「LimoLimo(りもりも)しずおか」は、子どもの遊び場

梅雨の時期、そしてそこから夏に向かって、どんどんお外あそびは控えたくなる時期になりますね。外は日射しも気温も暑い。日射病や熱射病も気になりますし、暑くても気にせずあそんでいる子どもの日焼けとか、親の日焼けも気になる季節。

もちろん冬は冬で寒くて、「子どもは風の子」とはいえ、それに付き合わなければならない親の方が、お外あそびは勘弁してもらいたいのが正直なところですが……。

そんなとき、子どもが思いっきり遊べる屋内施設があれば嬉しいですよね!

子どもには涼しい部屋で日射しやふき出す汗を気にすることなく遊ばせてあげたいし、それを見守る親も日焼けを気にすることも、飛んでくる蚊を気にすることもない素敵な環境で過ごしたい。今回は、そんな親の要望をかなえてくれる、近場にできた屋内施設のこどものあそび場「LimoLimoしずおか」をご紹介したいと思います。

スズキ販売店内にある施設

こどものおもちゃで世界的に有名な「ボーネルンド」のプロデュースによるこどものあそび場「LimoLimo(りもりも)しずおか」は、なんと車の販売店であるスズキアリーナ南安倍(住所:静岡市駿河区西中原1-9-1)の建物内にあります! 2017年5月にオープンしたばかりの新しい施設です。

場所は南幹線(県道354号線)とインター通り(県道84号線)の交差する南東側で、りもりも専用の駐車スペースが14台確保されています。先に停めてある車の前に駐車していくようにスペースがとられているため、お店の人に車のキーを渡しておくことになります。

もし奥の車が出る場合には、お店の人がちゃんと対応してくれますので、気にせず遊んでいられるのは助かりますね。ただし、満車のときは容赦なく断られるようですので(販売店ですからお客さまの車が駐車できないと困りますもんね)、なるべく空いている時間をねらってあそびに行きたいところです。

駐輪スペースも確保されていますので、晴れていて自転車で行ける距離なのであれば、自転車で行く方が確実に入れていいかもしれません。

スズキの販売店内の設備のため、車関係のセールスをされるんじゃないかとちょっと構えてしまうかもしれませんが、「『車のセールスは一切なし!』『どなたでも』『何度でも』『無料で』遊べること!」をうたい文句にしているだけあり、車のキーを預ける以外は自由にさせてもらえるので、安心してあそびに行って大丈夫ですよ!

そんなわけで、基本的にお店の人はかかわってくることはありませんが、駐車場の様子だけは常に確認してくださっているようで、初めての利用で駐車場のスペースがわからなかったとき(残り1台しか空いていなかった)にはすぐ声をかけてくださったし、帰りに自分のところの車の前に他の車が駐車されていてお店の人に移動をお願いしたとき、車を移動させた後も車を降りてとても丁寧に見送りをしてくださったりと、そのあたりはさすがの販売店の対応で、最後まで気持ちよく利用することができました。

営業時間&定休日と混雑の時間

営業時間は10:00~17:00。定休日は月曜日となっていますが、祝日はオープンしていたり、その関係で違う日が休みになっていたりと変則的なところもあるので、事前にホームページなどで確認しておくことをオススメします。

そして、オープンしてすぐの午前中はかなり混雑していることが多いようです。まだオープンして1か月ちょっとだからそんなに人はいないだろうと思い、平日(木曜日)の10時半頃に行ってみたら、激混みでした。駐車場がギリギリ最後の1台で、自転車で来ている親子もたくさんいたので施設内はかなりの混雑。靴箱に靴が入りきらないほどでした。

お店の人に空いている時間を聞くと、平日は14時頃がまだ空いているとのことでしたが、昼前までそこで過ごした感じでは、11時半頃からお昼のために帰りはじめる親子が多く、12時前にはかなり空いていました。ですので、施設を利用するオススメの時間帯としては、昼食を早めに済ませて12時前後から遊びにいくのが一番施設を満喫できるのではないでしょうか。

実際にお昼の時間帯の混み具合を調べるため、土曜日の12時半頃に行ってみたのですが、14台ある駐車スペースは4台ほどしか埋まっておらず、自転車もなし。施設内はかなり空いており、どの遊具やおもちゃも取り合いがなく遊び放題でした。

休日でさえこれほど空いている時間だったので、平日もこのお昼の時間帯が一番空いていて楽しめると思います。

ちなみに、施設内に休憩室が設けられており、軽食ならそこで食べてもいいとのこと。11時半くらいの駐車場が空きはじめる時間帯にパンやおにぎりを昼食に持っていくのもありかもしれません。

利用者の年齢制限

この「LimoLimoしずおか」の施設を利用できるのは、6か月~12歳までとなっており、子どもだけでの利用は不可となっています。小さい赤ちゃんも利用するので、子どもだけで利用して、他の子にケガをさせちゃったりすると大変ですもんね。

子どもが遊んでいる間は親は目を離さないようにという注意書きがありますが、幼稚園に行っているくらいの年齢の子になると、子どもが遊ぶのにまかせて、お話に夢中になっている親御さんも。

混んでいる時間だと走り回るようなスペースができにくいのでそんなに危ないこともなさそうですが、空いている時間だと走り回っている子どもさんがいることもあるので、特に子どもが小さいときにはそばを離れない方がよさそうです。

私が利用したときも、すごいスピードで追いかけっこをしている姉弟がいるのにその親は話に夢中になっていて注意せず、赤ちゃんがハイハイしているような場所まで走りまわっていたので、怖いなと思いました。

そのあたりはこの施設に限らず個人のマナーの問題になってはきますけど、何かあってからでは遅いので、注意書きがあるからというわけではなく、やはり子どもには常に目を向けておかなければならないと思います。

授乳室・休憩室完備

あそび場での飲食は禁止されていますが、そのすぐ横に紙コップ式の自動販売機とソファーがあります。

ジュースはすべて50円と、喉が渇いたときに気軽に利用しやすい良心的なお値段となっています。

1階には綺麗なトイレもあり、無料のロッカーが12台置いてあります。

2階には、子どものお着換えやおむつ替え、授乳のできる多目的室と休憩室があります。トイレもありますが、こちらは車の販売関係のお客さま用なのかも? ベビーチェアがついていませんでした。立って待っていられる歳の子であればいいのですが、まだ抱っこしてなければならないような子ども連れの方は1階のトイレを利用した方がよさそうです。

多目的室はティッシュやお手拭き、ビニール袋も置いてくれていてとても使い勝手のよさそうなお部屋でしたし、休憩室には絵本なども少し置いてあり、ちょっとした軽食をとっている間にも子どもを飽きさせないように工夫されていました。

あそび場には遊具がたくさん!

施設内の設備などのお話ばかりしてきましたが、もちろんあそび場自体も遊具がたくさんあって、とても魅力的なところです。床は基本はフローリングですが、歩いているとなんとなく弾力があるような……? ひょっとしたら、緩衝剤かなんかが入っているのかもしれません。

靴箱に靴を入れ、入ってすぐ右手側には立派なおままごとセットが、真ん前には木の車があり、子どもたちを魅了します。おままごとは何歳になっても楽しいですよね。特に子どもサイズのしっかりしたキッチンセットは一般家庭ではなかなか置いておけないもの。このコーナーはつねに人気があり、いつでもだれかが遊んでいます。

左手側には小さい子が遊べるよう、ベンチで囲われた床がクッションマットになっているスペースがあり、ルーピング(ワイヤーにビーズを通して指で動かして遊ぶもの)遊び用の木製の机やクッションの遊具が設置されており、ベンチ下の棚になっている部分には積み木やプラスチック・布製の小さい子向けのおもちゃが置いてあります。

うちの8か月のようやくつかまり立ちができるようになった下の子は、プルプルした足で必死にテーブルにつかまりながらも、それなりに長い時間ルーピングあそびを楽しんでいました。

奥にはクライミングウォールの壁とその前に大きなボールプールがあり、大きめのすべり台が設置されています。

大規模のボールプールには、ジャンプして飛びこんでボールプールの中に埋もれるのが楽しいよう。4歳のお姉ちゃんは、その場で先に遊んでいた同じくらいの年頃の子とさっそく仲良くなって、二人で順番に飛び込んで遊んでいました。ちなみに、下の子をボールプールの淵につかまり立ちで立たせてみましたが、なんともいえない渋い顔でかたまってしまいました。

その姿もそれはそれで可愛らしかったですが。

他に、壁に「マグ・フォーマー」というブロックで遊べるスペースがあったり、「ズーブ」という不思議な形のブロックで遊べる机も置いてあるなど、いたるところでいろいろな遊びが楽しめるようになっています。

それらのブロックあそびを、子どもよりも楽しんでいるお父さんなんかも……。もちろん、子どもも飽きずに長い時間をそこで遊んで過ごすことができました。

さいごに

静岡市には、子どものあそび場として無料で利用することのできる「子育て支援センター」という施設が何箇所かにあるのですが、無料で遊べるそういった施設はこれからの時期、いくつあっても困ることはありません。

今までは公共施設が多かったのですが、企業でのそういった活動によって子どもを連れていける場所の選択肢が増えることは、子育て中のご家庭にとっては嬉しいところ。

正直、車のセールスはしないのに、一般に無料で開放していて企業にとってプラスになることがあるのかな?と思ってしまうのですが、そこはありがたく好意に甘えておこうと思います。あそび場の横に車の展示販売場があるので、車の買い替えを考えている家庭に向けてのいい刺激になるのかもしれませんね。.

ちなみに、この「LimoLimoしずおか」は公式アプリができ、遊びに行く度にQRコードを読み込むことでスタンプがもらえます。このスタンプが10個集まったらちょっとした台所用品などがもらえるそうで、主婦にとってはより子どもを連れて通いたくなるようになっています。

たまに子ども向けイベントも行われているそうですが、大盛況で駐車スペースが足りずに断られた人もいるとか。イベントねらいでなければ、イベント日は避けた方がよさそうですし、イベントに参加したいのであれば、かなり早めから行かなければ難しそうです。

せっかくいいあそび場が近所にできたことですし、下の子も歩けるようになって自転車の二人乗りが怖くなくなったら、もっと頻繁に通おうかな?と思っています。その頃にはもっとこのあそび場の噂が広まっていて、どの時間に行っても混雑するようになっているかもしれませんが……。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ一度、「LimoLimo(りもりも)しずおか」をのぞいてみてくださいね!