赤ちゃんや幼稚園児が居る家庭のプレゼントにおすすめの本

子どもってどんどん成長しますよね。それにあわせて、読む本もどんどん変化していくと思います。我が家はケチですが「本だけは惜しむな」という謎の家訓があり、子供が欲した本はもちろん、欲してなくともどんどん買い与えていました。

たくさん買った本のなかで、子供のウケが良かったものや、何度も繰り返して読んでいたものをご紹介したいと思います。

物語系「バムとケロ」シリーズ

絵本作家島田ゆかさんが描く「バムとケロ」シリーズ。

可愛い絵柄と、分かりやすいストーリーが特徴です。友人に「私これ小さい頃好きだったなぁ、何度も読んだよ。可愛いし面白いからオススメ」と教えてもらい、購入。

2017年7月現在「バムとケロのにちようび」「バムとケロのそらのたび」「バムとケロのさむいあさ」「バムとケロのおかいもの」「バムとケロのもりのこや」の計5巻が発行されています。

巻ごとに完結しているので、どれから読んでもOK。「前作のこういうところを反映してるかな?」という部分もちょいちょいありますが、前作を読んでいなくても支障はないので、気になった巻から買ってみるといいと思います。

我が家は5巻とも持っていますが、子供はどれも気に入っていて、ちいさいころは「本読む?」と聞くとバムとケロシリーズを自発的に持ってきていましたし、ひらがなを読めるようになったころからは自分で本棚から出してきて読んでいました。

バムとケロシリーズは、しっかり者のバム(耳の先が黒い犬)と、お調子者でおっちょこちょいのケロちゃん(緑のかえる)の物語です。

ふたりはいっしょに住んでいて、お買い物へいったり、ドーナツをふたりで作ったり、飛行機を組み立ててふたりで旅をしたり、とっても仲良し。

物語には、近所に住んでいる謎の動物たちもたくさん出てきます。シンプルでありながらも細かいところまで描きこまれているため、1ページごとに発見があります。何度読んでも読むたびに発見があり、大人でも楽しめるのが特徴です。

色味も優しく、それでいてぱっと眼を惹くものがあります。派手だけど派手すぎない、ひとこまひとこま独創性がありながら、全体的にはまとまっているという不思議な世界観が私はとてもお気に入り。

ストーリーは「続きはどうなるの?」とわくわくドキドキさせられるもので、どれもハッピーエンド。ショッキングなことや怖いことなどは起きませんし、イヤ~な終わり方もしませんから、ちいさいお子さんや、怖がりの子でも、安心して読むことができます。

1冊1,500円くらいでちょっと高いのですが、紙質や製本もしっかりしているので長く読むことができます。割安の小型ブック版も売られているので、大きい絵本は置き場に困るという方や、できるだけ安価でという方は、そちらを検討してみてはいかがでしょうか。(小型ブックは、バムとケロのもりのこやを除いた4巻4,320円でセット売りされています)

うちの子どもは小学生になりましたが、いまだにバムとケロシリーズを持ち出して来てじっくり読んでいるので、かなりコスパはいいのではないかと思います。
子どもから大人まで楽しめるバムとケロシリーズ、おすすめです。

はじめての辞典に最適「ことばのえじてん」

言葉を覚え始めたお子さんや、ひらがなに興味を持ち始めたお子さんにおすすめなのが、小学館発行「ことばのえじてん」です。

3,400円とそこそこいいお値段しますので、クリスマスや誕生日のプレゼントにしたり、おじいちゃんおばあちゃんに入園祝いとして買ってもらうというのもアリかと思います。

こういう系の辞典はいろいろ種類があるので悩みましたが、本屋で実物を見比べて、絵が見やすいこと、3100語掲載されていること、わかりやすいやさしい言葉で説明されていることが気に入って購入しました。

ことばのえじてんでは、どの言葉も、子どもの視点に立った例文が書かれています。たとえば、「せっかち」の項目であれば「おとうさんはせっかちだ。」「せきばらい」の項目なら「えんちょうせんせいがせきばらいをする。」など、子どもの身近なひとやものを例にしていますし、その様子が目で見てわかるように、すべてにイラストが添えられています。

まだ文字のわからない子どもや、説明文を読んでもわかりづらい年齢でも、絵を見ればだいたいの様子がわかるので、2~3歳からでも絵本感覚で読めると思います。

このほか、大きなイラストを使って視覚に訴えたり、写真を掲載したり、子どもの感心を惹くさまざまな工夫がされています。

ただ言葉を学ぶだけでなく、日常生活で触れることや季節のこと、ものの名前、簡単な英単語なども載っているので、ぱらぱらめくっているだけでも知識がついてくる本だと思います。

十二支も掲載されています。「これはまだ難しいかな?」と思いましたが、子どもとみているうちにだんだん子どもが覚えて「ね、うし、とら、う、たつ…」と暗唱しはじめたのにはおどろきました。

親も気付いていない子どもの可能性を伸ばせる本としても、ことばのえじてん、おすすめです。ただしページ数432ページとかなり分厚く、かなり重いので、ちいさいお子さんが持ち歩いて落としてしまうと危ないので、読む時はそばについていてあげたほうがいいです。

私は一度、この本を足の上に落とされて悶絶しました…、角は本気で凶器なので、取り扱いは重々お気をつけください。

ひらがなを覚えるなら「はじめてのあいうえお」

最後に、おでかけにも持っていきやすい小さい絵本をご紹介します。「はじめてのあいうえお」です。

うちの子はなぜか文字が好きで、3歳ですでにひらがなカタカナの読み書きができていました。そんなうちの子が「これ欲しい!」と書店ではじめて自分で選んだ本が、この永岡書店発行「はじめてのあいうえお」(定価626円)です。

正直、なにげなく買った本なのですが、これが結構役立ちました。まず、この本小さいんです。おでかけに行く時さっとバッグに入れることができます。小旅行などに持って行っても荷物になりません。
(ボックスティッシュと比べると小ささが分かるかと思います)

重くないので子どもに持たせていても落としたりしません。健診に行く時や、予防接種に行く時も持って行って、よく読んでいた記憶があります。1ページに1文字ずつ書かれていますし、それぞれに可愛いイラスト付きで、ちょっとした文も書かれているので、絵本のように時間をかけて読んでいくことができます。

ページの下部には、ひらがなの書き順も記載されています。子供って、ひらがなを覚えても書き順を間違うこと、多いんですよね。うちの子も結構間違えて覚えていたので、この本をなぞりながら再度教え直しました。

最後のページにまとめてですが、濁点や半濁点の項目もあります。シンプルながらもひらがなのお勉強ができ、外出時の暇つぶしもできる本として、おすすめです。

おわりに

本選びって迷いますよね。「これ絶対、興味ある!」と思って買った本が、子どもに全然ウケなかったり、逆に「こんなのどこが面白いの?」という本を何度も読んでいたり。大人と子供の感性はちがいますから、大人があれこれ押しつけすぎないようにしつつ、子供といっしょに読書を楽しむのが良いのではないかと思います。

最近では、くつを脱いであがれるキッズスペース完備の図書館も増えています。児童館や、子育て施設などにもさまざまな本が置いてありますし、読み聞かせイベントなども行われています。

「親が読んでも全然聞かない」という子でも、先生や、読み聞かせのプロが読んでくれる本には食いつくこともあります。そういったところでまず子供の興味を見て、よさそうな本があったら買ってみるというのもいいと思います。

ぜひ読書で、親子の世界・可能性を広げてみてください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。