料を取りたいがために、余計な対応をされることも多いのだとか。「直営店」ではその心配はないのだそうです。

その情報を知り、近くに「直営店」があるかを検索してみたら、日本全国で10店舗ほどしかない「直営店」が、まさかの静岡の街中にあるじゃありませんか! さっそく予約して行ってきました。

「直営店」の対応は素晴らしい!

まず結論からいうと、「直営店」に行って大正解でした。

店頭に展示されておらず代理店で渋い顔をされた機種も、こちらからその機種を指定すると、すぐに他の店舗を調べて取り寄せの手続きをとってくれました。そして、そのついでに今の契約内容に無駄がないかを調べて、機種変更をしても今と同じ金額どころか安くなるように見直してくれました。

素人が調べても、サービスが多すぎてどのサービスが適用されるかという判断がつかないので、お店の方でやってもらえると安心して任せられます。そのときは、家のネットのプロバイダ関連でのサービスが適用されてなかったらしく、私の料金どころか旦那とそのご両親まで安くなるということが判明。とても嬉しい事態でした。

そして、説明がとにかく丁寧でわかりやすく、無駄がない。「代理店」だといつも何か余分なオプションを付けられたりするんじゃないかと構えている旦那が、「店の人の話を全面的に信頼できるのは初めてだ。これからは絶対直営店に来る!」と感動するくらいでした。

しかし、今回この話を書くにあたってちょっと調べてみたら、まさかのソフトバンク静岡店が直営店じゃなくなっているという事実! かなりショックです。機種変更に行ったのが「代理店」に代わる前のギリギリのタイミングだったよう。これからどうしましょうね。

ソフトバンクのお得なサービス

最近、どの企業もいろいろなサービスをやっていますよね。

SoftBankももちろんお得なサービスがあります。一番最近に利用した使いやすかったサービスは、「SUPER FRIDAY」。毎月ではないですが、月によって金曜日にSoftBankのスマホユーザーのみにもらえる特典がありました。

最初は、これだけのためにお店を利用するのは……とちょっと抵抗感があって利用を控えていたのですが、一度何かのついでに利用してみたら、かなり多くの人がその利用だけでお店に立ち寄っていました。これは遠慮することはなかったんだと思い直し、それからは利用できるときには利用するようにしています。

ちなみに2017年6月はセブン・イレブンでアイスやコーヒーが無料でもらえるというものでした。

その前にはサーティワンのシングルコーンが1個無料でもらえたり、ミスタードーナツでドーナツが2個(250円分)もらえるというサービスも。

水曜日あたりにその週の金曜日に使えるクーポンのお知らせ&URLが書かれたメールが届きますので、金曜日当日にそのページを開き、使用するお店の店頭に書いてあるコード(6桁の数字。店舗コードなんだと思われます)を入れて、レジでその画面を見せるだけと、とてもお手軽に使えます。

ただ、当日はものすごく混みます。ドーナツやアイスはそれでも後から補充されるでしょうが、コンビニのアイスは売り切れたら終わりです。選べるアイスの種類が途中で増えたのですが、元々はワッフルコーン(約170円)が対象だったのに、その増えた対象がガリガリ君(約70円)とかで、そちらを選ぶとちょっと損した気になってしまうという……。

どのお店も行けるのであれば、平日ならやはり午前中に行くことをオススメします。午前中であれば、ゆったり選ぶことも味わうこともできますしね! 夕方以降だと、学生さんなどで長蛇の列になっていて、相当待たされることになりそうです。コンビニは、商品がなくなります。

一度、サーティーワンのシングルコーンが無料でもらえるときに、仕事帰りの旦那がお店が閉まる直前に立ち寄ったことがあるそうなのですが、まだ人が並んでいて閉店時間に間に合わないからと、その週末の土日に利用できるシングルコーンの無料引換券をもらえたとか。

仕事帰りの空きっ腹にアイスを食べるよりも、無料引換券を使って休日にのんびり楽しめる方が嬉しかったと言っていました。

ミスタードーナツは、クーポンはドーナツ2個分ということでしたが、250円の金券として使うことができたので、250円をオーバーした分だけ自分で出せば、自分の好きなドーナツを楽しむことができました。

まだこの話を書いている時点では正式な発表はされていませんが、2017年8月はどうやらたこ焼きが無料で食べられるもよう。どこのたこ焼き店なのかな、と今から楽しみです。

さいごに

私自身がSoftBankユーザーなので、SoftBankについて書きましたが、docomoやauでも「直営店」はあるようです。近場にあるのであれば、ぜひそちらの店舗を利用してみて、「代理店」との違いを比べてみてください。近くに「直営店」があるのはとても恵まれた環境ですよ!

また、気軽に使えるサービスについては遠慮せずに利用しないと損です。200円前後とはいえ、利用者数を考えると相当な金額が動くことになるので、企業的に大丈夫なのかな?と思ったりもしましたが、機種代や通信料の割引率などを考えると、企業的には大した負担ではないんでしょうね。

利用者側としては、せっかくのサービスですしありがたく恩恵に与っておかないと!個人的には、8月はたこ焼きよりアイスがよかったなぁと贅沢なことを思いつつ、今後にも期待していきたいと思います。